Category
このところ、理性と欲望という言い回しをあまり目にしないのだが、やはり理性というのは重要であろう。
この対概念がないと、欲望とか暴力こそが自分の真実であるから、その真実を遂行するべきということになってしまう。
欲望を断念するというのは、理性のある自分を選び取ったのであり、それは必ずしも自らの意思に反したというわけではあるまい。

精神病の人間が長期間アクティブに暴れているのを見たことがなく、だいたい燃え尽きるのが早い。
やはりアクティブな度合いが激しいのはパーソナリティー障害(人格障害)だと思われる。
理性という概念が存在せず、なにかしら昂ぶった衝動に魅入られるのである。
ドストエフスキー的な命題であり、社会的な理性を脱ぎ捨て、暴力や欲望という悪魔と褥をともにしてこそ本物の自己にたどり着くという発想だが、こうやって理性を軽んじるのは、一言で言えばパーソナリティー障害であり、暴力や欲望だけに真実味を感じているのであるし、たとえば有村悠さんなどはその典型なのであろう。

あの文春の女性声優の件は、なぜか茅原実里であった。
出されているヒントからすると、多くの人が水樹奈々か上坂すみれだと思ったはずであり、これは文春の悪意のあるミスディレクションでもあった。
スキャンダルが出る時は、本人サイドに連絡が行くはずであるから、上坂すみれは自分のことではないと知っていたはずだが、万が一という危惧があったのかもしれない。
おそらく文春が予告してから上坂すみれが迷走し始めたので、文春が愉快犯として面白がっていたところもあるであろう。
かつて文春はいろいろと貴重なスクープを連発して褒めそやされたが、このところ腐敗の兆候が明確に現れてきた。

上坂すみれへの殺害予告で逮捕された高専生は20歳ということだが、ファンだったということであるから、やはり上坂すみれのアンチはファンが兼任しているという事実を露呈してしまったのである。
和田アキ子とか中元すず香みたいに素行不良が単純に批難されているドブスもいるわけだが、上坂すみれだと、やはり本人の奇を衒った芸風に釣られたパーソナティー障害者がファンとアンチになっていると思われる。
上坂すみれは角度的に据わりがいい静止画像でようやく見られる程度であるから、表舞台では美人と言われないであろうが、地下臭い容姿も含めてファナティックなのであろう。
ロシアをネタにしているのも、欧米的な理性の欠落した悪魔的なまがまがしさを生み出している。
やはりドストエフスキーなのである。
鳥肌実みたいなことを妙齢の女性がやっていて、そこそこセンスはあるのだから、悪目立ちする有象無象が集結する異空間が生じてしまう。
このようなことは本人サイドが放置しておけば済む問題とも言えるのであるが、20歳の男性ファンを警察に売ったからには、今後はこのような鳥肌実的な芸風は封印されるのが自然である。
とはいえ、この芸風以外に取り柄がないと思われるので、これからもおかしな男性ファンを警察に突き出し続けるかもしれないし、そこは曖昧である。
上坂すみれさんに殺害予告をして捕まった20歳。
ファンだったと供述しているそうである。
供述というのは警察の作文ではあるが、ここで警察に都合のいい創作を入れる必要はあるまいから、ファンなのは事実であろう。
上坂すみれさんは、演者としての能力は最底辺であるが、奇抜な面白さはあり、どこまで本人が考えてるのか知らないが、サブカル的に変わったことをやるセンスはあるので、なんとなく「面白い人」を惹き付けてしまうのであろう。
本当に面白い人と、括弧つきの面白い人(つまらない人)の違いは明白であり、まったく次元が異なるはずなのだが、はしゃいで奇抜な言動をすることに快楽を見出す共通性で、運命を感じたりするのであろう。

おそらく昔から、芸能事務所におかしなファンレターを送り続ける「面白い人」はたくさんいたと思われるが、それは事務所の人間が黙って焼却していたであろう。
今日だと上坂すみれさんみたいな芸風が難しくなっている。
上坂すみれさんと、今回逮捕された男は、おそらく庵野秀明と有村悠さんくらいの格差があるはずなのだが、変わり者という共通点だけをもってして、赤い糸でつながっていると思い込んでいるわけだ。

やや気になるのは7月22日に文春が大物女性声優の熱愛報道をすると予告していることであり、なぜか上坂すみれさんだと思われている。
上坂すみれさんは大物のカテゴリーではないが、たとえば水樹奈々なら、他社に抜かれる前に出す必要がある。
つまりスクープとして一刻もはやく報じるだけの価値がないレベルの「大物」だから、上坂すみれさんは丁度当てはまりそうである。
文春が予告した時に、たまたま上坂すみれさんが体調不良で倒れたので、関係があると思われたのである。
6月13日からツイッターも止まっているし、なにかありそうだ。
どうせ数日内にわかることであるから、この真偽を長々と論じても意味があるまいが、ともかくそういうことだ。

上坂すみれさんは、自らの芸風に葛藤を生じさせていてもおかしくない。
演者としての能力は致命的に低いので、エキセントリックなキャラクター性とサブカル設定でやっていくしかないのだが、やはり「面白い人」が共鳴してくるわけであり、これは煩悶も深いはずである。
上坂すみれさんのアンチというのは、本当のアンチではなく、仲良くなりたいという発想が根底にある怨みという印象を受けるし、つまり好意を含んでいるから不気味さもあるはずだ。
変わった人から好かれては怨恨を持たれるという構造があると思われるので、上坂すみれさんが、自らの風変わりな才能を摘み取って、当たり障りのない人間になればいいのだろうが、そうなると、上坂すみれとしての存在も消えてしまうという難題である。
小泉進次郎は何歳なのかとふと気になって調べたら、4月で36歳になっていたそうだ。
2009年に議員になってから、これまで当選三回である。

だいたい人間は35歳で頭が鈍くなるが、ここから賢明さの格差が生じてくる。
哲学者や思想家だと、だいたい40歳にならないと主著は書けない。
頭が鈍くなってようやく、思索の結果が実ってくる。
もしくは実業の世界でも、若手起業家が成功させた後に、50歳くらいのベテラン経営者に実務を任せることはよく見られる。
頭そのものは35歳を境にして馬鹿になるとしても、賢明さで補うのは可能なのだ。
加齢で誰もが賢明になるわけではないし、これは学習機能の問題であるから、経験や思索の積み重ねを叡智に高めている人がそんなにいないのも確かである。

小泉進次郎は津田大介(43歳)と同タイプであり、やたらと注意力がしっかりしているEQ優位型であるが、津田はこのところ、加齢による頭の悪さをソーシャルスキルで糊塗できなくなってるし、誰もが認める馬鹿である。
津田大介とか、ロンブー淳とか元木大介とか、この手の人間は、周囲をよく観察して早々といろんなことに気づいているが、その手回しの良さが積み重なって賢者になるわけではないようだ。
人類の叡智とは無縁の人間である。

小泉進次郎は、あれこれと察しがいいが、おそらく学習機能は付いていない。
そろそろ若手議員という枠から外れるし、年齢的に頭が悪くなる一方だから、これまで持て囃された利発さを失う過程を見せてもらうことになるだろう。
「自由論」ジョン・スチュアート・ミル(斉藤悦則訳)
これまで長い間、法律による処罰をひとびとが恐れたのは、社会的に汚名が残るからであった。つまり、本当に効き目があるのは刑罰でなく汚名なのだ。じっさい、ほかの多くの国では法律による処罰を恐れてひとびとは意見の発表を控えたりするが、イギリスではむしろ社会的な非難を恐れて発言を控える者が多い。他人の好意にたよらなくてもやっていけるほど金銭的に余裕のある人を除けば、誰にとっても世間の評価は、自分の意見を控えさせる点で法律と同じくらい効果がある。パンを得る手立てが絶たれる辛さは、投獄されるのと変わらないだろう。たしかに、パンをすでに確保し、権力者や諸団体や公衆の歓心を買う必要のない人間なら、どんな意見でもあけすけに表明して平気でいられる。人から悪く思われたり、陰口をたたかれたりはするだろうが、それに耐えるために彼はことさら英雄的な性格を備える必要もない。

トランプがCNNにラリアットを食らわせている動画については話題であるから、仔細に渡る説明は省いてもいいであろう。
かつてトランプがWWEに参戦してCEOのビンス・マクマホンと対戦したときの動画にCNNのアイコンを貼り付けただけである。
ビンス・マクマホンの妻であるリンダ・マクマホンはトランプ政権の中小企業庁長官であるから、普段からの交友関係もありそうである。

この動画はただの一般人が作成してRedditに投稿したということだが、なぜかこの一般人が反ユダヤ主義者として、CNNに吊し上げを食らったのである。
身元については記事に出なかったが、CNNに謝罪をしてなんとか許してもらったようだ。
許しを請わなければ名前を出されていた可能性も十分ある。

なぜCNNに謝罪する必要があるのか謎だったのだが、どうやらCNNの経営陣やキャスターの顔写真を並べたユダヤ人リストを作っていたらしい。
顔写真にはそれぞれダビデの星が貼り付けられている。
この画像自体についてはビジネス・インサイダーの記者もツイートしているから、おそらくフェイクではない。
それに、問題のユーザーがCNNのユダヤ人リストを作っていたとすると、CNNに謝罪という不可解さにも筋が通る。
わたしは今のところ、この画像に並ぶお歴々がユダヤ人かどうかひとりひとり確認する作業はしてないし、そもそもユダヤ人だと明確にしているとは限らないので、これはあやふやな風聞に基づいたものであろうが、CNNの社長がユダヤ人なのは確かである。

CNN=ユダヤなのかどうかについては知らないし、そもそもユダヤとは宗教であるから、本人の信仰の問題でもある。
ともかく、そこにCNNが食いついてきたのである。
このような乱暴狼藉が話題にならないのは、人権団体のリンチは記事にならないということなのだろう。
人権問題でやらかすとトランプのような扱いになるから、大富豪でもなければやってられない。
今のところ問題のユーザーの身元は報じられてないが、脅しめいたことをCNNがやったのは、その一般人が大富豪でなかったからなのだろう。
CNNに頭を下げて、どうにか名前を報じないでくれ、と命乞いするしかなかったのである。
昔であれば、馬鹿をひょうきん者として面白がることは普通だった。
もちろん馬鹿を蛇蝎のごとく嫌う人間はたくさんいたが、面白がって受容する人も少なからずいたのである。
今日だと、馬鹿を迂闊に面白がってしまうと、馬鹿が自爆した時に累が及ぶ可能性があり、得体の知れない管理責任が立ち現れてくることもある。
共犯者というだけでなく、善管注意義務や管理責任というところまで潔白であらねばならないから、馬鹿を面白がることなど出来ない。
馬鹿は無資力なので、金の有りそうな責任者を探す訴訟社会が勃興したということであるが、もはや当人をスルーして、いきなり管理責任者に非難が押し寄せる。
人間はその時代背景に縛られて生きているのだが、2017年現在で言えば、馬鹿と関わらないのが求められる。
われわれはもはや個々人の道徳は気にしておらず、ただひたすら管理責任の目線で見ている。
かつて人間の言動を個々人の善悪として完結させていたのは、野放図で粗野な社会とも言えるし、このところ社会的責任という集団的観念が強くなってきたのは、社会の成熟とも言えるのだが、この価値観の根底にあるのは民事訴訟への畏怖である。
発達障害というものが障害として立ち現れてきたのも、もはや馬鹿は黒死病、もしくは、居合わせたら自爆に巻き込まれる危険性が増しており、われわれは馬鹿が自爆しないように教育したり、出来る限り距離を置いたり、ともかく爆発に巻き込まれないようにしている。
中国のような後進国でも人肉検索なるものが流行っているそうで、何か問題を起こした人間を徹底的に暴き立てる正義が台頭しているらしい。
一人っ子政策があるから、人間が簡単に死んだりするわけにはいかないのだろう。
誰しも社会的責任を玩具とし、社会的制裁を愉しむ思想警察である。
ドナルド・トランプが大統領になれたのは、今のところ有権者がコンプライアンスを問われることがないからであり、善管注意義務を放棄した上で投票できるからである。
民間のコンプライアンスが非常にうるさいので、それに対する反動が政治的に浮かび上がってきている。
もし有権者が自らの投票行動について責任を求められるとしたら、できるだけ無難な人を選ぶということになるだろう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング