有村悠さんのアフィを踏んでから、以下の書籍を購入しました。

吉原十二月
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 522

大学受験超基礎シリーズ マドンナ古文 パワーアップ版
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 762

科学するブッダ 犀の角たち (角川ソフィア文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 512

論語 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 392

帝国主義論 (光文社古典新訳文庫)
Kindle版
販売: 株式会社 光文社
¥ 583

神曲 地獄篇 (角川ソフィア文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 560


この半年くらい紙の本をほとんど買ってない。
固い本はKindle化されてないので、ちゃんとした本は書籍で買うしかないのだが、Kindleセールで買うのに慣れると、3000円の本なんて抵抗感がありすぎて手が出せない。
何しろKindleは消費税払わなくていいのである。
それだけで8パーセント安いのだ。
ただでさえ8パーセント安いのに、セールで大幅値引きやるのだから、もう紙の本は買えない。
ちなみに楽天koboもカナダの会社なので消費税0である。
電子書籍の消費税問題は最近クローズアップされているが、ようやく重い腰を上げて法律改正の検討を始めてるところだから、国内の電子書籍サービスは体力が持たないだろう。
税金を取りやすいところから取るという考えが、アマゾンの跳梁跋扈を生むのである。

さて、今回のセールだが、いつも通り、楽天koboが始めたものであり、Kindleは後追いである。
koboは全商品が二割引だが、Kindleはすべての商品ではない。
値引きはあまり大きくないのだが、早川などは五割引くらいになってる。
角川ソフィアと光文社古典新訳文庫が対象になっているのが珍しい。
角川と講談社は頻繁にセールやるのだが、角川ソフィアはなぜか別のようで、普段はセールの対象にはならない。
他にも、普段はあんまりセールやらない本が結構あると思われる。
楽天koboが倒れない限り、セールはかなりやってくれるはずだから、今回のセールで慌てて買う必要はない。
すべてのKindleユーザーは楽天koboの健闘を祈っているのである。
koboがなくなったら、kindleは完全な殿様商売になるに違いない。
昨夜あたりから2ch.scが2ch.netのミラーリングを諦め、独自スレを立て始めたらしい。今のところはあまり書き込みがなく閑古鳥が鳴いている。まだ幅広く周知されてないと思われるので、数日は様子を見る必要があるが、もはや西村博之は無能な暗君として認識されており、蔑まれる対象でしかない。かつてアングラ色が強かった頃は、西村とユーザーは共犯関係であり、ニコニコ動画に大量のユーザーを引き連れていくことも出来たが、それはすっかり過去の話である。今日のネットは世俗化されており俗塵にまみれている。LINEやTwitterのようなソーシャル空間に馴染めないひとたちは最後の砦として2ちゃんねるに居残ったが、削ジェンヌをはじめとする旧運営の幹部の暴君的なやり方を気に入っていたはずもなく、怨恨は深い。この五年くらいで、運営とユーザーの距離は大きく離れたし、旧運営は民草の言葉を解しない宦官としてあらゆる難癖をつけ私腹を肥やした。西村の裏にいる悪徳弁護士が今まではいいようにやってきたが、人の心をつかむ能力は皆無であるらしく、解放されて自由を得たユーザーが宗旨替えするのは当然である。ジム・ワトキンスはダグラス・マッカーサーのようにパイプをくゆらせながらタラップを降りてきたのだ。これが福音でなくして何と言えよう。粛清された旧陸軍関係者が「東京裁判は無効だ」と騒いだところで、それがどうしたという話である。Jimが舞い降りてから、脳死レベルの書き込みが激減し、あまりにも煽りが少なくなったので、この奇跡に人々は目を白黒させているのだ。西村博之は長男だが姉がいるので、実質的には次男坊である。ロンブー淳に伍するような世渡り上手ではあったが、策に溺れすぎて失脚することになった。女1000人斬りのロンブー淳でも知性にはコンプレックスがあるようで、政治家への道を模索していた。それと同じく西村も、大企業と絡むようなビジネスへの憧れがあったのだろう。炎上を監視するという名目だったが、実際は放火と消火の自作自演であり、劫火に包まれる衆生を王様気取りで睥睨していたのである。今はその火の見櫓が大炎上している。祭りで火事を出した露天商と同レベルであり、やはり無教養の馬鹿は落ち着くところに落ち着くのである。電通にしても、電波利権ありきの商売なので、ネットでは馬脚を現すのみである。今後の課題はJimの運営が破綻しないかどうかである。新運営が降らせた慈雨は、今までの品のない煽りや炎上を嘘のように消し去り、悪夢にうなされていたユーザーを解放したが、兵站の問題からして西村への対抗を続けられるとは限らない。第三勢力のおーぷん2ちゃんねるは今のところ何のしがらみもない健全運営であり、書き込みも順調に伸びているが、ネット言論の枢軸となれば、矢野さとるの目の前に札束が積まれる日もあるだろう。矢野さとるは能天気なアホであり、裏で卑劣な企みを張り巡らす腹黒さはないが、美女と酒で転んでしまう可能性は充分にある。われわれもリテラシーを高めなければ、いつでも西村のような泥棒貴族が再臨するだろう。
これはJimにとって、というより、西村とホットリンクにとって致命的とも思われる発言。

http://sweet.2ch.sc/test/read.cgi/patisserie/1397265138/
545 :名無しさん:2014/04/15(火) 01:56:47.47 ID:izktfc+7v
不具合が直って快適に使えるようにしてくれたら
もう何でもいいよ
なんか裁判とかがんばってひろゆき


555 :ひろゆき@てすとくん ★:2014/04/15(火) 02:02:36.78 ID:???
>>545
同じパターンで、某社にも2chのログ使うなら、racequeenと契約しろってメールがJim来たんですが、
「譲渡の正式な契約書を見せて貰えれば契約します」って送ったら、
Jimからの返事が無くなったという、、、
それまでは、1日以内に返事来てたそうなんですけどね。。

>>547
最終的にお金で解決ってのもなきにしもあらずですよね。

>>548
弁護士に真実を伝えないで、代理人にするってのは、よくあることですよ。


567 :名無しさん:2014/04/15(火) 02:08:12.94 ID:fCnaaXJYr
>>558
IEで見ると普通に広告は貼られてるけど
もし収入がないならそのうちホットリンクと契約してログ売るかもな
嫌儲民から支持を無くしそうだけど

583 :ひろゆき@てすとくん ★:2014/04/15(火) 02:14:50.66 ID:???
>>567
けんもうの人は、Jimがホットリンクに何を要求したのか聞いてみれば面白いんじゃないかとー。


2ch.netに残っているユーザーはJimが聖人君子であることは望んでいない。
倫理学の先生を招聘してるのではないから、暗渠のどぶさらいをやるスキルと根性があればよく、いろいろな工作を排除してくれればいいという考えである。

西村の主張によれば、Jimがホットリンクに金を要求していたということになるが、逆に言うと、ホットリンクは、この揉め事に深く関与していたということにもなる。
それにJimとホットリンクの交渉は頓挫したわけだから、現在の2ch.netにホットリンクは絡んでいないということである。

2月19日にホットリンク社長は8万株を売却している。
この時点の株価だと11億円くらいとされている。
いろいろなゴタゴタをどこまで知る立場だったのかが問題となるが、Jimとホットリンクの間でいろいろやり取りがあったとなると、あれこれ疑惑を持たれることにもなるだろう。

大手まとめブログはおーぷん2ちゃんねるの育成に力を入れてきた。
2ch.scの出来映えがよければsc推しに方向転換しただろうが、2ch.scが変な形でスタートしたため、まとめブログはさらにおーぷん推しに集中する。
おーぷんは結構書き込みがあり、情報量は2ch.netに比べて格段に少ないとしても、粗雑なまとめを作るには充分である。
育成が順調に進めば、おーぷんはなかなかの規模になる可能性もある。
まとめブログに賛同するユーザーはおーぷんに書き込めばいいわけだし、2ch.scに書き込む理由がほとんど無いという状態である。
有村悠さんのアフィを踏んでから以下の商品を購入しました。

新幹線 お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか (あさ出版電子書籍)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 299

【純正品】 Apple 30ピン - USBケーブル MA591G/B バルク品
エレクトロニクス
¥ 970

父 山本五十六 (朝日文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 510


https://twitter.com/y_arim/status/455480662279999488
gamelabo.jpg



有村さんは他人の言うことを聞かないとよく言われるが、ADHDなので仕方がないのである。
重度のミーハーであり、その時々のムードに流されやすい。
時代に刃向かう精神がこれだけ欠けている人間は見たことがない。
ADHDの衝動性に従い、流行だけを追い掛ける。
ソーシャルスキルの時代であるからコミュニケーションを頑張ったが、すべて挫折した。
オタクの時代ということでイラストレーターを目指したが挫折した。
岡田斗司夫に影響されて深夜のゴミアニメを全部見るという作業を頑張っていたが、それも飽きたようである。
そしてゲームラボの連載がとうとう打ち切りになったそうである。
最近の有村さんは艦これに夢中になっているが、深い軍事知識がないとライターとしての仕事には繋がらない。
アニメは見るだけ、ゲームはやるだけ、何をやっても消費者の側なのである。

今日においては教養主義が消滅し、読書人階級が没落したため、有村さんも反知性主義の流行に従い、本をまったく読まず、中卒を下回る知力の持ち主となった。
東大文学部中退という経歴と、自らの堕落した生活史を公開して恥じない性格からすると、私小説を書いて売るのが最も望ましいと思われる。

有村さんが自伝的な私小説を書いた場合、最低でも100冊は売り上げが見込める。
Kindle本として出せば、原価が0で印税35パーセントである。
私小説においては、成功体験は求められず、挫折体験の方が価値が高い。
わたしも自伝有村悠という本があれば是非読みたいので書いて欲しい。
日本でADHDという概念が広まったのは司馬理英子が「のび太・ジャイアン症候群」という適切な喩えで説明したからである。ADHDをのび太とジャイアンに喩えるのは、日本人的にはわかりやすい。ADHDは気が短く他人に反応しやすいから、いじめの対象になることが多く、逆にガタイがよければ、他人に暴力を振るうこともある。身長が突然伸びることはあっても縮むことはないので、ジャイアン的な人間はずっと威張っているわけである。

韓国人を笑うというのがネットで流行ったのも、(まとめブログの工作はあるにせよ)韓国人の気性の激しさが原因である。他人が怒っている姿は恐怖であることもあれば、愉快であることもある。気性が激しい人間は負けず嫌いなのだが、韓国は負けてくれるので、それが愉快なのだ。

毒親という問題も、気性の激しさが本質だと思われる。子どもは親を正しいと思わなければならないので、気性が激しい親を恐れなければならない。普通なら気性が激しいというのは馬鹿にされる属性なのだが、親という権力を持ってしまうと、恐怖政治が始まる。子どもが親を「こいつ馬鹿だな」と思うのは困難であり、そこが問題の根っこなのだ。

削ジェンヌと言えば、かつては恐怖政治の象徴だったわけである。とても気が短く、何か気に障ればすぐにアク禁にする。削ジェンヌの御機嫌を伺うのが民草に課せられた使命であった。今回の分裂騒動により、削ジェンヌは権力を失った。そして2ch.scでの言動が笑われているわけである。短気で気性が激しいという性格が今までは恐れられていたのだが、今ではその怒りっぽいパーソナリティーがいじりのネタになっている。削ジェンヌはADHDであると断定するわけではないが、気が短くすぐに反応する性格は、多動性があると思われ、自閉症スペクトラムに引っ掛かると言っていいだろう。

他人が怒ってる姿は、すごい恐いこともあれば、笑ってしまうこともある。これはまさに権力の問題に他ならない。権力者が短気だとすごい恐いが、弱者が短気だと笑われるだけである。2ch.scの失敗はほぼ決まったので、これからは削ジェンヌの気性の激しさが弱者として笑われることになる。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja2014-uk■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング