Category
2018.09.23

肉体と点

宇宙や地球のスケールで考える時に肉体を点と表現したくなるが、果たしてそれは正しいのか、という問題。「幅」があるからこそ空間であり、点はあくまで概念である。われわれの肉体は「幅」があるので点ではない。頭と手と足は繋がりながらも幅があり、同一の点には帰し得ない。地球という空間において人間の位置を示す場合に点として示すのは妥当であろうが、三畳間に一人の人間が住むとなれば、肉体は「幅」、つまり面積として捉えなければならない。ここからさらに筆を伸ばすとわたしの能力では心もとないが、やはり肉体には幅があり、これを広大な空間に比して考える時には点で略しているのである。われわれ人間は多細胞生物であるが、頭部や手足まとめて「ひとつ」なわけである。右手と左手と右足と左足がそれぞれ異次元ということはない。その一体感のある肉体を使いながら、歩いたり走ったり、狭苦しい三畳間で手足を折りたたんで寝込んだり、幅のある空間を体験しているのである。ではわれわれの体感が空間そのものかと言うと違うであろうし、たとえば重力を「重い」と感じるのは身体の感覚表現であり、いわば信号の色のようなルールというか、そこに必然性はない。肉体感覚で感じ取っている空間と、空間自体は同じではない。では空間自体とはなんぞやというと、これも謎である。空間現象だけがあり、空間は情報にしか過ぎない、ということも可能だ。ゲームでマップを動き回って、その座標の風景が描画されるような具合である。とはいえ、肉体がある状態で思考している限りは、連続的な「幅」がある空間に疑念を差し挟むのは難しい。
どうやらわれわれの時間の分母は平均寿命であるらしい。80歳まで生きれば円満に死んだという風情であり、つまるところ80歳まで生きることで命の持ち分を使いきっているから、もはや死という悪魔が生命の膏血を啜る余地がない。平均寿命まで生きてくれると、端から見ているわれわれも、ごく自然に他人の死を受け入れられるのである。事故や自殺で若くして死ぬとなると、爺さん婆さんの恬淡とした葬式とは対照的に、痛切なものはある。赤の他人が死んで本当に悲しいかという疑問もあるし、いわばお悔やみを見せる芸として葬儀で嘘泣きして一芝居打つところもあろうが、やはり若者の死は特別なのである。われわれはロマン主義者としての側面もあるから、そのような悲劇的な死を望んでいる部分もあり、興味本位か美学か、非日常的な大文字の死に惹かれている。われわれは家族というイデオロギーを集団安全保障として守りながら生きており、家族が勝手に死んで人生設計が狂うことを防ぐためのプロパガンダを垂れ流しているのだが、命が干からびる前に死ぬという浪漫に憧れることもある。われわれの存在は社会そのものであるから、社会に義絶状を送りつけることはできない。楼上から無疵のまま地上を眺めやりたいと言っているのではなく、このディストピアで繰り広げられる地獄草紙における自らの生命を、平均寿命という分母で割って小皿に取り分けるのではなく、赫奕たる現在性に投じる刹那的な破滅性を求めているのだが、たいていは俗世間の論理に投降するしかないのである。自ら好んで生命を危険に晒しているアウトローでも親不孝という負い目はあるのだが、親不孝とは自分の親に対する感情というよりは、世間に顔向けできないということなのだ。親に申し訳ないと言いながら、本当は世間に対して申し訳ないのである。恋人は世間ではないが、親は世間である。われわれは他人の親を自分の親に準ずる存在と見なしているし、もしくは、他人の母親がわれわれを息子のように扱うこともある。これが恋人であればそういうシンボル性を投影していくことはない。何が言いたいのかというと、われわれはそこらのおばさんとも母子関係を模倣しているのであり、この母性こそがわれわれを社会に縛り付けている。もちろん父性にしても、近年は廃れつつあるが、赤の他人を息子のように扱って面倒を見るのも昔はよくあった。恋人の排他性についても、結婚して家族を作るとなれば、やはり父や母のシンボル性に蝕まれていく。三島由紀夫は東大安田講堂で全共闘と対話したときに夭折の美学について問われ、「太宰さんみたいに一緒に死んでくれる女性でもいればいいのですが」と軽口を飛ばしていたが、結局は楯の会にそれを見出したのであろうし、その紐帯は社会のノルマを超越したからこそ割腹自殺したのである。こういう世間全体への親不孝はなかなかできないことである。
「わたしを信用出来ないですか」と言ってくる人に時たま出くわす。
なぜか異常者ではなく、正常人なのである。
つい最近だと、ほとんど初対面の営業マンの人から「わたしを信用出来ないのであれば」と言われたり、はじめての歯医者でインプラントを薦められて「わたしを信用できませんか」と言われたりとか、要するに押しが強い営業の手法なのである。
イエス・ノーで答えるとすれば「信用できません」と答えるしかないが、面と向かってそんなことは言えないので、「信用できる」と答えてしまうお人好しだっているわけである。
もちろん1か0かで答えられる話ではないから、こんな阿呆な問いかけに答える必要はないし、相手もキチガイではないから、こちらの沈黙で理解するであろうし、「初対面の人からそんなことを言われても判断できません」と明確な言葉で説明する必要もあるまい。
つまるところ、たぶん他人を信用しないのは嫌な人間という前提があり、ちょっと押しの強い人が、相手のお人好しを狙って「わたしを信用できませんか」とイエス・ノーを迫るのだが、こちらとしてはきっぱりと断れるかどうかが重要である。
当然ながら断ると雰囲気が悪くなるし、こちらが悪者であるかのようだが、相手としてもそれが一種の脅しなのであるし、それがどうしたということである。
ともかくこれは正常なのである。
あるいは、言葉の定義の問題でもあるが、モラルの低さは異常性ではない。必要もないのにインプラントを薦める歯医者は決して立派ではないしモラルも低いが、正常だというしかないのである。
では異常なのは何かと言うと、たとえば恋愛ストーカーであろうし、強引である点では同じであるのだが、やはり好意というのは危険すぎるのである。
好意というものの実態は、土足で上がり込んでタダ飯を食らうような狙いだから、幼児が親に甘えるようなもので、無償の愛を求めているのだからイノセントとも言えるのだが、端から見ればただの寄生虫である。
押しの強い営業(悪意)は正常だが、恋愛ストーカー(善意)は異常だと言うしかない。
押しの強い人は善意ではないから、決して褒められたものではないが、こちらが毅然と断ればそれで済む。
善意を断るのはとてもむずかしいのでかなり厄介ということなのである。
こうやって考えると、こちらがどれだけ断っても食いついてくるのを異常性とみなしているのかもしれない。
明らかにひどい目に遭っているのに「人のせいにするな」と言われることがある。口癖なのだろうし、麻生太郎の口が勝手に動いているのと変わりないだろうが、だいたいは誰かが泣き言を訴えた時に、それを却下する台詞なのである。つまり、客観的に審理した上で、どちらに責任があるか所見を述べているのではなく、泣き言を門前払いしているのである。そもそも人間関係は自治の問題なので、他人の自治権を侵害出来ない。他人から干渉されない自治空間が自由を生み出すのである。だから部外者が関わる筋合いはないという感覚があり、そういう圏外から泣きつかれたら「人のせいにするな」という言い回しになるのである。たとえばわれわれが有村悠さんの家庭を実況見分してママンと有村悠さんの責任の度合いを審判するわけにはいかない。人間関係はひとつの独立国家であり、赤の他人が境界線を超えて内政干渉はできない。そして難民を受け入れる義理もないのである。有村悠さんには御自分で新天地を探してもらうしかないのであり、われわれの家に食客として居候させるわけにはいかない。家賃がタダみたいなボロアパートもあるだろうから、人道的な配慮をする必要もない。あるいは最低限の生活さえ覚束なければ生活保護という救済手段があるので、飢えて痩せさらばえて眼窩がくぼんだ人間にパンを与えない無慈悲とは違うし、生命の危機ではないので、われわれは人生にあぶれた人間を見捨てることに痛痒を感じない。ともかく「人のせいにするな」というのは自治権の尊重であり、こちらが境界線を超えて助ける権利も義務もないのである。プライベートな揉め事で警察が来ないことに不満を持つ人がいるが、日常的な行動をいちいち警察に監視されたら、それはそれで困る。普段から自治の利益を享受しているのだから、都合が悪くなった時だけ難民を気取るのはよくないのだろう。ここまでは親子関係を念頭に置いて話してきたが、他のことについても人間関係は密室であるし、パワハラの張本人が図々しく「人のせいにするな」と言うこともあろうが、これも自治権(自治会の権力)なのである。自治はユートピアではない。人間関係は本質的に自治会だから致し方ない。時としてわれわれは密室のような人間関係の息苦しさから脱したいと願うが、自治権を享受している側面もあるから御都合主義で社会原理を変更するわけにはいかない。自治権と自由は類語でありつつも重ならない箇所が多々あるし、自治が自由を喰らうというか、自由という目的が放ったらかしで独裁者の意のままということもあろうが、自分が不遇のときだけ国境線の向こうに助けを求めるのはよくないのであろう。有村悠さんにしてもママンの過保護から利益を受けているのだから、損失の部分だけどうにかしろと言われても困るのである。過保護の利益を捨てたらダメージが回復するわけではないので、腐敗した利益にしがみつくこともあろうが、ともかく自治だから仕方ない。無論、度を越した家庭内暴力には行政が対応するし、パワハラだって深刻さを極めれば刑事事件になり得るし、そういう重大案件については行政が粛々と対処するので、一人の人間として人道的な手助けをしなくてもよい仕組みになっている。
黒柳徹子は発達障害者がうまく受け入れられた事例であるが、腹黒くないイノセントな人物という立ち位置を得たのであろう。発達障害者の生存戦略として「悪気がない」ひょうきん者という生き方があるが、黒柳徹子はそのパターンである。これは昭和時代であれば普通のことであり、変わり者がそれを治すよりは、目立ちたがり屋の人気者を目指したわけである。面白い人気者になろうとしてつまらないことを繰り返す失敗例も多々あろうが、バカが許される時代でもあったのである。また「悪気がない」ことへの肯定的な評価は神経症の時代という背景もあった。いろいろと魂胆があるような計算高い世渡り上手は好かれなかったのである。人間の魂胆というのは、あるといえばあるし、無いといえば無いものである。魂胆というのはたいてい実現しない。実行の初期段階で頓挫することを未遂と呼ぶなら、その未遂にすら至らないのが大半である。どれだけ邪悪なことを考えていたとしても、考えただけであれば現実世界に血痕を残していないはずだが、神経症的な価値判断としては、頭の中で悪事を企んだだけで汚らわしいとなる。今の世の中だと内面より現実の言動が重視される。そもそも自分自身でさえ、自らの魂胆についてどれだけ本気なのか判然としないのである。内面を神経症的に思想調査するよりは、言動をきちんとした方が適切なのである。コンプライアンス社会では、目立ちたがり屋への風当たりが強いし、天然キャラは好まれない。阿呆が勝手に事故死することさえ赦されない。スポンサーがうんたらで誰かが管理責任を問われるのだし、ロックスターという存在そのものが危殆に瀕している。悪気がないという理由で変人が愛されるというパターンはなくなったのである。黒柳徹子については、すでに社会的立場を築いているし、大金持ちだからこれ以上の金銭は必要ないであろうし、つまり金持ちは銀行強盗をしないというか、大企業の正社員と同じ意味で信用はあるが、もし黒柳徹子に社会的立場がないとすれば、いきなり変なことを思いつきそうで怖いし、素っ頓狂な奇声を出す危険なババアとして敬遠されることになろう。頭のネジが抜けている人間が、笑われる側から笑わせる側へクラスチェンジしようという試みは、以前なら愉しんで見てくれるギャラリーもいたが、もはや挙動不審者の芸を楽しむ時代ではない。今日の価値観に照らすとそもそも悪気がないというのは、狡猾ではないという程度の意であり、軽率の誹りは免れない。浮世離れしていて損得勘定がないような天然気質は、かつては善良さと見做されたが、社会全体のコンプライアンスの向上の中で、だんだん悪人のカテゴリーに入ってくるようになった。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング