Category
このところ東浩紀と津田大介の断末魔を望見しつつ思うのは、つまるところ、文化人活動と言論活動の違いである。言論活動は妨害されても止める必要はないし続行可能である。男根を切り落とされても史記は書けるし、ましてや今の日本で言論弾圧などささやかなものである。言論活動と文化人活動は似て非なるものであり、文化人活動については、ちょっとした揉め事になるとスポンサーが降りてしまうので成り立たない。抗議活動で言論を殺すことはできないが、文化人は死ぬ。文化人の講演活動などは、聴衆からの強い支持に基づいておらず、興味本位で有名人を見物するだけである。パチンコ屋の営業と大差がない。では聴衆からの強い支持となると、真っ先に宗教団体が思い浮かぶが、おそらく言論の自由の問題としては別腹であろうし、文脈が違う、もしくは対比させて扱うべきであろう。現在の話の文脈では、宗教活動と言論活動は対比的なものである。そもそも言論活動という場合に、それで生活する必要があるのかという問題があるし、対価がなくていいなら何でもできそうである。つまり東浩紀や津田大介が直面しているのは、文化人として生計を立てていくのが可能かという命題である。一銭にもならなくていいなら、日本に言論の自由はある。当然ながら儲からないとなると意欲を削がれるのが人間であるし、妻子を養う云々もあろうし、文化人活動はやりたいが、無報酬の言論の自由などに関心はないわけである。今後、東浩紀や津田大介が文化人活動を行うとなると抗議が来るかもしれないし、スポンサーが逃げることはありうる。収入源が絶たれるのを言論の封殺というのはいかがなものか、という話である。リスクが0であることを保証しないと言論活動をしない、ということかもしれないが、それならやらない方がいい。
このところ風俗スカウトが逮捕されたという報道をわりと見る。つらつらと思うに、女子は小さい頃は男子よりも利口である。これがどうして逆転するかと言うと様々な理由はあるが、風俗スカウトみたいな文脈でいうと、女子が遊びを憶えるとどうしても贅沢品の購入に関心が向くし、それを買うために風俗という話になる。男子が遊びを憶えることについては、やはり容姿に恵まれた男子はタダで遊べるし、ブサイクな男子は遊びに縁がないということになる。何にせよ、鍵となるのは「買い物中毒」である。買い物中毒は女子が陥りやすい病であり、セックスそのものに最大の関心がある男子との差である。そして遊びに縁がないブサイク男子がおっさんになってくると中途半端に金があったりして、それが風俗女子に回るのである。買い物中毒については著しい性差があると思うのだが、その原因はよくわからない。体を売って稼ぐ選択肢があるから買い物中毒に陥りやすい、、、というような分析を連ねるのも可能だが、ごく素朴に女子の業病と考えたほうがいいだろう。頭のネジが外れている風俗嬢も子供の頃は利口だったのかもしれないし、浪費の愉しさを知るまでは、本能的な社会性で行動のバランスも取れているのである。やはり女子の社会性は生まれつきの平凡さでしかないし、遊びを憶えるまではそれが特技であるとしても、いわば凡人の堕落というべきか、金銭感覚が崩壊した凡人は人間の実直さを失うので、ただ愚かさを露呈するだけの存在になってしまう。
2019.06.26

空き家問題

「空き家問題」(祥伝社新書)という本を読んだのだが、あまりにもくだらない。地域の復権という奇妙な提言がなされているが、むしろ人間と人間のつながりを完全に切り捨てて孤独に生きる権利こそが大事である。更地にすると固定資産税が跳ね上がるとか、そういう基本的な解説もなされているから読むのが無駄というわけでもないが、類書でも同様のことは書かれているので読む必要はない書物である。ともかく孤独は大事であり、まったく解消する必要はない。そして移動の自由こそが新しい権利として高らかに謳われねばならない。土地にしがみつく権利は陋習として排除されねばならない。金銭的補償や代替地の提供は必要だが、「何がなんでもここに住む」という輩を強制排除してこそ人間は自由になれる。居住地に個性はいらないし、交換可能でなければならない。住んでいる場所の名前さえ知らないほうがいい。隣人の名前を知りたくないのだから、居住地の名前を知らなくてもいいであろう。というより、世の中の趨勢は明らかに土地の匿名化に進んでおり、空き家というのは、「自分の土地」への執着が賞味期限を過ぎて膿んだ瘡痕である。人々が新築マンションに群がる理由として、一軒家のセキュリティが低いというのはまったく正しくないし、実際は、一軒家が持っている顔が嫌なのである。玄関を無防備にさらけ出して接道している醜態が疎まれている。ひとびとが求めているのはセキュリティの強化ではなく、一軒一軒の玄関に顔がない匿名状態である。都心の小綺麗なマンションならどこでもいいのであり、その利便性の高さだけが重要であり、場所へのこだわりはない。われわれが求めているのは大都市の交通機関であり、現在の電車の速度の制約からして都心から遠いと不便な現状があるだけである。個性的な邸宅を求める人間だっているだろうが、「特定の土地にしがみつく」ことだけは忌避されなければならない。居住地の無個性化という大目標を達成する妨げになるなら、その個性的な邸宅を排除するのみである。
昭和を生きていた人間なら当たり前すぎる話であるし、凡庸なエントリーになってしまうが、令和になったのを機に昭和時代を回顧するのもよかろう。昭和時代は、遠距離通勤や遠距離通学が普通であり、片道二時間も常識であった。すべてはマイホームのためであり、通勤通学の距離がドーナツ化現象で伸びていったのである。最近であれば、夢のマイホームというよりは、都心のマンションが選好されるし、通勤通学の時間の短さが優先される。この文脈で最大の問題となるのは「移動時間」であるから、時間と空間の概念がごちゃまぜになってしまうが、満員電車に二時間乗るのと10分で済むのとではストレスがまったく違うのは言うまでもない。移動時間を短くするために空間の距離を短くしたいわけである。空き家問題と限界マンションの話を見比べると、マイホームの方がマシという気はするし、マンションの修繕費の高さを考えると築年数が経過したときのコストは重いが、修繕費に無知蒙昧なひとばかりではあるまいし、老朽化したマンションの面倒な事情は踏まえた上で目先の綺羅びやかさや交通の利便性を優先している人だって少なくないはずだ。昭和時代に満員電車に揺られつつ遠距離通勤や遠距離通学が幅広く行われていたのは、人口密度への耐性もあろうし、今なら反吐が出るような人混みにも慣れていたのである。とはいえ本当に平気だったのではない。苦痛ではあるが、世の中そういうものだと思っていたわけだ。最近は人口密度という単語をさほど目にしないが、昭和の頃はかなり使用頻度が高かった。多くの人は人口密度について嘆いており、それでも遠距離通勤・遠距離通学していたのである。データを調べずに書くが、この三十年くらいで、都心の地下鉄網はかなり発達しているし、逆に、神奈川県や千葉県から都心に行くときの混雑は緩和されてない気がする。都心の地下迷宮の圏内にいたほうが、混雑は避けられる。人口密度への畏怖は昭和の人間の篋底にまだ根ざしており、二度とあの時代に戻りたくないという観念が少子化の遠因でもある。かつては耐えられたものに耐えられなくなるというのは奇妙だが、(あまりこの話題はしたくないが)最近の綺麗なトイレに慣れたら、昭和時代のトイレなどおぞましすぎて寒気がする。人口密度の低さは、いわば綺麗なトイレのようなものかもしれないし、人口密度の低さを体験してしまったらもう昔には戻れない。そもそも昭和生まれのわれわれが「日本の人口は少なくていい」と思うのは認知のゆがみであろうし、若者の人口は増えたほうがいいと考えるのが合理的なのだが、氷河期世代の経済的困窮も合わせて考えると、認知のゆがみを正したら子供をたくさん作るというわけでもあるまい。本当の最貧国なら、貧乏子だくさんという現象もあるが、氷河期世代は中途半端に教育を受けているし、人間は少ない方がいいという先進国的な結論に落ち着くのである。
人手不足だと言われるが、消費者が自ら選ぶ時代に対応できてないのだろうと思われる。消費者の求めに従って機械的に対応するのが「単純労働者」として括られて低賃金だからこそ、人手不足ということになる。消費者が自らの判断で選ぶとなると店員は機械的で低賃金だが、押し売りは商品知識が必要で賃金が高いという妙な話である。この無駄な商品知識を取り除かなければならない。変な話ではあるが、商品知識のない店員のほうが(押し売りしてこないから)消費者には望ましいのである。

では、望まれてない職業がなぜあるのかというと、まず旧態然とした法律に守られているからだし、利益構造が成功報酬型だからである。あちこちで疎まれて三振だらけでも、時たまホームランを打てばいいわけである。消費者からすると被弾と言ったほうがいいのかもしれないが、ともかく成功報酬型の職業というのは、昔なら必要悪とも言えたが、ネット時代ではかなり迷惑な存在である。

与沢翼が自分の賃貸物件の入居者をネットで募集して「これは自分の直接契約なので、仲介手数料が発生しないから安い」という趣旨のことをツイートして、実際に成約していた。反復継続して売買するとなると免許が必要とされるが、オーナー本人が賃貸する場合は現行法でも認められている。これを傍目で見て、果たして不動産屋は必要なのかと思ったわけである。「与沢翼」というのが事例としてあまりにも悪いし、間に不動産屋が入らずに与沢翼と契約するのも怖いから不動産屋は必要という話の流れになってしまいそうだが、あえて言うなら、与沢翼とも取引出来る未来というか、ネットで物件を探して条件が折り合ったら司法書士(のような類の専門家)が正式な契約書を締結するのが望ましい姿だと思うのである。不動産屋の営業は公害であるし、成約したときだけ仲介手数料が発生するので、大半の「無駄な営業」の費用を成約に至った客が支払うわけである。支払い方が偏っているため、仲介手数料が妙に高い、ということにもなる。

同じような衰退すべき産業は銀行である。これはすでにわかりきっていて、大手都市銀行は揃って採用を減らすようである。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040101299&g=eco
三菱UFJ銀行は1日、2020年4月の新卒採用人数を前年から約45%減の530人とする計画を明らかにした。三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ(FG)もそれぞれ1割、2割程度減らす。長引く超低金利で収益環境が悪化する中、ITを活用した業務の自動化が進んでいることも踏まえ採用を絞る。


人工知能の発達も踏まえてのことであろうが、銀行の営業が必要ないということもあろう。銀行員は社会的信用の象徴のようなものだし、信用という観点から言うと、朝から晩まで電話セールスしている不動産屋とは天と地の差があるはずだが、相手から売り込まれることを求めていない時代に置いては重なって見える。ネット以前だって、銀行の営業に乗っかって破滅した人がたくさんいるわけだが、ネットという選択肢がある現在では営業は本当に必要ない。営業と言っても、業者が取引先を回るのはまた違うであろうが、消費者にとっては本当に不要な存在となっている。

商品知識と言っても、結局のところ悪知恵の類であるし、相談そのものを生業としている人(成功報酬ではなく有料相談で見識を与えてくれる人)が意外といないのは、特定商品の押し売りが精一杯で、本当に深い知識のある人は稀だからである。大手都市銀行が採用を減らすのは、銀行員の中途半端な優秀さが社会的に不要なのであろうし、電話セールスをする人種が減る瑞兆だと思われる。こういう虚業が衰退して現場に人手が回ってくれれば望ましい。消費者の要望に沿って機械的に対応する労働者の賃金の安さという問題についてはなんとも言えないが、需要があるのだから変化もあるだろう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング