おだてることで粗製乱造されるのは「偉い人」である。不細工を美人だと褒めても美人にはならないが、「偉い人」なら可能である。われわれ人類は文明初期に社会契約など交わしてないし、社会が「偉い人」を中心とした身分制度から始まるのはそういうことだろう。おだてられても嬉しくないという人はごく普通にいる。おだてられて喜ぶかどうかは、おそらく多動性と関係しており、衝動的な性格傾向の問題である。衝動性と自己愛はなんとなく関係があり、やはり勘違いしている人間は焚き付けやすい。落ち着きのある聡明な人間をお世辞で動かすのはかなり難しい。天高く胴上げされてコンクリートの地面に打ち付けられるのはよくあることだし、相手の卑しい底意に察しがつくなら、嬉しいどころか警戒しなければならないし、不愉快にもなる。ではなぜ、おだてるという行為が横行しているのかといえば、おめでたい馬鹿がたくさんいるからだろう。他人が現実であり、現実が他人である。褒め言葉はすべて真札とも言えるので、輪転機をどれだけ回してもいいのだろうし、「勘違い」が対人関係に根を張るなら現実そのものである。おだてるのでもベクトルがいろいろとあり、おめでたい馬鹿から金銭を騙し取るのが目的であることもあれば、「用心棒」として使うこともある。おだてる側はボスではないので、用心棒がボスであるという状態が生じる。清原和博と元木大介の関係がわかりやすいが、清原は用心棒とボスを兼任している覇王である。おだてられることに飢えている人間は多々いるわけで、腕力や武力を恃みにされて戦いに駆り出されるのは嬉しいことなのである。そうやって気が大きくなって自己愛が膨らんだ状態こそが、本人にとっては快楽なのであろうし、おだてられて不愉快などとは寸毫たりとも思ってない。こういう御仁に「おだてられて操縦されている」とか指摘しても無意味である。ボスとして民衆の膏血を啜り、栄耀栄華を極めることだってあるのだから、本人にとってマイナスとは断定できず、そういうボスが世の中のいたるところにいて、利益を得ているのも事実だ。このような快楽主義者がいろいろと勘違いした結果として、覚醒剤に手を出して刑務所に行くこともあるだろうが、そうなるとは限らないから、有頂天になった人間を止めることはできない。おだてられて勘違いする衝動的な自己愛人間がボスになるのであるから、文明初期の建国神話は数多の文飾がほどこされた英雄崇拝となるが、現実に辿る歴史が惨憺たるものとなるのは論を俟たない。
インチキの臭いを嗅ぎ取った時にそれを口にするのは品性のある態度ではない。そもそも何か変だと思っても、相手のプライバシーに踏み込んで捜査する権限などないのだから、真偽をはっきりさせることも出来ないから、想像で察するしかない。「なんかおかしいのでは」と思っても、察した人は黙っているし、察しの悪い人は騙されたり、もしくは手品師に向かって「これは手品だ」と言い放つような子供染みたことをやってしまう。件のbaoという子どもは、茂木健一郎とか、あのあたりの文化人のプロデュースなのであろうし、広義にははるかぜと同枠だが、ネットで炎上狙いではなかろうし、旧媒体の手法という印象である。またbaoははるかぜより遥かに自己啓発の色が強そうである。はるかぜはババアが無計画に代筆して発散していた事例であるから、粗忽な毒親が猛け狂う様子を見せていただけであり、杜撰極まりなかった。なぜかITmediaの岡田有花が引っかかったので、まったくビジネス的な繋がりがないのに提灯記事を書くという事案が発生し、意外と人気者になったが、岡田有花は京都大学卒なので、恵まれた人間である可能性が高く、家庭環境に難のある問題児と接したことがないのであろう。このところは女になにか言うだけで警察がやってくるから、物言えば唇寒しであるし、岡田有花に罵詈雑言を吐いたり蔑称を投げつけることは差し控えるが、「はるかぜちゃんの方が大人だよ」とか煽られてわれわれはとても不愉快であった。はるかぜとbaoはタイプは違うとは言え、同じジャンルであるから、数日前にはるかぜババアがbaoに上から目線のアドバイスをする形で難癖を付けていたが、baoがいようがいるまいが、はるかぜは賞味期限が切れている。同じ「天才」であっても、はるかぜは一万冊の本を読んだとか、そういうインテリ設定だったから、中学の勉強さえ落ちこぼれで、高校は通信という事実により化けの皮が剥がれた。baoはもっと観念的なポエムでやっていくであろう。はるかぜが社会派(笑)であるのに対し、baoは意識の高さを謳い上げるスピリチュアルなポエマーという棲み分けは可能であるはずだが、はるかぜ娘はもう高校生であるし、いろいろ露呈したので難しい。おそらく自己啓発というものは需要があり、嘘でもいいから縋りたい人達がいる。学歴社会の落ちこぼれに対して、別のキャリアパスやライフスタイルを提案することが求められている。美人と不細工、のっぽとチビ、スポーツマンと運動音痴、豪邸とあばら屋、こういう格差だらけなのに、知的能力だけは平等でなければならないらしい。整形に関しては、受け入れ難い人もいるだろうが、やろうと思えば可能である。骨端線が閉じる前ならメッシのように薬で身長を伸ばして、不正だと言われること無く、バロンドールだって取れる。身長を延ばすのは自費だと年間200万円程度らしいが、そこそこ余裕のある家庭なら払えないわけではないだろう。だが、やはり教育が最優先であり、身長は後回しだ。それに整形なら税金で補助など出来ないし、ホルモン治療も先天的な障害を除いては同様である。教育なら無料が理想らしくて、文字さえ読めないのに大学を無料にしろとか騒ぐ馬鹿もいる。なにもかも不平等であるのが人類の特徴であるのに、教育論で差を縮めようとするのだ。格差について語る時に教育論だけするのは、かなり偏りがあると思う。教育というのは、この地獄の囚徒の前に垂れ下がっているただ一本の蜘蛛の糸であるらしいが、整形手術や成長ホルモンの話は前述したし、サイボーグのように動き回れるメッシが批判されてないのも事実だ。とはいえ教育論は点数の付け方も含んでいるから、これは自己承認の問題だけでなく、大企業の正社員になれるかどうかの死活問題でもある。これについては書くと長くなるし、そもそもわかりきった話だから筆を省く。はるかぜはおそらく特殊な炎上物件であり、baoみたいなポエマーは自己啓発の市場ではこれまでもいろいろといたのだろう。それに感化されたとして、出来損ないがさらに出来損ないになるのがオチだが、ファンタジーに憑かれて生きていたい人がいるのだろうし、われわれがその妄執を解く義務はあるまい。安易に引っ掛かる人がいると困るので警鐘を鳴らす必要はあろうが、欠陥があるからにはそれを埋め合わせる特別な才能が与えられているというスピリチュアルな発想の持ち主が厳然としているのだし、この飢え渇く業病が重篤であるなら他人が口を挟んでどうなるわけでもない。
touketsu.png

hakaidisplay.png



有村さんのツイッターが凍結されたそうだ。異議申し立てはできるそうだが、復帰できるのかどうかは不明である。トランプのツイッターがまだ健在だから、差別どうこうではないだろうし、凍結された理由は判然としないが、他にも同人作家が凍結されているらしいから、エロが原因だと考えるのが妥当である。これがツイッター社の強硬姿勢だとすると、再開しても同じことの繰り返しではある。ツイッターはADHDのためのものであるから、有村さんにとっては終の棲家を奪われたかのようだが、東京大学文学部西洋史学科中退という経歴でもあり、はるかぜ親子と同じ雑居房で多動を垂れ流しているのも惜しく、物事を理路整然と過不足無く長文で記述することは出来るから、そろそろ惰眠を貪る端境期に終わりを告げて、驥足を延ばすためのいい機会でもある。雑念が雑念のまま遊弋し続ける人は、ツイッターで生き長らえればいいが、九州で最も偏差値が高い久留米大附設高校を卒業した有村悠さんは、そこらへんの高卒とは格が違う。艦これ界隈では、特異なキャラクターが名物となって、ディスプレイ破壊おじさんという悪名を馳せているご様子でもあるが、人は一代、名は末代。いずれは太宰治の人間失格を超える自伝小説を書くと思われる有村悠さんであれば、どのような法難も、血で作品を書き綴るための試練であり、いずれ人類の記念碑となるような文学に昇華されるのであろう。
われわれにとって、本音というのは定かではないし、状況次第で流動的でもあるが、一応はそれなりに本音があるわけだ。口が堅い人間というのは、それなりに正直なのである。黙して語らずという姿勢は、何らかの意思表示をしているし、本音は察しがつく。それに本音を言えばいいというものではないから、無言で示すのは妥当な態度である。隠しているのではなく、ズケズケ言うと差し障りがあるから沈黙する賢明さなのだ。対応に困るのが偽善者タイプであり、ヒラリーとかベッキーである。腹に一物抱えているが、綺麗事だけはペラペラと出て来る。ベッキーならどれだけバッシングしても構わないとは言わないが、やはりそれなりの理由はあるのだ。決して腹を割って話すタイプではないのに、やたらと多弁で流暢に話すし、インチキなセールスマンのような姿勢である。本音を話すべき、ということではない。何でも馬鹿正直に言う口の軽さも好ましくない。前述したように、黙して語らず、というのが妥当である。ヒラリーやベッキーは「口が軽い」のかというと、これは定義による。少なくとも日本語で「口が軽い」というのは本当の話を迂闊に漏らしてしまうということだから、ヒラリーもベッキーも当て嵌まらない。いつも口が動いているが、本音は隠しているというのは「腹黒い」と言われる。こういう腹黒い人間への対処はなかなか難しいものである。ヒラリーが落選したり、ベッキーがこうやってバッシングされたり、一気に失墜することもあるが、普段はどうしようもないのである。だからこそ手を緩めずにベッキーをバッシングしたりする。普段は絶対に本音を言わず、それでいて沈黙を知らず、空疎なことをスラスラと言い立てているので、腹に隠していた黒い正体がどろりと出てくると総攻撃されるのだ。カルマが溜まっているから精算させられるだけである。
このところ津田大介がツイッターの言論を規制しろとか、おかしな発言を繰り返している。現世の快楽のすべてを体験したと思われる成功者が、あたかも落魄した敗残者の断末魔のように癇を高ぶらせている。津田大介は対人スキルの第一人者であり、組み手争いの猛者だ。直接会えばたいていの相手は捩じ伏せられるし、女の股を開く程度は朝飯前である。現実は理屈ではない。理屈に合わないことに抗うこと無く、それこそが現実の実態なのだと適応するのが社会性であろうし、理屈抜きに生きてきたからこそ津田が勝ち進んだのである。津田はSNSに極めて適性がある。直に会わないとしても、人を選ぶから、現実の相似形であるSNSには向いていたのだ。それによって成功したのに、どうもここ最近はSNSらしくないツイートをしており、この不特定多数のWorld Wide Webに向かって、文弱の書生めいた真似事をして、これがあまりにもレベルが低いので失笑されている。ロンブー淳も、一時期は政治家になりたがっていたし、厭くほどに女も金も手にした人間が、その満腹感を持て余して、名誉欲に取り憑かれることもあるのだろう。津田大介は、具体的に相手を見て捻じ伏せることに特化しているから、抽象的なことを言っても恥をかくだけである。理屈抜きの現実を生き抜いた野卑なコミュ強が津田大介であり、この大地を舐め尽くすために現れた夷狄であるから、もやしのようなインテリとは人種が違うのであり、理の通った論陣を張る能力はまったくない。信者から金を集める仕組みを築き上げたのだから、その自己啓発空間に甘んじていればいいのだが、一言居士を気取り始めたので、ひとびとを困惑させている。津田はネットで組み手争いがうまくいかなくて苛立って、憤懣を撒き散らしているが、津田大介は有村悠さんより知能指数が低い。有村さんはいくら莫迦とは言っても、東大に合格(中退)しただけの知能はある。現実で津田大介に出会ったら、われわれは這々の体で逃げ出すしかないが、組まれる恐れのないネットなら、そりゃ文句は言う。津田大介は、対人スキルだけが取り柄なのだから身の程を弁えたほうがいいし、人を選べるSNSに徹するべきであろう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング