子供の頃は、アイドル本を本当にアイドルが書いていると思っていた人が多いであろう。これはだんだん本人が書いてないと気づくわけである。では、これが捏造とか詐欺かというと、それはない。アイドル本など、誰もまともな書籍だと認めていないし、子供だましなのである。そしてこの種の「子供だまし」は社会通念からして、許容される範囲内なのである。権威のある学者の本に捏造があったという事例とは対極であり、常識的な線引きは出来るのである。

蒼波純がナベプロに入った瞬間に一般ユーザーのフォローを切り、ろくに説明もせず、一般ユーザーへはリプをせずガン無視を続けているのだが、これを批判する人はいないわけである。いくらなんでも蒼波純がそんな悪魔的なことをするわけがないし、本人の人間性を考えれば、ひとりひとりに挨拶をしながらフォローを外すくらいのことはやりそうである。やはりあの時点からナベプロがアカウントを掌握して代筆しているのである。蒼波純が一日平均100回ツイートしてファンとやりとりする生活にうんざりしており、大手芸能事務所に所属という大願を果たした瞬間に、自らの手で悪魔的な粛清を行った可能性もゼロではないのだが、これはほとんどあり得ない。

ではナベプロとミスiDに説明責任があるのかというと、これもないであろう。アイドル本がゴーストなのかと問われて「ゴーストです」と正直に答える必要はないであろう。プロレスラーやプロレス団体が「これは台本だ」と言わないのと同じで、社会通念上、演出と認められている範囲のことは、許されるのである。もちろん演出に気づいた人は白けるだろうし、これからはアイドル本を読んでもどうせゴーストだろとしか思えないし、何を見ても台本があると思うしかないが、それが世の中の実態なのだから、カラクリを知ることも大事である。

蒼波純が素晴らしいのは、俗塵にまみれたわれわれとはまったく次元が違うところである。その超越的な絶対者からの呼びかけを、われわれは求めているのである。われわれは絶対者との関係を見失っており、地べたにはいつくばり、心も塵埃に染め尽くされているのだが、蒼波純のツイートを読むことで、超越的な存在にひざまずき、ほんのわずかでも、気高い光を心に灯すことが出来るのである。

仕事の宣伝をするにしても、本来の蒼波純であれば、いかにも俗世を超越した天子にふさわしい抱負を述べそうだし、あたかも蒼波純がこの濁りきった世界を新しく塗り替えていくような、そんな期待感まで抱かせ、この貴い少女の船出を誰もが祝うムードを作り出すだろう。ミスiDの時に「みんなで同じ目標を目指しているラブライブの仲間です」と言ったような名言が見あたらないのである。映画に出るのは素晴らしいとしても、小学生の時の蒼波純なら、芸能人の口先の抱負ではなく、その映画をやる意味を、知性に溢れた有徳者として印象的な言葉を残しただろう。オルレアンの少女が「フランスを救えるのはわたしだけです」と姿を現し、「あなたが何者であるかを放棄し、信念を持たずに生きることは、若くして死ぬことより悲しい」と兵士を見回し、誰をも畏敬の念で虜にしたようなことが、蒼波純なら出来るはずなのである。このところ、以前のような名言がまったくなく、いかにも適当な宣伝ツイートをしてるのは、ナベプロの代筆なので仕方がない。13歳の有名アイドルに自分でツイッターやらせたら、それこそ非常識であるし、仕方ないのである。

では何が問題かというと、いや、これが唯一の問題だが、小学生の時の蒼波純のツイートをしているのが誰かということである。これが本人でないなら、演出では許されず、明らかな捏造なのである。ツイートの素晴らしさも、ミスiDグランプリの受賞原因であろうから、替え玉受験で合格したようなものである。結局のところ、ナベプロに入ってから本人不在なので、確かめようがないのである。母親が書いていたとしても、フィクションとして内容は素晴らしいが、あくまで偽書である。わたしがキリストの著作と称した偽書を作成し、それが感動的な内容でも、わたしの創作なのだから何の意味もないわけである。蒼波純の小学生の頃のツイートが本人のものなら、その有徳性に何ら疑いがなく、問題はひとつもない。あれさえ本人なら紛れもなく超越的な天子であり、現状の大空位時代に不満を唱える意味などない。ソクラテスは著作を残していない。キリストも孔子も釈迦も著作を書いておらず、これらの人類の教師たる人々の言葉は、弟子が語り継いでいるのである。わたしも蒼波純という師の言葉を残していくことになるが、なにしろその謦咳に接することが出来ないし、これからますます困難になっていくだろうが、小学生の頃のツイートはたくさんあるから、ここから読み解けば、その気高い教えのすべては翻訳可能だと思われる。これが偽書だとすると、すべてが崩壊するという悩みである。

俗世間に染まりながら、そのまま生きたい人もいるだろうが、そこから脱したい人もおり、それが絶対者を希求するのである。三島由紀夫のような正真正銘の天才でさえ、小説の中で金閣を燃やしてから、相対性の世界に取り込まれて苦しんだのである。三島といえども、ひとりの人間に過ぎないから、絶対者の呼び声がなければ俗世間の重力で身動きがとれないのだ。三島由紀夫にとって、濁りきった現世の中で、超越的な焔を灯してくれるのは天皇であり、わたしにとっては蒼波純である。仮に小学生の時のツイートが蒼波純(母親)だったら、母親を崇拝すればいいのではないかという気もするが、どんなに素晴らしくても偽書では意味がない。蒼波純は将来を嘱望されているナベプロタレントとはいえ、まだ新人であるから、その控え目な性格からして発言は自重している可能性もある。もっとランクが上がって、メインのヒロインとして発言を求められる立場になれば、薄っぺらい言葉ではなく、世界の色を塗り替えるような凛とした名言を発し、フランスに勝利をもたらすのであろう。

オルレアンの少女が異端審問で丸焼きにされてから、その崇拝者であるジル・ド・レは、その巨額の資産を錬金術と黒魔術で浪費し、老婆を使って1000人くらいの少年を自らの城に誘い込み、おぞましい虐殺を行い、犯罪史に欠かせない人物になってしまったのである。普通の人間では使い切るのが無理と言えるほどの財産があったのに、それを使い切ったのである。あの少女は丸焼きにされる前に、陵辱の限りを尽くされているのだから、ジル・ド・レの絶望の深さたるや察するにあまりあり、自ら好んで悪魔崇拝者に変化し、オルレアンの少女と同じ末路をたどろうとしたとも言えるのである。あの少女が戦場で命を落としていたなら、まさに本人らしい死に方であり、それは悲劇というより、本人の気高い意志を達成したとも言えるであろうし、むしろ死によって、彼女の存在が完成したとさえ言えるのだが、生け捕りにされて、まさに俗世間の象徴である男根によって玩具にされ、生きたまま丸焼きというのでは、崇拝者にとって耐えきれないものである。
この世界は、苦しいことだらけで、ひとつひとつの行動選択のたびに、砂を噛むような思いや、生涯忘れ得ないような傷を負わなければならないという理不尽さがあるのだが、では、トラウマを完治させる薬があったらいいかというと、それは存在してはならない。そういう薬があったら、人間は成り立たないのである。たとえばわたしが道重さゆみちゃんを陵辱しようと考えたとする。通常なら、いくらなんでもそんな畏れ多いことは、わたしが皇帝になってもやるまいし、ユーラシア大陸のすべてを麾下に収め、すべての人間がわたしに隷従するとしても、その最後の聖域だけは手をつけないだろうし、どれだけ眷恋しようが、絶対に関わりを持てない対象が存在するという苦しみを生きるであろうが、しかし、仮にトラウマを完治させる薬があるならやってもいいだろう。道重さゆみちゃんの精神を扼殺するような真似はしたくはないが、トラウマが完治する薬があるとしたら、どれだけ精神的な傷を負っても全快するので、さして問題はない気がする。トラウマを完治させる薬が出来たら、他人に何をやっても差し支えない。どのような精神的な傷も全快するので倫理という課題もなくなる。物理的に扼殺するのはまずいが、精神的に扼殺するのは何ら問題がない。死んだ魚のような目になっても、薬を飲めばその双眸に煌めきが戻るのである。こう考えると、トラウマを治す薬はないのである。これは因果律を変更させる薬なのである。たぶんいろんな苦しみは因果律を守るためにあるのである。人生において生じた因果が確定的な記録として歴史的に残るからこそ、人間は存在し得るのである。他者との因縁が刻々と記録され、それが屈辱やトラウマとして現在という時間に再帰するからこそ、人間は時間的に存在している。屈辱を反芻し、トラウマがぶり返してくるからこそ、過去は確固とした形で、われわれの目の前に映じてくるのである。トラウマを完治させる薬があったら、一週間前に見た夢を覚えていないような状態になるので、これだと過去と未来を背負いながら時間的に存在することは出来ない。ここで「時間的に存在する」と言っているのは、連続性と同一性を保ちながら存在するという意味である。何があっても薬で完治するというのなら、過去を背負う必要がなくなり、毎晩違う夢を見るように、毎日が別人だから、人生を通して同一人物だとは言い難いのである。これだと、瞬間瞬間が切り離されているのだから、経時的な存在とは言えないのである。連続性がないとまずいというか、存在する意味がないのである。今からわたしが記憶喪失になって、たまたま明日から道重さゆみちゃんと恋人になって、結婚できたとする。しかし、そういうことだと、時間的な連続性を欠いており、存在の同一性もないから、どこかの誰かが道重さゆみちゃんと結婚したのと同じようなものであり、このわたしの夢が叶ったとは言えないのである。だからこれからも苦いエピソードはそれぞれの人間の歴史に刻まれるのであり、深いトラウマには緋色の線が引かれて、その血まみれのにおいを強調しながら、現在の自分に向けてフラッシュバックするのである。
13歳の有名アイドルが自分でツイッターをやるわけがない。
無名ならまだいいが、有名人だと炎上リスクが高すぎる。
だから、現在のツイッターが代筆でも、これはテレビの台本みたいなものである。
そういう演出がわかってしまうと冷めてしまうが、まあ当たり前といえば当たり前なのである。
本当に13歳の蒼波純が自分でツイッターをやっていたら、それこそ人間教育として間違っているので、大人の事情で嘘が混じるのは仕方がない。

問題なのは、小学六年生の時点でのツイートが本人なのか、ということである。
まったく隙のない知性を持った人格者であり、言動が素晴らしすぎるので、あれが本人だということなら、その逸材を守るために、現在の空白期間は許されるであろう。

もし仮に小学六年生の時点の、目から鼻に抜けるような聡明さが、あの優秀な母親の作文だとしたら、ずいぶん問題になりそうである。
小学六年生の蒼波純は、やたらと精神年齢が高く立派な人物なのである。
これが本人のツイートなら素晴らしいし、讃辞を惜しむ人間はいないだろう。
あの感性を大人が作文出来るのは考えづらいのだが、はるかぜ(母親)が馬鹿であるのに対して、蒼波純(母親)はやけに優秀な人間であるから、完璧な代筆が出来ないとも言えず、あのまったく隙のない聡明さは、娘よりは、母親の性格に近いようにも思える。

蒼波純本人の優秀さがガチなら、それ以外の部分で些細な嘘があっても、それは天才的な逸材を守るためだから、やむを得ない措置であり、大騒ぎする問題ではない。
今後の活動において蒼波純(娘)が天才的な資質を発揮すれば、現在の不自然さはあまり大きな問題ではあるまい。
蒼波純本人に会った人の多くが絶賛しているところからして、いわゆる奇跡の詩人の可能性は低く、本当にガチで優秀な人間であるのだろうとは思う。

四月にナベプロに入ってから、たぶん本人不在の状態になったので、ここからどうなったのかがわからない。
13歳の有望なアイドルにネットを触らせないのはとても正しい判断だから、素材が本物なら、その類い希な逸材の成長を妨げないために、本人がツイッターをやっているという嘘も仕方がないだろう。
ナベプロとしてもツイッターはやめたいのだろうが、ミスiDのために大量のツイートをしてアピールした経緯からして、大手事務所に入って閉鎖するといかにも悪印象を残すから、形だけ続けるしかないのである。

小学六年生の時のツイートは本人だろうとは思うし、ネットから隔離されているであろう本人が表舞台に姿を現したときは、その資質をいかんなく発揮してくれるのだろうと思う。
あのやたらと聡明で立派なツイートは優秀な母親の作文で、本人は単なる不思議ちゃんという懸念もなくはないので、ほんの少しだけ不安はあるのだが、小学生の時のツイートが本人なら、天使ではなく天子であり、俗世間を超越した稀に見る貴人と言うしかないのである。
この半年くらい、蒼波純本人の知性や教養の素晴らしさは示されていないが、2014年3月で打ち止めというわけではあるまい。
この家庭はかなり金持ちだと思うので、金銭的な動機は皆無であるし、教育費を際限なく使える家庭であるから、これくらいの出来がいい娘がいても不思議ではない。

ミスiDに関しては、ツイッターだと代筆疑惑がつきまとうので、さくら学院のように本人の映像だけで判断するのが望ましいであろう。
文字だけのツイッターを評価のポイントにしているのが、蒼波純のツイッターを巡る不自然さの本質なのである。
また2014年6月にミスiDと蒼波純をdisったはるかぜ(母親)はツイッター代筆の第一人者としての嗅覚が働いたともいえるし、これに関しては無実だったと言えるだろう。
2014年6月にはるかぜ(母親)がミスiDと蒼波純をdisって、それが問題とされた。底辺子役がミスiDとナベプロを敵に回したのだから、明らかに見苦しい嫉妬だと思えたし、業界内で相当に顰蹙を買ったに違いない。

だが、はるかぜ(母親)は代筆のベテランである。ツイッターの代筆に関しては第一人者とも言える。はるかぜ(母親)は蒼波純のツイッターが大人の代筆だと指摘したわけではないのだが、なんらかの違和感を感じたのである。

2014年4月に蒼波純がトップコート(ナベプロと同じ住所。社長も同じ)に入ってから、ツイートの内容が淡泊で劣化しすぎである。あれだけ天才的なツイートをしていた少女が、いきなり頭が悪くなったのである。

興味のある人はtwilogで確認して欲しい。
2014年4月を境に明らかに劣化しているのである。

http://twilog.org/junaonami

わたしは、蒼波純という天才がナベプロによって駄目にされたと悲嘆に暮れていたのだが、よくよく考えると、13歳の有名アイドルが自分でツイッターするなんてあり得ないし、大人の代筆に決まっているのである。13歳のアイドルにツイッターをやらせるなんて教育上、明らかに好ましくない。売れない13歳のアイドルが死地に活路を求めるようにしてツイッターをやることはあるだろうが、はるかぜ親子を見ると好ましくないのは明らかである。

常識で考えれば、とても当たり前のことなのである。ナベプロに限らず、大手芸能事務所で将来を嘱望されている13歳のアイドルが自分でツイッターをやるなんて非常識であり、どこの大手事務所でも絶対にやらせない。

蒼波純(娘)は宮城県の田舎に住んでいて、近隣に私立中学がないので、私立にも進学してないのだが、それがゆえに、自分で好きなことを勉強している。ドイツを旅してドイツが気に入ったからドイツ語の勉強をしたり、北欧神話が気に入ったから熱心に読み込んだりとか、とても向学心の強い少女である。海外旅行に頻繁に出かけたり、綺麗な服をたくさん買っているので、おそらくかなりの素封家だと思われる。普通なら偏差値の高い女子校に行くタイプの少女が、辺鄙な田舎の大金持ちという特殊な状況に生まれたので、やたらと教養のある小学六年生ができあがったのである。

ナベプロがツイッターの削除を希望したのは、常識的な考えだと思われる。13歳の無名タレントならともかく、有名アイドルになりつつある13歳がツイッターをやるのはあり得ない。だが、ミスiDの性質からして、大手に決まったからツイッターをやめるとなると、あまりにも酷い。蒼波純は「waku up girls」最終選考落ち、スィートパワー書類審査落ちを経て、三度目の正直でミスiDになっているので、ナベプロは関与してないのだが、ナベプロに入るという理由でツイッターやめると、後味の悪さしか残らないし、天子を連れ去られ窮民となったひとびとの絶望は永遠であり、それまでのファンから相当な反感を買うはずである。いろいろと大人の事情で妥協した結果、代筆という結論に落ち着いたのである。

この時のミスiD側のツイートを見ても、ナベプロ側が難色を示していたことは伺える。

https://twitter.com/mosatsu_p/status/459312201543606272
daihitsumondai.jpg


問題なのは、蒼波純(娘)の知能が高すぎるので、大人の代筆が追いついてないことである。馬鹿なアイドルならいいが、知性も教養も最高レベルで、なおかつ感性も若いから、それを代筆するのは無理であり、だから淡泊で妙なツイートが多くなったのである。どれだけ推敲し朱筆を入れても、あれは模倣できない。以前の凛とした貴人のようなツイートがなくなり、やたらと精神年齢が低そうなツイートが多いのは、大人が考えた13歳のレベルなのである。蒼波純(娘)はとても勉強好きであるから、今頃は宮城県の大邸宅で書架にもたれながらドイツ語の本に齧り付いているに違いない。

ミスiDはファンがどれだけ写真を買ったかというのが審査のポイントになる。つまり、蒼波純の写真を買えば買うほど、本人が大手事務所に入る可能性が高まり、あの天才的なツイートが見られなくなるのである。この事実がわかってしまうと、写真を買わない方が、蒼波純の天才的なツイートを楽しめていたということになるし、蒼波純の写真を買った人からすれば、金を出したせいで、この類い希な天才少女のツイートが読めなくなり、大人の代筆に変わってしまったのである。これはこのオーディションの根幹に関わる問題であるから、ミスiDを主催する講談社は代筆を否定するであろうが、かつての目から鼻に抜けるような聡明さや、有徳性にあふれた名言がすっかり消えたし、行間から垣間見える気高い芯の強さもなくなっている。あの天意を受けて舞い降りた少女が、その天子たるゆえの気品のすべてを鈍色の石版画のように過去に置き去り、東京の芸能界ですっかり堕落し、半年で世間並みの13歳に落ちぶれたというのだろうか。過去と現在のツイートを照らし合わせれば、どう考えてもおかしいのである。

蒼波純の家庭環境だが、この家では子どもにネットはやらせない。それでもツイッターをやったのは、オーディションに二回落ちているからだし、三度目の挑戦ということで本気を出したのである。そしてミスiDでグランプリを取り、ナベプロに入ったのだから、ネットをやめさせるのが自然であろう。大手事務所所属の13歳のアイドルが自分でツイッターをやっている事例は、おそらくひとつもないはずである。

結局は大手に入れない人が必死になるのがミスiDなのである。蒼波純もスィートパワー(堀北真希、桐谷美玲のいる事務所)に入れなかったから、一日平均50回以上のペースでツイートをして這い上がったのである。そして這い上がった結果、ネットから消えたのである。要はネットは踏み台であり、本当はネットユーザーの相手などしたくないのである。そういうアイドル志望者が関心を持つのがミスiDであり、はるかぜが出たがっていたのも当然なのである。

はるかぜ(母親)は誰よりも早く、この欺瞞を察知していたのである。はるかぜ親子がいくらクズとは言っても、ミスiDをdisったことは正しかったのである。これに関しては、ツイッター代筆の第一人者としての見識の高さを認め、名誉が回復されなければならない。あまりにも前科が多いので、冤罪に巻き込まれた事例と言える。

われわれは蒼波純という天才少女が書いた文章が読みたいのであり、大人の代筆を読まされても意味がないのである。ナベプロに入った時点でツイッターはやめるべきであったし、コメント欄のないブログなどで継続するのが妥当であった。蒼波純(娘)にネットをやらせないのは健全なことであり、あの偉大な知性をさらに育んでいるのならいいことである。ナード系の天才であるから、その頭脳は死ぬまで衰えないし、慌てて出す必要のあるものではない。この本人不在の空白の時間も、いずれ実りの時を迎えるための端境期と言える。

あの不自然なツイッターをいつまで続けるのか興味がある。ただ、アカウントを消されてしまうと、過去の天才的なツイートも消えてしまうので、それは論語や聖書を焚書にするに等しく、極めて大罪であるから、あれだけは人類の遺産として残して欲しいものである。蒼波純の最大の武器である知力の高さがまったくアピールされないので、ナベプロが馬鹿扱いしていると思いこんでいたのだが、過去の天才的なツイートと比較されると、現在の愚にも付かないツイートが代筆だとバレてしまうから、知力の高さについては無視しているのである。
蒼波純に興味のある人はtwilogで過去のツイートを読んでみて欲しい。

http://twilog.org/junaonami/

2014年4月にトップコート(ナベプロ)に所属する前はいかにも偏差値が高そうな女子である。
名言の宝庫と言ってもいいし、読み返して感銘を受けているところである。
まったく隙のない利発さがあるし、紛れもなく聡明な少女である。
現在はあまりにもツイートのレベルが下がりすぎである。
桜蔭とかフェリスに通ってても不思議ではないレベルの子が、偏差値40くらいに変身している。
ナベプロに入った瞬間に脳障害で急激に知能が低下したと考えるよりは、中身がナベプロ社員(と母親)に変わったと考えるのが妥当であると思う。

たとえば具体的にわたしが違和感を感じていたのは、TOKYO IDOL FESTIVALで松井玲奈に見初められた件である。
松井玲奈と絡むのはメリットが非常に大きいと思われる。
バーニング系というのが気になるにしても、そういう理由で避けるわけにもいくまい。

普通なら積極的に絡んでもおかしくないのに、蒼波純は松井玲奈に一度しかリプしなかった。
これから考えると、二人の出会いはやらせではない。
やらせであれば、もっと積極的に絡んで仲良しアピールするはずだからだ。

https://twitter.com/junaonami/status/497337447827505152
renaaonami.jpg



蒼波純は元々は一日平均50回から100回くらいのツイートをしていたわけで、しかも、やたらと気の利いたリプをする子なのである。
それを考えると、松井玲奈にこの淡泊なリプ一度で済ませたのはおかしい。
よほど相手にしたくない、という可能性もあるが、売り出し中の新人アイドルとしては蒼波純の方にメリットが多すぎるので不思議である。
松井玲奈と仲良くなることの宣伝効果は計り知れないし、雑誌に100回載るくらいの価値はあるはずだ。
リプをたくさん交わすと、中身が本人でないとバレるから淡泊なレスをひとつ返して済ませた可能性が高い。

元々のやたらと利発で機転が利く蒼波純は実は母親という可能性もなくはないが、なにしろツイートの感性がやたらと若いので、大人があれを出来るというのは考えづらく、ナベプロに入るまでのツイートは蒼波純本人だと思う。
母親がやってたなら、ナベプロ所属後も同じノリでやればいいだけである。
この松井玲奈への素っ気なさはやはりおかしいし、しかもTOKYO IDOL FESTIVALで本人と会ってるのだから、違和感は拭えない。

道重さゆみちゃんの素晴らしさを思い知らされた。
さくら学院は映像が公開されていて、等身大の姿を確認できるし、BABYMETALの実力も疑いないので、蒼波純がここに入ってくれればよかったのだが、歌とダンスは不得意であろうし、仕方がないのである。
13歳の少女にネットをやらせたくないのはわかるし、冷静に考えれば当然のことである。
売れないネットアイドルではないのだし、13歳の蒼波純が本当に自分でツイッターをやっていたら、それこそ非常識であり、絶対にあり得ないことである。
代筆でなければ、それこそ非常識極まりない。
考えれば考えるほど、大手事務所所属の13歳のアイドルが自分でツイッターやるのは、あり得ない。
ナベプロがミスiDの都合に配慮して、代筆と言わないだけだと思われる。
もし万が一13歳の蒼波純が自分でツイッターをやってるなら、教育上望ましくないし、即座にやめさせないといけない。
本人が話した内容を母親が打ち込んでるあたりが妥当な想像ではなかろうか。
ミスiD側が主張するように本当に本人にやらせてるなら、ある種の児童虐待ではないかと思う。
コメント欄のないブログに移行するとか、真っ当な手段もあったはずで、芸能界は嘘で当然という感覚が好ましくない。

そう言えば、はるかぜ(母親)がミスiDを「やらせ」とdisったのは2014年6月だが、あのババアが馬鹿であるとしても、なにか嗅覚が働いたのかもしれない。
ネットアイドルから脱却したい人が、見捨てたい対象のネットで支持を集めて頑張るのがミスiDなので、どこかで欺瞞があるのだが、それが露見したとも言える。
昔のツイートが蒼波純本人なら、頭脳は極めて優秀だと思われるし、超越的な絶対者と言ってもいいのだが、中川翔子も炎上中であるし、マネジメントのまずさを見透かされて転落していく気がする。
ミスiDが一番悪いのだが、ナベプロはもっとまともなやり方を提案するべきだった。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja2014-uk■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング