Category
星野陽平「芸能人はなぜ干されるのか?」
1933年3月、契約俳優については50%、フリーランスについては20%という大幅な賃下げが強行された。これに反発した俳優6人がSAGを設立した。かつてAEAが映画俳優を組織化しようとして失敗し、ブラックリストが作られたことがあったため、SAGの会合は秘密厳守で、メンバーは乗ってきた自動車を集会場から遠く離れた場所に置かなければならなかった。
(中略)
ハリウッドには映画俳優だけでなく、映画に関わる職種ごとに労働組合があり、それぞれの職域でSAGと同様の力を持っている。ハリウッドでは、労働組合が最大の実力者なのである。

労働組合というのは、人間の交換可能性に対抗する組織とも言えるし、必ずしも絶賛されるべきものではなかろうが、とはいえ、「代わりはいる」という論法で賃金や待遇を下げていく経営手法に対抗する力として、一定の存在意義はあるだろうと思われる。

この本では日本の芸能界を批判してアメリカのシステムを賛美しているが、日本には芸能と差別という難しい事情がある。
日本の芸能人が労働組合を結成しないのは怠慢という一言では片づけられない。
というより、この本では日本の声優の労働組合について記述しているから、いろいろとわかった上でぼかしたのであろう。
差別問題については筆を省くのが当たり前であるし、この本だけがおかしいわけでもないのだが、アメリカの差別問題と日本の差別問題では話が違うし、そのあたりの説明を省いてアメリカを褒めるのは比較文化論としては物足りない。
とはいえ、終わりの方で、差別問題については軽く触れてある。
あくまで芸能への差別ということでまとめてあるから、あまり踏み込んだことは書かれていないが、それも妥当なのであろう。
この本を書いた星野陽平も、いろいろと悩んだと思われる。

そもそも今回のこのわたしのエントリーもかなり曖昧である。
なぜ差別問題が西日本に極端に偏っているのか不思議であるが、たぶん天皇制の問題というか、天皇が東日本を避けていたからであろう。
おそらく東日本に初めて足を踏み入れたのは明治天皇である。
やはり東日本には富士山があるので、天皇がそれを避けていたというのがわたしの勝手な考えである。
「富士の高嶺」という言葉は万葉集にも出て来るし、知られていたのは間違いないが、やはり天皇が絡むところでは富士山が出て来る頻度が少ないし、山岳信仰の対象として富士山を黙殺していたように思える。
天皇制という差別思想は富士山の神々しさの向こうまでは行けなかったのである。

今日では移動の自由があり、出身地による差別はかなり解消されている、あるいはさらに時間が経てば完全に無くなるだろうから、この手の問題については記述しないのも、ひとつの正しさである。

本書第7章でも指摘しているように芸能界と暴力団の結びつきは、本来、興行の分野に限られ、テレビを主な活動の場とする芸能事務所は、暴力団と関係する必要はない。実際、テレビの黎明期に芸能界を支配した渡辺プロダクションは、暴力団との関係はほとんどなかった。芸能事務所で暴力団との関係を深めたのは、1980年代から台頭したバーニングプロダクションの社長、周防郁雄が最初なのだ。

昔の芸能界では差別問題が背景にあったが、それに乗っかって芸能界を蚕食するただのヤクザが増えてきたという側面もあるようだ。
このところわれわれがそれを潰しに行っているのも、大立者として振る舞っている芸能ヤクザはただの不逞の輩にすぎないのだし、もはや差別問題に触れる懸念がなくなっているからであろう。
キチガイとはなんぞやというと、命令に従うという観念を喪失している人間のことであろう。たいていの人は人倫に反することを何かしらやっているが、それは命令されてのことであるし、情状酌量の余地があるとされる。ヤクザの親分に命令されたというのなら免責されないが、サラリーマンが会社(法人)に命令されたというのなら、キチガイと同等のことをやっても免責されてしまう。同じ悪事を働くとしても、組織の人間として命令された場合と、自発的にやるキチガイとは話が違うのだ。こう考えると、法人というのは、何らかの踏み絵を踏んだ正常人の集まりであろう。われわれは社会的な生き物であるから、命令に従うのであり、そのこと自体がとても重視されている。軍人として認識票をつけていれば他人を殺めても差支えない。命令に従ったということなら、それだけで正常の証となるのである。

悪事をやるとしても、命令されたなら「不本意」なのである。本当に不本意なのかどうかは怪しいし、愉しんでるのが実際のところであろう。自己批判するとしても、所詮は自己満足だし、悪事で下賜された勲章を襟飾りとしながらも、辛うじて「自分」という余白を残しておきたい欲である。ともかく、その「不本意」な悪事を自発的にやったらキチガイと括られる。この差が何なのかというと、やはり社会的動物であることが人間の要件なのであろうし、命令に従うからには、人間として最低限の形をしているということなのだろう。命令されてないのに悪事、もくしは善意の押し売りをやるのは、どこからともなく飛んでくる暗器のようなものだから、人間として最低の条件すら備えていないキチガイと呼ぶしかないのである。生きながらの無縁仏として徘徊しているわけだ。

営利企業というものについて言えば、やはり頼まれているから社会的健全性を持つ。「命令される」と「頼まれる」を峻別できるかは不明だが、だいたい類似したものと考えていいだろうし、雑駁と区別するなら政治と経済になるであろう。頼まれてないのに親切の押し売りをするとしたら、素朴には自己中心的であるし、重ければ自閉症と言える。善意でさえ、それが押し売りであれば、キチガイの徴なのである。営利企業がキチガイでないとすれば、たとえば欠陥商品を作ることさえも、株主のための利益追求とか、何かしら頼まれている側面があるからなのだろう。

法人に帰属しているサラリーマンがキチガイと同レベルの悪事をやるのは人類の業病である。命令されていることが免罪符なのだろうし、どれだけ文明が消長し、あるいは進歩しようとも、人類の歴史を通して貫徹しているのだから致し方あるまい。キチガイは悪事だけでなく善意の押し売りも凄まじいから、其の意味ではサラリーマンの方が立派だと言えるが、要はそれだけである。法人が悪意を持つとしても、それは社会的なものだから致し方あるまい。法人を精神医学の対象にしても言葉の遊びにしかならないし、刑務所にも入れられないから難儀だが、一時的な流行り病ではないし、この組織性こそが人間の本質である。
猟奇的な事件というものがある。
いじめはそれに当て嵌まらない。
加害者はだいたい社会的適応力が高いからである。
雑に言えばダーウィン的な自然淘汰である。
ダーウィンは突然変異からの進化という論を唱えているのだから、どんぐりの背比べの優劣を競い合う人間社会を論じたかったわけではないが、ここではその定義の厳密さに拘る必要はあるまい。

9人が殺されたとなると、異常心理として見做して、その加害者を糾弾するわけだが、9人の被害者の共通点として、「自殺したい」とネットで言っていたという続報を聴くと、「罪もない人を~」という普段の憤慨がトーンダウンしている可笑しさもある。
いつもの正義くんらしい激憤ではない。
ただの集団自殺のようなものか、臓器売買など闇社会のものか、そういう背景に好奇心を抱いているだけであり、殺害行為そのものへの怒りは薄い。
「津久井やまゆり園」の障がい者19名が殺害された事件とも通底する。
たいていは殺人事件が起きると、「もし俺の家族が殺されたら相手を必ず殺しに行く」と空想の仇討ちを誓う正義くんで溢れるが、なぜか「津久井やまゆり園」に対して正義くんは平然としており、こういう怒りの欠如こそが薄ら寒い。
つまり、正常人だと気取っている人間は自然淘汰原理の崇拝者なのだ。
もちろん、「敗者をわざわざ殺すのはよくない」という感想は持つだろうが、敗者は遺伝子を残さずに消えて然るべきと考えており、だからいじめてハブるくらいは平気であるし、自然淘汰原理自体は信奉しているのである。
命を絶ってトドメを刺すとなると異常者なのであろうし、いじめ抜いて排除しようというのが正常者ということにもなる。
だからいじめは軽犯罪ではなく凶悪犯罪だと主張するために、抗議の自殺をする被害者が出てきてしまう。

正常者と異常者の線引きは何ぞやというと、正常者はただの勝ち組思考なのだ。
だから、いじめという軽犯罪は日常的に行っているし、「津久井やまゆり園」の事件を聴いても、優生学的な観点から認めているわけである。
敗者の命を絶つことには賛成しないだろうが、そういう寸止めは優しさであるどころか、「殺人犯にまでなるつもりはない」といういじめ加害者の小利口な発想でもある。
つまり、殺人が最大の犯罪であるのは確かなのだが、「殺すまでもない」というカースト制度はまったく別の意味で凶悪である。
有村悠さんは、母子葛藤では加藤智大に通じるし、エリートへの怨みでは宅間守に通じるし、女性へのロックオンでは岩崎友宏に通じる。
だから、犯罪者予備軍と言うこともできる。
なおかつ宮崎勤と同一の性的嗜好の持ち主であるから、グランドクロスである。
とはいえ、いくらメンタリティが似通っていても、さすがに凶悪犯罪はハードルが極めて高く、本当にやるとは思えない。

いわゆる不良集団を犯罪者予備軍とは言わないし、やはり犯罪者予備軍という言葉は、悪人でないことを前提としている。
通俗的に言えばオタク嫌悪なのである。

われわれは実は悪人を嫌悪しておらず、それどころか魅力的だと考えている。
それが顕著に見られるのは十代の少女であるが、おそらくそれだけではあるまい。
普通の男であれば、立場的にDQNは敵であるから敵視するのだが、不良に憧れる気持ちがまったくないとも言えないだろう。

有村悠さんは750人からブロックされているそうだから、怖がられているのは本当だが、恐い恐いと揶揄している側面があることも否めない。
もしくは女性絵師であれば、片想いされたら厄介ということで、念のためにブロックしているのであろう。
有村さんをブロックしている女性でも、DQNにチンコを挿されて悦びの声を上げていたりするのだろうし、実は犯罪者のことなど怖がってはいない。
本当は悪事への恐怖ではないのだ。
自閉的な思い込みの激しさや、溜め込んだ怒りが怖いのであり、いわゆる生理的嫌悪である。
自閉の重力圏に巻き込まれたくないという嫌悪であるから、犯罪予防うんたらの問題ではない。
本当に犯罪が怖いならまずはDQNを避けるべきである。
ド田舎の底辺母子家庭でガリ勉して東京大学にギリギリ合格した有村悠さんは、金持ち東大生との格差を思い知らされて中退した怨恨から不穏な言動を繰り返しているにせよ、普段から犯罪をやっているDQNと対極であるのは言うまでもない。
DQNにチンコを挿されている女が有村さんを怖がっても、犯罪という文脈なら阿呆らしい話であるし、やはりオタクは気味が悪いというだけなのである。
もちろんDQNに無縁の女性が有村悠さんを畏怖するのは構わないが、DQNとセックスしたことがある女が有村悠さんを畏怖するのは、実のところ自閉への差別であろうし、これが定型発達者の真の姿である。
https://twitter.com/lp_announce/status/919413777908490240
arimura746.png


746人からブロックされ、64人をブロックし、相互ブロックは3ということである。

有村悠さん(38歳)はとてもフレンドリーな性格だが、要するに物乞いなので、あちこちで蛇蝎のごとく疎まれている。
他人に奢られるのが当たり前だという感覚。
親しくして何が悪い、と主観的には考えているのであろうし、他人から疎外されているという被害者意識の塊である。
御本人は受難者気取りであるし、その怨嗟が有村さんの恐怖イメージを作っているのであろう。
親しさというのはかなり相手を選ぶものだが、そういう課題が理解できてないらしい。
他人に好意を持つのは悪事なのだが、道徳の教科書でそう書くわけにもいかず、なかなか難しいところである。
親しさとはお互いのプライベートに侵入することだから、一方的な好意は暴力なのだが、「好意は悪事」だと校長先生が訓戒を垂れることはあるまいし、明示的に説明される機会が少ないから、自ら察するしか無い。
奢る奢られるという問題にしても、岩崎友宏が冨田真由さんに腕時計を送った事例などを念頭に置くと、奢ればいいという話ではない。
結局のところ親しさとはプライベートの共有なのだが、人間はその親しさを嫌悪している。
子供の頃は大人から「友達を作れ」とさかんに言われるが、その大人に友達がいないのが実態である。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング