Category
相続税は社会的格差を是正するものだとされているが、実態としては血縁関係の支配の解体である。たとえば大企業の創業者一族を退陣させるためである。創業者一族に相続税を掛けることで、そういう血縁関係の支配を除去するのである。相続税システムの帰結はサラリーマン社長による支配であると言える。

大地主を解体することも相続税の文脈のひとつであろうし、それ自体は社会的正義であるが、大企業の私有地に相続税が掛からないのはなぜかという疑問があり、やはりこれも解答としては、世襲の大地主は悪だが、サラリーマン社長の大企業は悪ではないということであろう。

創業者一族の腐敗については論を俟たないが、そのような醜い莫迦な企業は倒産させておけばいいという考えもあり得る。
だが、そういう考えは極めて少数であろうし、大企業が経営不振に陥ると政府が全力で守ることになる。倒産による混乱の回避ということだが、そのようなズルが許されるのは、世襲ではないサラリーマン社長が回している公器だからなのだろう。
あるいは大企業が相互に繋がり合って財閥めいたものになることもあるが、これにしても、血縁が背景になければ正義なのだろう。

つまり総合的に考えると、相続税とは少数者の血族支配の否定であり、交替制のサラリーマン社長が大企業を経営することを理想としているのである。
たくさん社員がいるなら、大地主が独り占めしているのとは違うわけだ。

法人税は法人を潰すためのものではないが、相続税はその対象を叩き潰すためのものである。相続税という二重課税が許されているのは刑罰だからというしかない。

相続税が掛かるのは少し前だと上位四パーセントの人間であり、現在でも僅か六パーセントである。
つまり、九十四パーセントには相続税は掛からないのである。

なぜ九十四パーセントの人間は相続税を払わなくていいのかというのは、役人の都合でもあり、普通の公務員は相続税を払わなくていいシステム、という側面もあろう。

年収一千万円くらいだと相続税は払わない、もしくは払っても微々たるものであろうから、特別な巨額報酬を貰っている超エリートは別として、ごく普通のエリート層にはなかなか都合のいい制度とも言える。
2017.11.18

人生は推理

人生は推理である。
今回わたしが考えようとしているのは「察し」とは別の話だ。

察しというのは生まれつき備わっている社会性で、言われずとも常識でわかるということである。

たとえば人払いのために用事を言いつけるような状況。察しがよければ阿吽の呼吸でわかるであろうし、察しが悪い人は本気でその用事をやりに行くであろう。あるいは「その用事ならすでに片付けました」とか言って、その場から動かないかもしれない。こういう鈍感な人間は、察しのいい人間からつつかれるか、もしくは「二人だけで話したいので君はもういいよ」とはっきり言われるかもしれない。

さて、ここからが本題なのだが、今回はそういう察しの話ではない。察しのいい人は社会性があるだけであり、超能力者ではないからだ。遠回しに言われたことなら察することができても、本当に隠されていることは透視できない。

推理小説というのがこの世にあるのも、おそらく真相の判明にはタイムラグがあるからである。あとからいろいろと断片を繋ぎ合わせてようやく行間が見えてくる。ちょっとした新事実が何年も前の出来事と繋がり、真相に気づくこともある。

あるいは何らかの問題が発生するとわれわれは積極的に調査を行うわけである。これも一日や二日で判明するとは限らないし、何ヶ月も調べてようやく背景が見えてくることもある。新事実が途中からふいに出てきて、今までの出来事の裏側がわかることもある。

推理小説ではカタルシスを与えるため殺人という最高の犯罪の犯人探しをするのが定番だが、われわれの人生では殺人に限らず、日々発生する俗的なトラブルのたびに犯人探しは行われ、真相がわかったり、灰色決着で終わらせたり、モラルの問題として誰かが人身御供になることもある。

この世の中の原則として、ゲームが終了してお互いの手札を見せ合うことはない。時たま老人が「もう時効だろう」と前置きして半世紀前の話を率直に公開することもあるが、そうやって手札を見せるのが例外であるのも確かだ。たいてい手札は流してしまってるから、真相は永遠に不明になったりする。

人間が歴史的存在であるのも、このような推理構造が背景にある。理屈で解けるパズルではないので、天才が瞬間的に解くわけにはいかない。証拠としての事実が集まる、もしくはふとした偶然で新事実がわかるまで、時間の経過が必要である。たとえば自分の人生についても、なんらかの新事実が判明して、過去に回想を巡らせながら「あの時のあれはああいうことだったのか」と裏の意味に気づくのもよくある。もちろん何も知らずに嘘を信じて死んでいくことも多々ある。

われわれは事実そのものを生きているのだが、その事実を丸裸にして生きている人はいない。良くも悪くもプライバシーの権利はある。だから、われわれは他者の事実から隔離されている。事実を知るのは本人や関係者のみであり、それをわれわれ他人が知るかどうかはわからない。たとえば不仲が噂される夫婦が本当に離婚したら、ああやっぱりと事実として確定するが、そうでなければよくわからないのである。事実関係を調査しつつ、真相がわかったりわからなかったりするのが人間社会なのである。

人間は事実存在であるが、それを世間に知られたくない恥の感覚がある。この事実と恥の匙加減は、あらかじめ脳内に組み込まれているのであろうから、われわれはゲームの駒として、その感覚に従うしかないのだ。このところ個人のプライバシーへの意識は強まっているが、これはイエから核家族に変わったからであろうし、人間の本質が変わったわけではない。情報が開示されるかどうかはそれぞれの時代によるし、この社会力学も、代わり映えしない人間的なせめぎ合いなのである。
やはり学校というシステムが普及しているのは「選んでない相手」と仲間になるのが人間の本質だからであろう。そもそも家族を選んでいるわけではないのだから、クラスメートも同じ話というだけだ。おそらく自分で選ぶというのは変な話であり、血縁もないのに兄弟や姉妹を名乗る疑似家族はヤクザの世界で頻繁に見られるものである。たいていの人はヤクザではないから疑似兄弟や疑似姉妹は作らない。配偶者を選ぶのは自由選択だが、いずれ子供ができれば、選んだ覚えがない家族関係が出来上がる。

ともかく人間関係を選べない、もしくは選ばないのが人間社会の本質なのである。同じ集団に帰属していても、誰かを避けたりすることもあるが、そうやって避けるのもコミュニケーションのひとつであり、もしくは逃げようがないこともあり、あるいは逆に悪意をもってハブることもあるわけだ。

こうやってインターネットが普及しても「疑似家族」までいかないし、SNSもリアルの関係の延長なのは、それなりの理由があるのだろう。ごく普通に共通の趣味などの取っ掛かりで、ネットでリア友を作る人もいるが、わりと少数派であるし、そもそも現実の附録という程度の付き合いであろう。

なぜヤクザしか疑似家族を作らないのかというと、信頼があるからには、それを裏切ったときの処罰が必要であり、その血腥い結末まで考えると、やはりヤクザ的発想となるのだ。

家族とかクラスメートは、つまり、合法組織への帰属であり、法的な信頼性があるということもできる。個々人の信頼の積み重ねではなく、社会組織そのものへの信用である。そのような義務的な縛りのない人間関係をわれわれはさほど望んでないのである。現実の人間に対して「選んだつもりはない」と嘆いたりするが、ネットで募集して自由に選んだら理想世界になるわけでもないのだ。ヤクザのリンチと一般人のパワハラにさほど径庭があるとは思えないが、日本刀や拳銃を持ち出すよりは穏当なのであろう。だからわれわれは法の支配に基づいた組織に帰依することを望んでいる。

普通の人がとりあえず合法的な組織を立ち上げるとなると会社設立というものがあるし、たとえば西村博之さんと山本一郎さんという聖人は、ネットで出会って一緒に会社を作ったわけである。一時期は一緒に住んでいたし、これはやはり、お二人が徳操の高い貴人であり、釈迦とキリストが握手した格好だからである。西村博之さんや山本一郎さんのように高潔で立派な人格者だけとは限らないから、ネットでよく知らない人とは関わりたくないとわれわれは考えており、愚痴を言いながらも、現実のしがらみに縛られることを不承不承認めているのである。
わたしはこのところはるかぜ親子の観察をかなり懈怠しているから、あくまでわかりやすい事例として引き合いに出すのだが、自分が間違っていても言い返す人間がいるわけである。はるかぜババアはその典型だが、このババアだけの問題ではない。

素朴な喩え話をしてみるが、たとえばどこかに電車で行こうとしている人がいたとする。それを端から見て「タクシーの方がいい」という合理的な説明をしたとする。複数人で乗れば意外と高くないとか、電車だと遠回りでもタクシーなら近いということだってある。あるいは重い荷物の持ち運びを伴うなら、タクシーの方がいいことは時たまある。
この場合でも「電車の方がいい」と言い返す人間がいるわけである。「その重い荷物はどうするんだ」と言っても、「これくらい軽い」と言い張ったりするわけだ。
あくまで喩え話だから、電車とタクシーの比較論がしたいわけではない。たいていは電車の方が便利であるから、タクシーを頻繁に使うのは阿呆である。時たまタクシーの方が便利だというのがあり、そこが盲点になりがちだから喩えとして言ってるのだ。盲点を指摘されたときに「なるほど」と他人のアイデアを採用する柔軟性の問題である。

何でもかんでも言い返す病気に感染している人がおり、これはたいてい生涯通してまとわりつく痼疾である。
はるかぜババアは頭が悪すぎるので、言い返す内容に無理がありすぎるから欠点として顕著になるが、もう少し頭が回れば別の意味で厄介ということもある。

一言で言えば気性が激しい人間ということになるが、「言い返す」という行動が、マウント的に合理的であることもある。DQNであれば自分が阿呆なのを承知でクソみたいな言い返しをすることもあるだろうし、それでマウントが取れることもあるわけだ。猿知恵とはいえかなり強力である。人生で得をするための合理的行動とも言える。

こういう人が破滅するとしたら、やたらと反発する行動法則が、不合理な選択の累積となって跳ね返るからである。
無茶な言い返しをすること自体はマウント的に強いと言えるが、それを無茶な行動に繋げると、ツケが回ってくる。
だから無茶な言い返しはしても、現実に無茶はやらないというのが利口なのだろう。
そういう人物というと津田大介が思い浮かぶ。あの人間モドキは亀田一家のような言い返しをするのだが、その無茶な発言を行動に移すことはない。支離滅裂な言い返しで相手をマウントしつつも、その勢いで現実に無茶な暴走行為をして破滅するようなことはない。行動そのものは至って凡庸であり、危険人物と言われることもないわけだ。人間モドキが人間の女を何千人も抱いたり、われわれの通貨を溜め込んで遊蕩してみせるのだから、すごいといえばすごいのだろう。
視野の広さはかなり先天的なものだから、訓練で劇的に向上することはない。
訓練の仕方を提案する人はいるし、わずかの改善ならあるとしても、鈍足が韋駄天にはなるまい。
ロンブーや津田大介のように、瞬間的に全体把握する野生の勘を身につけるのは無理である。
だが、瞬間的ではなく、時間を掛ければ全体をよく観ることは可能である。
要するに椅子取りゲームのように競い合う感じだと、ロンブーや津田のチンコがマンコに漏れ無く挿さっていて、立ち遅れた人間はどうにもならない。
だが、そういう時間制限がある場合ばかりではない。
ごく普通に周辺を見る場合は、時間を掛けていいこともあるのである。
落ち着いて、できるだけ全体をよく見ることはできる。
マンコと当意即妙のやり取りをするとなると、瞬時に読み取る野生の勘が必要なのだが、それだけの話である。
長考しても構わない、もしくは長考することで思索が深まることもある。
じっくり見渡しながら、いろんなことに気づいていくことは、視野の狭い人間でも可能である。
津田大介やロンブーは注意欠陥ではないから、発達障害的に上の空になることはないが、知能指数が低いから理詰めで長考することなど出来ないし、すぐに息切れする。
やたらと目端が利くかと思えば、所詮は知能指数100未満の猿知恵ということが多々あるのだ。
われわれは野人ではなくて人間なのだから、時間を掛けてじっくりと全体を見ればいいだけである。
これだとマンコには対応できないし、やはり瞬間的な全体把握こそが、津田やロンブーのようなビクトリーロードを歩むための武器なのだろうが、とはいえ、時間を掛けてじっくりと観察するのがまったくの無価値というわけではあるまい。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング