津田大介がなぜ一部の人間から支持されているのかと考えると、発達障害の対極の人間であり、自閉性がないからである。新自由主義的に好ましい人物なわけである。ここで疑問なのは、一パーセントの人間だけが勝利者になるような新自由主義を、なぜ喜んで支持しているのかという問題だが、それに自覚があるかないかという話である。津田のようなソーシャルスキルがあれば、本人が得することは間違いないのだが、あまり他人の役に立ちそうにはない。だが「無能な味方」の対極であるから、味方に付けば望ましい人物という認識なのであろう。発達障害者は無能な味方になりやすく、その無能さが著しく害をなすこともあるわけである。このあたりが新自由主義が生み出している発想なのである。共同体の観点から見れば、発達障害者の方が扱いやすいという側面もあるのだが、個人主義的に見るなら「無能な味方」としての側面がクローズアップされる。ソーシャルスキルの高い人間に収奪される分には構わないが、無能な味方に足を引っ張られるのは許せないという価値観なのである。おそらく第三次産業の割合が増えるに従って、発達障害者が足を引っ張る頻度が高くなってるのだと思われるし、もしくは、熟練労働より単純労働の方が注意力が求められるという問題でもある。単純労働は馬鹿(自閉)だと出来ないのである。発達障害者の無能さ(自閉性)への怒りが湧きやすい時代なのであるが、だからと言って、ソーシャルスキルが高いタイプの人間がわれわれに恩恵を施してくれるわけではないのである。ソーシャルスキルはいろんな意味で排他的である。米国の新自由主義の経済格差を見れば明らかであるし、女の分配にしてもしかりである。実際にはソーシャルスキルはかなり排他的であり、お人好しな側面は一欠片もないのに、なぜ味方のように錯覚されているのか、というのが不思議なのである。無自覚にソーシャルスキルを過大評価している人が多々見られるし、AO入試などは、発達障害の排除が政治的な正しさと受け取られている側面がかなりある。発達障害というのが、障害者というよりは、なにか父性的な権力の残滓と思われている節もあり、これを叩き潰すことになっているのである。抜け目のないソーシャルスキルこそが権力を打ち倒すという図式は確かにあるのだが、その自由な競争で出し抜かれている負け組が大半である。自由競争で自分が負けても自由を支持するという確固たる決意があるならいいのだが、何も考えずに社交性を美化している人間が多すぎる。津田が味方に付いたら便利だと思うが、こいつはお人好しじゃないし、他人に手を差しのべてくれるような人間ではない。津田がコミュ障をサポートしてくれるとか絶対にない。あくまで新自由主義を体現した人物だという理解が必要である。
道重さゆみちゃんがアイドルを卒業するというのは、人類最高の美少女をこちら側にとどめていたモラトリアム期間が終わるということであり、これからはリア充に引き渡されて乱交パーティーをやるということだから、11月26日は終末の日だったわけである。横浜アリーナのチケットは購入していたが、当日になると行きたくなかった。これ以上アイドルの轢死体を見せられるのはわたしの自我が耐えられないからである。とはいえ、チケットを無駄にするのもどうかと思い、なんとか会場に辿り着いたわけである。いつも通り女子のファンが多く、半分くらいは若い女の子で、それ以外はオッサンという客層である。ハロプロらしい運営の悪さで開演まであと10分くらいのところでようやく大半の人が着席できるというあわただしい状態の中、公演は予定通りの時間に開始された。前半はいつも通りであり、わたしは後半の展開を案じていたわけである。アイドルの検屍をするのは何度目であろうと考えつつ、今ひとつ入り込めなかった。石がパンに変わらないという問題を確認させられるわけである。「カラマーゾフの兄弟」でキリストはこの問題について沈黙を守ったが、それが最高の賢明さなのである。まともに答えたら、石がパンに変わるわけが無く、わたしの男根が道重さゆみちゃんの陰部に入るということはない。奇跡は存在せず、穢土にいるわれわれが超越的な美に触れることは出来ないという当たり前の事実である。だが、結論から言うと、道重さゆみちゃんはキリストと互角の賢明さを持ち合わせていたようで、今後の問題についてはまったく触れず、ファンタジーの余韻を遺した。そこに大きく舵を切ったのは、道重さゆみちゃんが積年の想い人である鞘師里保とはじめて唇を重ね合わせた場面である。今まで未遂はあったが既遂ははじめてのはずである。これによって恬淡とした空気が破られ、ドラスティックに場面が転換したのである。そして最後の方で、個々のメンバーが道重さゆみちゃんに挨拶をする場面。鞘師里保が「わたしは今まで道重さんへの感情表現が苦手でした」と切り出した後、「わたしは本当は道重さんに嫉妬してたんです」と言い、最後は情熱的に「わたしは道重さんが大好きです」と言って抱きつく。おそらく会場が最も盛り上がった瞬間であろうと思われる。その後は生田衣梨奈だったのだが、道重さゆみちゃんが「よりによって生田」と言った後、ステージの照明を落としてもらう。泣き顔は見せないと言っていたので、泣き崩れるようなことになったら照明を落とすことになっていたのだ。数分待った後に再開し、生田とは淡々とした挨拶を終える。アンコール後の最後のMCで道重さゆみちゃんは「(他にもっと歌やダンスがうまいアイドルがいるのに)さゆみのファンは変な人が多いんですよ」となぜか同じ話を三回繰り返す。そして正真正銘の最後の曲は「Happy大作戦」で、これはハッピーエンドに似合うベストチョイスだったと思う。とりあえず、道重さゆみちゃんと鞘師の百合関係でまとめてくれたということで、ひとまず絶望は回避されたわけである。これで石がパンに変わるわけではないのだが、奇跡や希望への回路が無惨に断ち切られるという惨劇は回避した。道重さゆみちゃんは小学校の算数で0点を取ったこともあり、知力はあやしいが、いろいろと考えてから行動する賢者としての気質があるから、ありもしない奇跡を信じさせるという正統派アイドルの黙契は守ったと言えるし、ディストピアで蹌踉し、空閨を託っているわれわれに希望は残したのである。これから先のことは杳として知れないが、ひとまずわれわれは「Happy大作戦」をヘビロテすることで、道重さゆみちゃんと鞘師里保の百合を反芻し、この人生の生き難さに耐えることが出来るであろう。
airazuma.jpg



昨日の夜あたりに安倍晋三が小四なりすまし事件にFACEBOOKで言及したわけである。
なぜかその後から、東浩紀が空きれい状態になっている。
政治などどうでもいいし選挙などいかなくていいと、ここ何年かの社会派としての活動を否定するツイートを連投したのである。
なお編集するのが面倒なのでツイッターをそのままキャプしているから、下から上が発言の流れである。

ツイッター文化人の中で、今のところTehuもしくは青木と関わってるのがはっきりしているのは乙武くらいであるが、さらに広がる可能性もなくはない。
これについては、解明が進むのを待ちたいが、朝日新聞と親和性の高い進歩的文化人がツイッターでの言論を主導している現状を踏まえると、いろいろとおもしろいことになりそうである。

東浩紀はTehuや青木と何の接点もなさそうだが、安倍晋三のFACEBOOKが出た直後にこういう自分語りを始めたのは、何かしら周辺事情があるのかもしれない。
今の段階では何とも言えないが、経過を見守りたい。
近代社会は、人権と国家の二重権力とも言える。
ポストモダンを目指す進歩的文化人は、国家の消滅をひたすら願い、人権だけが花開く地上の楽園を求めている。
日本でもそうなりそうなのが沖縄である。
ウクライナやスコットランドの事例を見ても、21世紀は独立運動が流行るのは間違いない。
沖縄独立運動を考えた場合、やはり中国に接近するという話になるであろう。
尖閣諸島を沖縄と中国が共同開発するという案である。
米軍が追い出されて、代わりに中国が沖縄に入るシナリオは充分に考えられる。
鳩山由紀夫を思い返せばわかるように、沖縄はそういう左翼ファンタジーの舞台なのである。
本土で姿を見なくなった左翼がプラカードを持って沖縄に集結しているのだから、独立運動は盛り上がる一方であろうと思う。
客観的に見て、沖縄が独立して中国の属国となった場合、悪いことしかないように思うのだが、運動で本土を脅して補助金をもらいたいというメンタリティーが蔓延しているから左翼としても利用しやすいであろうし、離婚してヤクザと結婚するような勇み足が本当に実現する可能性もある。

なお琉球が中国なのか日本なのかという議論についてだが、ペリーが黒船で江戸にやってきたとき、琉球を経由しているので、滞在はしている。
「ペリー提督日本遠征記」という本があり、ペリーが依頼したホークスという歴史家が編纂しているが、一応はペリーの著作である。
現在だと角川ソフィア文庫で出ている宮崎壽子訳によるものが安価である。


ペリー提督日本遠征記 上 角川ソフィア文庫
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2014-09-11)
売り上げランキング: 7,602



そして人の意見の紹介ではあるが、ペリーは琉球は日本だと認識している。

琉球で数年間生活したベッテルハイム博士は、いくつかの理由から、次のように信じている。 「この国はある程度は独立しているが(琉球の支配者は北京に対する貢納とひきかえに、王という尊称を帯びることを許されている)、結局のところ日本の一部である」  その理由を要約すると次のとおりである。  

一、「那覇に日本の守備兵が駐屯している」。しかし、この駐屯兵が公然と姿を現すことはないことを、知っておかなければならない。なぜならば、琉球人は武器その他の軍備を持たない戦争嫌いな国民をよそおっているからである。しかし、ベッテルハイム博士はたまたま駐屯兵の一隊が武器を手入れしているのを見かけている。

二、琉球の貿易はすべて日本とのものである。琉球が中国の属領ならこのようなことはないはずである。日本は年間約四五〇トンの船を三、四十艘、琉球に派遣しているが、毎年中国に行く琉球船は一艘にすぎない。一年おきに、一艘以上の船で中国に貢物を運んでいると言われているが、那覇に入港を許された中国船は一艘もない。

三、琉球には多数の日本人がいて、現地人と変わりなくたえず出歩いている。日本人は琉球人と結婚し、土地を耕し、那覇に住居を建て、要するに、日本にいるときとまったく同じように暮らしているようだ。しかし、中国人はほかの外国人と同じように追いまわされ、密偵につきまとわれ、ののしられ、侮辱されている。このことは、わが士官のひとりの日記からはっきりと確認できる。この士官は自分が目撃したいくつかの事実に基づいて次のように述べている。「宗教、文学、風俗習慣が、同一ではないにせよ、類似しているにもかかわらず、彼ら(琉球人)が、ほかのすべての国民と同様に、中国人との交際を固くこばんでいるのはまったく明らかである。実際は、琉球は事実上も法律上も日本の一部なのであり、そのモットーは『全世界と絶対に交際しないこと』なのである」。

四、ベッテルハイム博士が琉球当局者と接触するときには、いかなる場合にも常に少なくとも二人の人物が姿を見せた。この人物が会合をとりしきり、琉球の役人を操っていたのは明らかである。彼らは日本の監察官であると、博士は推測した。

五、琉球の言語、服装、習慣、道徳、悪習は日本のそれと一致しているので、両国の明白な関係が確認できる。言語は人類学者にとって最も確実な証拠となるものである。この点に関しては、わが士官の調査結果を、適当な場所でさらに詳しく説明することにしよう。


ペリーが黒船でやってきた出来事は、日本史でかなり重要な部分である。
この当時の日本の領土問題について語るのに、これほど権威のある人物はいないであろう。
琉球は中国に貢ぎ物をしていたにもかかわらず、ペリーが琉球を日本だと認識していたのは、説得力のある証拠だと思われる。
沖縄独立問題の議論で「沖縄は中国」という話になった場合は、このペリーの見解を引用するべきである。
ここで引用した以外の箇所でも、ペリーは琉球は日本だと力説している。
興味のある人は、この本を実際に読んでみてほしい。
全体的に読み応えがある名著なのである。
またペリーに恫喝されて開国したという経緯からして意外かもしれないが、日本へのリスペクトに満ちあふれた書物である。
どちらかというと、江戸についての記述はあまり多くなく、それ以外の経緯の方にページがたくさん割かれているのだが、歴史に興味のある人なら読んでおくべき書物であろうと思う。
https://twitter.com/h_ototake/status/536712497659510784
ototakeharukaze.jpg


http://twilog.org/h_ototake/friends-harukazechan
twilogで見ると、乙武が前回はるかぜにリプしたのは9月29日である。
つまり二ヶ月ぶりにリプしたわけである。

青木大和と乙武は10月に一緒に香港に行っているので、かなり親しい仲だと思われる。
乙武は例のなりすましサイトをRTして宣伝に一役買ったわけだが、青木と香港旅行に行くような関係なのだから、頼まれてRTした可能性がかなり高いわけである。

なお、はるかぜは動画で見るとかなり幼い。
2001年2月生まれでまったく同い年の久間田琳加ちゃん(ニコラ専属モデル)も自分でツイッターをやっているのだが、久間田琳加ちゃんとはるかぜでは動画で見比べた場合に格差が有りすぎる。







また久間田琳加ちゃんは2001年2月生まれらしいツイートばかりしている。
ニコラ専属モデルだから、それに相応しい煌びやかなツイッターになっている。

はるかぜは小学四年生の時からツイートの内容がまったく成長してない。
青木大和の件で、子どもとして楯に使われているという心証が強まっただけである。

BABYMETALはよく「やらされている」と言われるが、実際にライブとかで菊地最愛(MOAMETAL)を見ると、極めて優秀で聡明であるから、やらされているなどとは言い得ないのである。
優秀な女子中学生と言えば最愛ちゃんを真っ先に上げるべきなのに、はるかぜになってしまうのは、進歩的文化人の価値観なのである。







乙武が青木の件を知っていて宣伝したとすれば、人権を楯にすることに抵抗感がないからである。
はるかぜ(娘)の気の毒な状態を知りながらも、こういうやり方を認めているわけである。
青木が自分だけの責任だと強調しているのは、彼の背後で、事情を知っている大人がいるからであろう。
はるかぜ(娘)は弱者であるからバッシングはしたくないのだが、教育を放棄されている様子には唖然とするしかないし、それを疑問視しない進歩的文化人には驚くばかりである。
子どもが弱者として利用されるのではなく、さくら学院の生徒のように立派な教育を受けることを望みたい。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング