昔はスマホなどないから、「家が近所」というのが友達の大きな条件であった。
学校でそこそこ気が合う人間がいても、家が遠いと友達にはなりづらい。
気が合っても、家が近所でないと一緒に行動しづらいからだ。
固定電話が一家に一台あるだけだから、あまり頻繁に電話するのも気が引ける。
もしくは昔であれば、近所の人間のプライバシーはだいたい知っていた。
そのような地域共同体はかなり崩壊しているであろうし、個人が通信端末を持って遠隔地の他人と交流できるのだから、人間関係の地理的な縛りは緩んでいるはずである。

とはいえ、地理的な縛りが完全になくなったわけではあるまい。
インターネットを駆使して、遠距離の人間と友達になるのも可能ではあるが、たとえば自分が東京にいるとして、沖縄や北海道の友達と遊ぶのもなかなか難しそうである。

そもそも「帰属している組織」においての友達作りが人間関係の重大問題なのである。
帰属、あるいは所属でもいいが、その「仲間」と仲良くやることが求められており「友達を作れ」とはそういうことなのである。
北海道から沖縄まで全国津々浦々の人と毎日チャットで話してますと言っても、それは意味がない友達である。
友達を作るノルマとしては、ノーカウントとなる。
帰属・所属している組織において「友達」がいるかどうかが問題であるから、遠いところに無所属の友達がいても意味がない。
われわれは特定少数の村社会でうまくやることを求められている。
要するに派閥や会派を作れということであり、狭い盤面で駒を動かしながら立ち回り、陣地を押さえていく力が必要とされている。
普段から接している人間と、SNSでさらに親睦を深めるのはそういうことである。
arimuragekido.jpg


なぜか有村悠さんが憎悪を撒き散らしている。
今回は自分のツイートに対してネガティブな反応を受けたということだが、これはたまたまのきっかけであり、やはりいろんな人から敬遠されて恨みが溜まっているのであろう。
われわれは有村さんが大好きだし、まったく危険人物だと思っていない。
われわれは有村さんから好かれてないので、まったく恐くないのだ。

つまり、有村悠さんに好かれると怖いという問題である。
おそらく有村さんに好かれると、タダ飯、居候、無料セックス、無償の愛、生活費の無心など、物乞い行為がかなりありそうである。
有村さんがこれを実行しているわけではないし、いつも水際で止められているから、ほとんどが未遂であり、言いがかりとなるかもしれない。
だがどうも、この人に好かれて懐に入られたら傍若無人に振る舞いそうだし、かなり危ないというオーラがある。

われわれの多くが有村悠さんのことを好きなのは、われわれが美人でもないし、人気絵師でもないし、豪邸にも住んでないからである。
有村さんのターゲットから完全に外れているので畏れる理由がない。
好かれてない人間からすると、有村さんは善良で楽しい人物である。
いくら馬鹿とは言っても、東京大学に現役合格(中退)したことはあるから、話が通じないレベルのクルクルパーでもない。

では、有村悠さんが美人や人気絵師から拒まれる問題はどうすればいいのか。
これはどうしようもあるまい。
他人を好きになるたびに嫌われるからひねくれた人間になるのも仕方があるまい。
とりあえず不人気サークルと友だちになることから始めてはどうかと思うが、それは嫌なのだろう。
承認願望というが、これは誰でも持っているものである。
自己愛こそが人間である。
だが、この全能感を野放図にするわけにはいかないので、現実の額面を問うことになっている。
自己愛の強さが現実の額面を書き換えるような不正行為に至った場合に、見苦しい承認願望として腐った死臭を放つ。

わたしが脳内では陸上のスターのつもりだとする。
100メートルを8秒で走れる脳内設定で、オリンピックで金メダルを獲る場面を空想し続けているとする。
当然ながら、これは現実において覆される。
この現実というのも地球上の生命体の設定にすぎないが、ともかくわたしが100メートル8秒で走れないことは、他者に対して剥き出しにされている。

われわれが肉体を与えられていて、その性能が固定していて、「他者」という存在に対して剥き出しになっていることが現実の根幹をなしている。
100メートルを8秒で走るというわたしの脳内設定は、「他者」から唾棄されてしまうのである。
つまり、他者を求めているからこそ、ここが壁になる。
100メートル8秒で走れることを他人に認めさせることは出来ないので、ここが大きなネックであるし、現実に立ち返るしかない。
それで断念するとは限らないし、死の灰と言うべき大地から、自分が100メートル8秒で走れるという観念が懲りずに育っていくこともあり得る。
だが、どれだけ繰り返したところで、他人から承認されることはない。
肉体の性能が固定されているからこそ、額面を書き換えられない現実がある。

あるいは、100メートルを8秒で走れると嘘をついて、誰かがそれを信じたとすれば、他人から詐欺的に承認が得られたのかもしれないが、本当に100メートル8秒で走ってみせることは出来ないから、どこかで詰むだろう。

努力によって実力の額面を書き換えることは出来るが、素質の違いがあるので限度がある。
はるかぜがいくら頑張っても芦田愛菜の額面にはならない。
まったくすごくない人が、すごい人だという自己愛を持っているのが人間らしさかもしれないし、はるかぜ親子は現実の額面を認めないで生きていくのである。
とはいえ、やはり最後に問われるのは本当の額面である。
病識がない精神分裂病は異常者として隔離される。これをどういう理屈なのか、病識があればあるほど正常であるという奇妙な発想につなげる人がいるようだ。健康であれば病識などないのだから、自らの不健康を厭い、自覚症状を高らかに謳ってみせるのは反省の演技でしかなく、カルマの積み重ねである。痴れ者が微かな意識で正常さを辛うじて保っているのであれば、不具者と見なして差し支えないはずだが、理性の欠片がまだ残っているという変なプライドがあるらしい。人格障害はだいたいがこの手合いであり、箍が外れた精神状態を自覚しているというアピールを繰り返す。サッカーでPKを貰うためのシミュレーションのようなもの、いや、シミュレーションがバレるようにダイブしてイエローカードを貰いたいのかもしれないが、喩え話だから細かいことはともかく、この現実をゲームと見做してわざと倒れてみせるような芝居がかったことをするわけだ。本当に気が触れているのではなく故意である、という理非を違えた免罪符らしい。現実と空想の区別は付いているが、軸足は空想に置かれている。第三者が嗅ぎ分けるとすれば、現実というナマモノが傷んで腐乱していく瘴気が漂う。妄想ではない、つまり現実世界とのズレについて病識があるから大丈夫と思ってるらしく、ファンタジーの垂れ流しは平気でやる。自己愛という悪魔が棲みつき、深く友誼を結んでいる。自傷行為はだいたいが自己言及であり、みずからの血塗れの躰を他人事のように見ることで、その病める精神を延々と反芻する。壊れている自分を冷静に眺める正常な自分というのが病識であり、その意識を強めることで、自己存在の泥土を綺麗に浚ったつもりらしい。戦乱の颶風を吹かせ、狂奔のごとく暴れる輪廻を繰り返し、梁を上げるような火柱とともに灼熱が燎原の火のごとく広がり、森羅万象を飴細工のように枉げていくとしても、それを花鳥風月のように眺めている冷静な自分がいるらしい。
https://blog.twitter.com/ja/2017/0208safety
アカウントを永久的に停止された方が新しいアカウントをつくることを阻止するための識別ができるようにします。これにより、もっともよく見かけ、また大きな影響を与えやすい、罵倒や嫌がらせのためだけのアカウントを作成するケースを減らすことができると考えています。

トランプが当選したことで、ポリコレの反動が強まったという印象がある。
言わば踏み絵を踏むように、反トランプとして旗幟を鮮明にしなければならない。
IT業界は広告で生活しているわけである。
トランプ現象でツイッター社の広告が増えたわけではないそうだから、スポンサーに対してコンプライアンスを主張する実利の問題もあるだろう。

最近の大統領令は過半数の米国民が支持しており、ヒラリーの地盤である大都市での反対運動が目立つだけである。
移民を制限したいのが米国民の本音である。
そのような本音が繁殖する文化運動としてツイッターは使われたのであり、これは人類の革命であるが、やはり反ポリコレの拠点というイメージだと、広告は出稿してもらえない。

ようやく有権者の意識がアメリカ大統領選挙に反映され、左翼メディア支配に終止符が打たれたと思ったのに、なぜ逆の方向に行くのか。
まず前述のようなコンプライアンスの問題があるが、有権者はこれにノーを突きつけたわけである。
この有権者の姿勢が、企業広告に反映されていない。
まだ左翼メディアが死んでないのもあるし、有権者という畜群は、綺麗事にうんざりしているのに、企業には綺麗事で難癖を付ける矛盾した体質もある。
有料サービスにするつもりはないようだから、これについて長々と述べても意味はあるまいが、そもそも企業は何のために広告を出しているのかという根源的な問題に至る。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング