動詞は同一の動作であることを前提としている。
自分が酒に酔うのと他人が酒に酔うのは同一である。
だからこそ「酔う」という動詞が使える。
悪酔いとか、もしくは船酔いと言う言葉も、誰もが同じ悪酔いや船酔いをイメージできることを前提としている。
つまり酔うという概念は伝えておらず、むしろ、酩酊して眩暈がするような体験がア・プリオリに同一であるから辛うじて伝わっているのである。

歩くとか走るという動詞は、誰しも同一の動作であり、誰しも同一の体験である。
膝が痛い状態で走るとして、これは誰でもイメージできるわけだ。
健康そのものという人間でさえも、膝が慢性的に痛い状態はイメージできるし、その膝痛は体験している、のである。

これは先入観の問題でもあり、やってみたら意外と簡単とか、意外としんどくて大変ということがある。
とはいえ、われわれはこの先入観に頼って生きているし、だいたい正しいのである。
このズレの問題については、たとえば、「本で読んだ知識は役に立たない」というような論に話を進めることも可能であるし、実体験するに越したことはないであろうが、だいたいはア・プリオリに知っているのである。

あるいは「セックス」という動詞について考えるとして、すべてのセックスは同一であると言うことも出来るし、すべては違うということも出来る。
一人の美人に飽きたから別の美人に移動ということで千人斬りしたとすれば、素朴な人生経験としては1000通りあるに決まっているし、その衣擦れの音や、襟足の匂い、褥に横たわる裸体を矯めつ眇めつ眺めやり、体位から閨房の語らいまでその微細な差異は多岐にわたるであろうが、おそらく女を替えると新鮮な体験として味わえる仕組みなのだろうし、飽きるのも仕組みであろう。
やはりセックスというひとつの言葉ですべてが括れる。
あらかじめ脳内にセットされた体験を体験しているだけである。
言葉は本質的に「あれ」とか「これ」の世界である。
本当に同一かどうかは知らないし、お互いの頭部を開いて脳の中身を照らし合わせているわけではないが、同一だと信じて、その対象を「あれ」とか「これ」とか言っている。

痛いという言葉でさえ、他人の痛みがどんなものかは本当のところわからない。
あくまで同一であるという想定で「痛み」という単語は成り立っている。
そして、これは体験の同一性でもある。

この感覚、もしくは体験の同一性を疑っても仕方があるまい。
自分の歯痛と他人の歯痛は体験として同じだと思うしかない。
「あの体験」としてぴったりと重なり合うのである。

そして、その同一性の理解に加えて、それをあからさまに言うかどうかという問題まである。
ブスが精一杯厚化粧して現れたとして、われわれが「お綺麗ですね」とお世辞を言うこともあれば、空々しいからあえて黙っていることもあるだろうし、もしくは、相手によっては本音で揶揄することもあるだろう。
お世辞を言うか言わないか、このあたりの二重性も、ブスと美人という美的感覚の共有が前提である。
頭部のパーツの並びを「顔」として認識して、ブスとか美人とか大問題にしているわけである。
この認識の共有あってこその言葉であり、それを言うか言わないかという選択である。

もしくは「気まずい」という微妙な感情も、この二重性のためにある。
われわれは表面上は和気藹々とやっているが、それが白けることが多々あり、その空気が凍る感じを気まずいと言うわけである。
なにかしら「本当のこと」が露見してしまったから気まずいのだ。
変なところを目撃する・目撃されるとか、それも気まずさである。
アスペが入っている人、もしくは鈍感な人には、こういうのをいちいち説明する。
その説明が通じるとすれば、やはり言われれば思い当たるからであろう。
わざわざ説明されても思い当たらない重症のアスペだとどうなのか、それは知らない。
あるいは、このあたりの感覚を最初から察していて何も言わない人も不思議ではあるが、ともかく鋭敏な人から鈍感な人までだいたいが「気まずさ」を理解するから、「本当のこと」はズケズケと言わないようにしようと、お互いに言い聞かせ合うのである。
われわれの会話の多くは、このあたりのルール確認にも割かれる。
楽屋裏で「あの話はタブーだ」とか言い合う。
それが人生という芝居を成り立たせているのである。
きゃりーぱみゅぱみゅの現場のオタ代表が、50名の女オタを食ったという。
相手が13歳ということで逮捕された。
あらゆる興行に関して、現場で仕切る人間は出て来るが、それに横槍を入れることは運営側もしない。
何らかの悪質な事例が起こるまでは、そう簡単に動けないものである。
プロ野球に人気があった頃の話だが、応援団の横暴は多くの人から顰蹙を買っていた。
これにようやくメスが入ったのは、今から15年位前に暴力団が絡んで、応援団が外野自由席で占有した座席を高値で売るという行為があって、警察に捕まったかどうか知らないが、ともかく警察の指導があってからである。
サッカーのJリーグのサポーターとか日本代表にも変な仕切り屋がいるようだが、ここはまだメスが入ってないようだ。
ボーカルマイノリティが支配するのが世界の本質であるし、少数派の団結力で歴史が動かされていくのは世の中遍く万事が万事そうである。
たとえば学生運動の時代であれば、ノンポリの学生などいなかったかのようである。
つまり、応援団的なものは異常性というよりは、人類の常識である。
徒党を組むのを否定するとしたら、それは人類の歴史の否定である。
今回のきゃりーぱみゅぱみゅの一件はあさま山荘事件のようなものというか、現場のオタ代表の横暴が、メスを入れなければならないレベルに達した事例である。
最近のプロ野球では外野自由席がほとんどなくて、公式戦ではほとんどが全席指定となっている。
プロ野球から外野自由席がなくなったのと同様に、アーティストのライブの現場でも、様々な見直しが行われる可能性がある。
応援団に指導されるか警察に指導されるか、どちらにせよ、われわれは指導される生き物である。
世の中は嘘やお世辞や社交辞令で出来ているから、気づいていても言わないことが求められる。
文句をいうと奇人変人扱いであるから、奇人変人しか文句を言わない。
何らかの団体に指導され唯々諾々と従うことに変わりはない。
かつては不器用というのが美化されて、器用というのが蔑まれた。
おそらく昔の社会は流動性が低いので、同じ方法でやり続けることが求められた。
やり方を変えると、今までの努力が台無しになるとされていた。
脇目も振らずに愚直にやり続けるほうが志操の堅固な人物とされ、結果が出るということだったのだ。
ここ最近は器用というのが褒め言葉になったが、愚直に同じやり方を続けるよりは、「別の方法」を考えることが望ましいということになった。

これは神経症が社会から消滅したことと軌を一にしている。
神経症患者は賽の河原で小石を積み上げるがごとく決めこんだ手続きどおりの儀式を反復するわけだが、頑迷固陋な不器用さに価値を見出しているのである。
これがなくなったので、もはや正攻法も邪道もなく、物事の手順の効率化を自由に考えられるようになった。
変化が激しい現代では、愚直に身に着けた癖が邪魔になってしまうから、やり方を変えない頑固さが淘汰されたのである。

最初に正攻法だと思い込んだやり方が正しいとは限らないし、むしろ正しくない。
たいていの手順は見直す余地がある。
これは思考実験としてやらなければならない。
将棋やチェスで指してみてから「待った」と叫んでやり直すことが出来ないように、現実でも、実行してから指し直すのは好ましくない、もしくは出来ない。
人生は一度しか無いので、失敗から学ぶ教訓よりも、失敗によって負った手傷が深過ぎることは多々ある。

これは他者との駆け引きであることもあれば、作業の効率性の問題であることもある。
自分がカードを出して、続いて相手がカードを出してから「待った」というわけにはいかないので、カードを切る前から、頭の中で図上演習しなければならない。
あるいは30分掛かっていた作業を、いろいろ工夫して20分に縮めるとする。
器用・不器用の問題であるから、技術革新ではなくちょっとした閃きで30分から20分に縮められるという想定だが、こういうのをあっさり思いつく人もいれば、そうでない人もいる。
ここは試行錯誤が容認されるが、とはいえ、ああでもないこうでもないと四苦八苦すること自体が不器用さであるし、歳月は人を待たないので、あっさりと最善手が閃く人のほうが評価されるのは言うまでもない。
これは能力差でもあろうが、性格的な問題も大きいような気がする。
われわれはなぜか新しい情報が好きである。速報が流れてくるのを待っている。速報がなければ飢餓感を覚えるのである。だからどうしたというわけではないが、新事実にしか食いつかないのは、野次馬的であり暇人とカテゴライズすることは出来る。新事実が流れてくるまで、飢え乾き悶絶し煩悶して馬鹿をやりながら暇つぶしするのだ。すでに知られていることを知るのを「学習」と呼ぶわけだが、自分が世の中ではじめて知ったわけではないので、その驚きでは刺激が弱いらしい。いわゆる知的好奇心、つまり、すでに知られていることについて先学から教えを受けるのも楽しいのだが、この楽しさに到達するのは簡単ではないらしく、ずいぶん個人差がある。さて、人間どっちみち死んでしまうのだから、暇人で何が悪いという意見もあるだろうが、とりあえず価値判断をするなら、やはり暇人は新事実にしか関心がない阿呆である。有名人が事故で死んだとか、もしくは事件を起こして捕まったとか、そういう速報に接するとスイッチが入り、しばらくはその話題で喚き散らして発散する。それに飽きたら、また別の騒ぎが起こるまで暇つぶしをする。インターネットは「学習」がしづらい仕組みになっており、ここが厄介である。誰かが死んだり捕まったりしないと、好奇心のスイッチが入らない。そして特定のクラスタに陥り、その嵌め込み式の窓から世界を見て、その変わり映えの無さに厭いて、何かが起こるまで憤懣をためて暴れたり暴れたり、何かが起これば狂喜して暴れたり暴れたりする。ネットのせいにしても仕方がないが、やはりネットは「学習」へのレコメンドをかなり欠いているし、すでに知られていることを学ぶ姿勢は身につかない。ネットで何かを学ぶとなると、他者からの反応が乏しいから孤独である。他人の反応が見たいのであれば、速報に食いつくに決まっている。速報に振り回されて、すべての好奇心を吸い取られ、つかのまの孤独を癒やし、何年経っても代わり映えがしない木偶の坊ということになる。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング