Category
人手不足だと言われるが、消費者が自ら選ぶ時代に対応できてないのだろうと思われる。消費者の求めに従って機械的に対応するのが「単純労働者」として括られて低賃金だからこそ、人手不足ということになる。消費者が自らの判断で選ぶとなると店員は機械的で低賃金だが、押し売りは商品知識が必要で賃金が高いという妙な話である。この無駄な商品知識を取り除かなければならない。変な話ではあるが、商品知識のない店員のほうが(押し売りしてこないから)消費者には望ましいのである。

では、望まれてない職業がなぜあるのかというと、まず旧態然とした法律に守られているからだし、利益構造が成功報酬型だからである。あちこちで疎まれて三振だらけでも、時たまホームランを打てばいいわけである。消費者からすると被弾と言ったほうがいいのかもしれないが、ともかく成功報酬型の職業というのは、昔なら必要悪とも言えたが、ネット時代ではかなり迷惑な存在である。

与沢翼が自分の賃貸物件の入居者をネットで募集して「これは自分の直接契約なので、仲介手数料が発生しないから安い」という趣旨のことをツイートして、実際に成約していた。反復継続して売買するとなると免許が必要とされるが、オーナー本人が賃貸する場合は現行法でも認められている。これを傍目で見て、果たして不動産屋は必要なのかと思ったわけである。「与沢翼」というのが事例としてあまりにも悪いし、間に不動産屋が入らずに与沢翼と契約するのも怖いから不動産屋は必要という話の流れになってしまいそうだが、あえて言うなら、与沢翼とも取引出来る未来というか、ネットで物件を探して条件が折り合ったら司法書士(のような類の専門家)が正式な契約書を締結するのが望ましい姿だと思うのである。不動産屋の営業は公害であるし、成約したときだけ仲介手数料が発生するので、大半の「無駄な営業」の費用を成約に至った客が支払うわけである。支払い方が偏っているため、仲介手数料が妙に高い、ということにもなる。

同じような衰退すべき産業は銀行である。これはすでにわかりきっていて、大手都市銀行は揃って採用を減らすようである。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040101299&g=eco
三菱UFJ銀行は1日、2020年4月の新卒採用人数を前年から約45%減の530人とする計画を明らかにした。三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ(FG)もそれぞれ1割、2割程度減らす。長引く超低金利で収益環境が悪化する中、ITを活用した業務の自動化が進んでいることも踏まえ採用を絞る。


人工知能の発達も踏まえてのことであろうが、銀行の営業が必要ないということもあろう。銀行員は社会的信用の象徴のようなものだし、信用という観点から言うと、朝から晩まで電話セールスしている不動産屋とは天と地の差があるはずだが、相手から売り込まれることを求めていない時代に置いては重なって見える。ネット以前だって、銀行の営業に乗っかって破滅した人がたくさんいるわけだが、ネットという選択肢がある現在では営業は本当に必要ない。営業と言っても、業者が取引先を回るのはまた違うであろうが、消費者にとっては本当に不要な存在となっている。

商品知識と言っても、結局のところ悪知恵の類であるし、相談そのものを生業としている人(成功報酬ではなく有料相談で見識を与えてくれる人)が意外といないのは、特定商品の押し売りが精一杯で、本当に深い知識のある人は稀だからである。大手都市銀行が採用を減らすのは、銀行員の中途半端な優秀さが社会的に不要なのであろうし、電話セールスをする人種が減る瑞兆だと思われる。こういう虚業が衰退して現場に人手が回ってくれれば望ましい。消費者の要望に沿って機械的に対応する労働者の賃金の安さという問題についてはなんとも言えないが、需要があるのだから変化もあるだろう。
自然な人の流れに抗って、ルール通りにやるのは思想犯罪者である。多くの人は、人とすれ違う時は自分の右側を空けようとしており、これは利き手の方を空けようという本能であろうが、左利きの人間だっているのだし、右利きだってその習性が強く根を張るわけではあるまい。あくまで人の流れを見た上での臨機応変である。この間も新宿駅の階段で、(普段は左側を歩く習性があるからわたしも違和感はあったのだが)進行方向の矢印がなかったので、上から降りてくる人が多いから臨機応変に手すりの右側の狭いところを登ったのである。登ったところに改札口があるのだが、朝のラッシュのときなら満員電車から一気に吐き出された雲霞の如き人の群れが改札口を通過するべく階段を埋め尽くすはずである。ラッシュでないと、改札口から降りてくる人間の方が多いこともあろう。ともかくラッシュの時間帯ではなかったので、改札口から降りてくる人の方がマジョリティとして広い方を使っていたから、わたしは狭い右側の階段を登った。そうしたら、鳩山由紀夫みたいな顔をした奴が階段の上に姿を現し、「まさかこっちに来ないだろうな」とわたしは相手の目を直視して牽制したのだが、案の定わたしの方に降りてきて、やむなくわたしが立ち止まって通してやると、すれ違いざまに「逆」と小声でつぶやいて過ぎ去っていった。その後になって、念のため、わたしはその周辺の矢印を探したのだがなかった。やはり階段の下から大量に人が迫り上がって来るのは朝のラッシュのときであろうし、それ以外だとどちらとも言えない。朝から晩まで歩き方を統一するのはナンセンスという判断だと思われる。「注意された」から逆ギレという事件がよくあるが、警察発表だと、注意した方が立派な人間だということになっている。こんなのは明らかな文飾である。何が何でも左側を歩けとか、そういう人種が他人を注意するのであり、災難である。わたしの事例で言えば、件の人物は「左側を歩く」ことだけに固執しており、ラッシュの時とそうでないときでは人の流れが違うことに気づいていない。というか、ただの嫌がらせである。ともかくそういうわけだから、注意した善人が悪人に殺されたというニュースがあっても、それは文飾であろうし、嫌がらせをしたら報復されたのが事実である。
これは何ら隠喩を含まない俗的な話なのだが、スマホやタブレットはひとつのアプリに占拠されてしまうことがある。典型的なのはゲームであり、特に「シムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)」のように「ながらプレイ」でやるものはメリハリが無いので、ずっとタブレットの画面を占拠し続けることがある。廃人になるほど血道を上げるようなゲームではないが、十年一日の如く怠惰に堕する悪魔的なゲームである。シムシティをアンインストールすればいいというもっともな意見もあろうが、(架空の他者のツッコミを思い浮かべてそれに脳内反論するのは馬鹿げているが)シムシティだけの話ではないと思われるし、他のアプリでも似たようなことはあろう。さて、何が言いたいのかというと、本来であれば、他にメインのことをやりながら、箸休めのようにシムシティをやるべきなのだが、シムシティの方が主食になってしまう倒錯である。この倒錯を糺し正常化するためには「シムシティ専用端末」を用意することになる。シムシティビルドイットは安物の端末でも動作するようになっており、iPad Pro 12.9インチでプレーしても特別に壮観というわけではなく、スマホと大差ない。もちろん大きい端末のほうが操作はしやすいし、iPadの方が多少は見映えがいいが、プレイする気力を削がれるほどの差ではない。であるから、脇役化した古い端末をシムシティ専用にあてがうことになる。それによって主戦力たる端末が自由になる、というわけだが、ここからは余談、というより、語るべき主題もなく稿を起こしたので話が転々としていくのだが、わたしの場合、本来なら主力であるはずのiPad Pro 12.9インチがエレキギター演奏の専用端末になってしまっている。もちろんエレキギターを延々と演奏しているわけではないので、ギターを弾いてないときはiPadを普通に使えばよろしかろうというのもあるが、楽器演奏や楽曲製作なら断然iPadとしても、それ以外ならAndroidの方が自由度が高くていいというのがある。iPadはカスタマイズの自由度が低いので、Androidより確実に優れている音楽関係のアプリとか、そういうところに使い方が偏ってしまう。固定レイアウトの電子書籍、もしくは自炊して電子化した書籍などはiPad Pro 12.9インチはかなり優位性があるが、だが、ちゃんと電子書籍化されていて文字を拡大出来るなら小さいディスプレイの方が読みやすかったりする。それにiPad(iPhone)は出来損ないの有料アプリが悪疫のように広まっており、息をするだけで人頭税を取られる具合である。かつてのフリーソフト文化においては、乞食ユーザーが高圧的な要求をしてくるのが日常茶飯事であっただろうし、プログラムの作者はひとびとの我欲にさぞかし辟易としたであろうが、どうやらこのところプログラム作者の方が乞食になっており、出来損ないアプリは無論のこと、優秀な有料アプリがiOSのアップデートに対応せずに放置されているのが普通であるから、この匪賊の群れは無能のインチキだけの話でもない。グーグルが立派で徳操高いというわけではなく、本業が広告代理店だからであろうし、民衆の膏血を啜る手段が異なるだけであるが、iPadの得意分野ではiPadを使い、どちらでもよければAndroidの方がいい、というのがある。Androidで有料アプリだと、いわば由緒正しき血統書付きというイメージだが、iPad(iPhone)は素性の知れない雑魚アプリでも有料だし、優秀な有料アプリも放置されることがあり、地面師と似たりよったりの連中が集う魔窟である。なんにせよ、いろいろな意味で、複数の端末があったほうが使い勝手がいいのである。無論、10台あっても10人分の作業は出来ないが、端末が複数台あって余ってしまうことはあまりないのである。
よく年末が忙しいというが、これは締切間際に思いつくタイプの人間が結構いるからである。これは多動性の問題でもあるから個人差はあるが、人間は切羽詰まるとアイデアが浮かんでくる。その閃きが優れている人もたまにはいるのだが、優れた閃きでも人間のクズがたまたま天才という話であるから褒められたものではないし、ましてや、莫迦なのに思いつきだけは百人前というのがいるから困るわけである。あるいは、年末になってようやく重い腰を上げるのは一種の常識なのかもしれない。三井住友海上の保険の代理店の奴が事前連絡もせずにいきなり年末にやってきて12月末までに書かないといけないクソみたいな書類に記入させられたのだが、それはもっと前に持ってきて然るべきものであった。これなどは莫迦というよりは、社会的な図々しさなのであろう。わたしはすでに加入しているわけだから前触れもなく飛び込み営業のような格好で来るのは理解しがたいが、たぶん他人の都合を乱して不興を買うのを厭わないのがそいつのやり方なのだろうし、塵芥のような有象無象に数撃てば当たるという営業のメンタリティなのだろうと思われる。当然ながら、12月だから普段より早めにと気を遣う徳操高き人もいるであろう。延々と放置していて年の瀬ギリギリにやってくるのは発達障害者か、もしくは図太いコミュ強か、ともかくろくなのがいない。誰もが駆け込み乗車をしたら将棋倒しで死亡者が出るに決まっているし、あらかじめ乗車している人が多いのであるが、しかし、駆け込み乗車の慌ただしさこそが人間なのかもしれないし、秩序が逸脱を作り出し、逸脱が秩序を作り出すというか、そもそも急いでないのに駆け込み乗車をしてしまうこともあるし、発車間際の風物詩として欠かせない気もする。死は平等であるが、死生観がひとによって異なるような具合である。重力のように抗えないはずの死や時間に対する考え方がひとによって異なる機微は、それぞれの顔立ちが違うように必要なのであろう。遅刻魔がいてこそ、時間というものの輪郭が浮かび上がるとも言える。とはいえ、迷惑行為であることに疑いはなく、11月にやればいいものを12月28日に言い出す面倒な輩とか、年明けで充分と思われることをなぜか切羽詰ったように12月28日に勇み足で実行して他人を煩わせるなど、切迫した慌ただしさで本性が照らし出されるのである。
Apple Pencilについて思うところを縷々と書き綴る。新型iPadに合わせて新製品(第二世代)が発売されたようで、あれこれ改善もされたようだが、アップルが新製品を出すたびに買うわけにはいかないので、あくまで旧製品について書いている。そもそも製品レビューではないし、Apple Pencilそのものについての雑考である。さて、このところフリクションボールという凶器が蔓延しているが、消えるボールペンという紛らわしさ、たとえば重要文書の改竄の恐れだけでなく、あれは推敲を否定しているから使うべきではない。原稿用紙の余白に言葉を補った経験のある世代にとって、ただ書き損じを直すだけのフリクションボールは笑止千万である。ちゃんと推敲して文章そのものを直せ、ということである。朱筆を入れる替わりに元の文字を消して書き直すことが、文明の進歩とは思えない。Apple Pencilだと書き直しが当たり前であるから、「改竄」について懸念する必要はないし、そもそも大幅な推敲ができる点でフリクションボールとは話が違う。アプリにもよるが、たとえばOneNoteでも、Apple Pencilで書いた文字を移動させたり、もしくはすでに文字が書かれている箇所に空白を挿入して、そこに書き足すこともできる。文章の一部を削除して空白が生じたら、その空白も詰めることができる。つまり余白が伸縮自在で、加筆修正できるのだ。推敲したいならテキスト入力でやればいいという話もあるだろうし、Apple Pencilで手書きするとなると、つまり画像データのようなものだから容量も大きいので、何百ページもある長文なら素のテキストのほうが適しているのは言うまでもないが、手書きに回帰しておかないと文字を忘れる一方であるし、ともかく推敲を加えた綺麗な手書きノートを作りたいなら、Apple Pencilである。デジタルで手書きするマイナス点として、他人に画面を触らせたくない、もしくは相手にそのような気を遣わせることである。Apple Pencilの使い方の模範映像などを見ると、美男美女が和気藹々とiPadの画面を囲んでなぞったりしているが、やはりタブレットやスマホの画面を他人に触られたくないという心理は誰にでもある。所詮は雑菌まみれであるが、自らの手の雑菌と他人の手の雑菌は違うというのが人間の衛生観念である。この衛生観念は虚妄とも言えるし、電車の吊り革に触れないのは強迫性障害(つまり観念の歪み)とされるわけだが、自ら馴染んでいる雑菌と他人の雑菌の違いと言えばいいのか、言語に絶する不潔な人間もいるであろうし、虚妄のように思えて虚妄ではないこともあろう。やはり他人の前にiPadを出して、そこに書き込みながら説明したりするのは、相手も遠慮するであろうし、向こうがiPadを取り出したとしても、やはりそれにベタベタ触るのはまずい。そこらの紙に殴り書きしているなら、気軽に触れるし、話のやり取りをするには安っぽい紙のほうがいいということになる。プライバシーとして自分のスマホやタブレットを他人に見せたくない感情については言うまでもない。さて、Apple Pencil的なものの今後を考えると、PDFの不自由さはいつになったら克服されるのか、ということである。PDFに自分の手書きで注釈をつけたりできるのがApple Pencilの面白さのひとつだが、やはりPDFそのものが不自由なので、意外と使い所がない。パソコンでPDFを抽出して並び替えたりする手間のほうがとても億劫である。そもそもPDFを編集するとなれば、それなりに高価なソフトが必要、もしくはたまたまパソコンにソフトがバンドルされているか、ということになる。電子上の「紙」の代表格がPDFである限り、タブレットに手書きというのは、その可能性の一部しか開き示せないのである。現状では普通の紙に油性ボールペンで書くのが望ましいという結論にもなってしまうが、手書きして推敲するのが人間知性の基本であり、フリクションボールは書き損じを訂正するだけだから反知性主義者のツールである。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング