Archive
はてなダイアリーが衰退したのはいろんな理由があるが、そのうちのひとつは、はてなが文化として持っていた辛口批評的なものが日本人のマジョリティーから求められなかったということだ。マジョリティーに求められなくてもニッチなところで生き残ればいいんだけど、近藤が無能だからそういう道を示すことが出来なかった。もはや誰も辛口批評など出来ない。そんなことをする場はないのだ。近藤がはてなダイアリーを活かしていればよかったが、彼は残念なことにはてな匿名ダイアリーの方を優先した。はてな匿名ダイアリーは要は2ちゃんねると同じで、「普段では言えないこと」を名無しさんで書くというスタンスである。普段言えないこととは何かというと辛口な意見である。日本ではこれが言えないのだ。はてなダイアリーではそういう辛辣な批評を個人でやろうという人がいたが、はてな匿名ダイアリーに潰されたわけで、近藤の無能さにあきれると同時にとても残念なことだ。
2ちゃんねるを喜んで見ている人間でも、まとめブログには激怒したりするのである。2ちゃんねるの辛口な部分が匿名の曖昧さを抜けて「サイト」という形で明示されると不快感を持たれる。まとめブログが嫌われるのはアフィの問題ではなく、辛辣なスタンスが気にくわないからである。出る杭は打たれるというが、そういうことなのだろう。もちろんアフィで儲かる限りは悪評があっても続けるわけで、実際すごい繁栄しているわけだが、アフィ無しだったらとてもではないが、こんなことは出来ないだろう。
たとえばAppbankなどはいかにも日本的なサイトだと思う。ステマではないんだろうが、ステマと言いたくなるようなスタンスの記事が多い。つまり、海外ならもっと辛辣な記事が多いはずなのに、日本だから「応援ブログ」というスタンスを取っているのだ。そしてその姿勢は正しくてAppbankは成功しているのである。こうやって「応援ブログ」の方向にいかないと受け入れられないというのが日本人の限界なのだろう。
この景気の悪い昨今だと、日本にもスティーブジョブズのような人間がいてくれたら、なんて妄言を吐く人間がいるのだが、仮にいても日本社会では潰されて終わりである。個として屹立しようという姿勢だけで、それは叩き潰す対象なのである。このあたりは大統領制が存在する国と存在しない国の差でもある。日本人はリーダーシップを求めていない。個人の尖った意見など求めていない。だから「応援ブログ」に辿り着くしかないし、Appbankはアップルというアメリカの会社を一生懸命応援しているのだ。リーダーシップがなくても経済成長しうるというのは、昭和の日本の高度経済成長が証明しているが、もはや日本人は集団として経済への意欲を失っている。協調性が手段ではなく目的になってしまった。コミュニケーション能力という言葉が流行り、それだけが抽出され、集団として何の情熱も持たなくていいという最適解に落ち着いた段階でソニーとパナソニックは死んだのだ。コミュニケーション能力という言葉は、協調性と同一ではない。コミュニケーション能力という言葉が流行り出してから、キャハハウフフすることが目的になった。ソニーが駄目なのもキャハハウフフしてるだけで、集団でスクラムを組んで経済を押し上げていく協調性を失ったからだ。
topic-20130129_1.png

このブログはどうせロンブー並の知能の馬鹿しか読んでないので適当に書くが、昔のブラウザはポップアップブロックの機能がなかった。IEでポップアップ広告をブロックする機能が付いたのは2004年あたりだったと思う。そういう仕様の変更で広告の在り方が変わったり駄目になったりするわけだ。
グーグルがAndroidを普及させようと躍起になっているのは、グーグルアドセンスを表示させたいからである。仮にスマホのすべてがiPhoneになりiOSが広告排除に動き出したら、グーグルアドセンスは壊滅的な被害を被る。だからグーグルはAndroidをやるのである。アドセンスを表示するためのOS、それがAndroidだ。
実際、先日のiOS6.1のバージョンで広告を排除していこうという試みがなされた。今回はあくまで広告識別子を利用した広告だけだが、たぶん今後さらに広告をブロックする機能は追加される。スマホで見るとベタベタ広告が貼ってあるという現在の状況からはいずれ解放される。それでもAndroidだけはグーグルアドセンスを表示し続けるだろう。iOSが広告の一切をブロックするような仕様になっても、Androidでは表示される。そう考えると、グーグルは先見の明があると言える。日本みたいにやたらとiPhoneユーザーが多いという国はあるが、世界的にはAndroid優勢である。またしてもグーグルが勝利したのである。
宮台真司はテレクラで300人とやったが、全員18歳以上だったということらしい。ネトランライターの津田大介はWinnyでファイル交換しまくったが全部ポエムだったらしい。西村博之は匿名掲示板を運営したが、すべてが素晴らしい有益な書き込みだったらしい。
この世の中、悪の華が栄えに栄えて、そろそろどうにもならなくなるというところで警察は重い腰を上げる。何らかの不道徳なものが誕生してから、それが規制されるまでに十年はかかる。人間はとても短い寿命を生きており、なおかつ本当にアクティブに動けるのなんて数十年くらいだ。そこでやりたいようにやり尽くせばいいらしい。後は知らぬ存ぜずで、誰も信じないような弁解をピーチクパーチク囀っていれば、それでいいらしい。

かつてアンダーグラウンドで戦々恐々としながら行われていた違法ファイルの交換が、津田大介とネットランナーのおかげでとてもカジュアルなものとなり普及した。
やがて時代は過ぎて、いつのまにか津田のようなゴミが文化人としてテレビに出るという悪夢な現実になったが、ようやくネトラン的な文化を取り締まろうという動きがスタートしている。悪人が逃げ切った後で法律を作るといういつものパターンである。


soumup2p.jpg

これははじめての試みではないが、総務省が警告文を放流するらしい。ファイル名は津田がダウンしたいような違法なものだが、中を開けると警告文が出てくるという格好である。これ自体はとても無意味なものに思える。とても空虚な叫びだ。だが、違法ダウンロードの刑事罰化に関しては、事前に警告を行うというのが指針となっているため、今回の警告文の放流にしても、事前の警告の一貫なのだろう。警告はしましたよ、ということだ。
昨日ITmediaがこんなゴミ記事を出していた。


誠 Biz.ID:個人サイト管理人の「目」:「虚構新聞」らが“ネットで光る”ワケ 人気サイトの共通点を探る (1/3)



「虚構新聞」「絵文録ことのは」「まなめはうす」「ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ」

いずれもゴミである。

まず、まなめはうすは以前わたしをdisったことがある。アクセスがあるからいい気になってるようだ。


あとさらしる。
ネット歴10年あるような人なら知ってるだろうが、昔ベルトーチカというサイトがあった。
管理者は女性である。
オフ会でさらしるがベルトーチカの胸を揉んだので大騒ぎになった。
それでさらしるが落ち込んだということでお仲間から同情のエントリーを書かれていた。
ゴミ同士で傷をなめ合っているよい事例というか、さらしるから貰えるアクセスが余程うまいんだろう。
実は、さらしるはこの事件の前からセクハラ魔として知られていた。
彼のサイトのタイトルの「もみゅもみゅ」はオフ会で女の胸を揉んだ自慢(開き直り)として付けられてる。


そして虚構新聞。
なんつーか単なるデマサイトだろ。
2ちゃんねるでこいつがスレ立てて宣伝してるとまでは断言しないが、ともかく2ちゃんで釣るためのサイトだ。
京都新聞と見間違えるようなデザインやドメインにしておきながら「嘘は嘘と見抜けるリテラシーが必要」とかアホかよ。


松永英明については恐くて書けない。
日本で一番こわいとされる宗教団体に所属していた。
あの団体に言及しろというのが無理だぜ。
たぶん「どうぶつの森」をクソゲーだと言ってもたいして問題にはなるまい。スルーされるだけである。本気で噛みついてくる人間はいない。だがゴミみたいなコンテンツをゴミと言うのは危険である。地の果てまで追ってくる。「ネガキャンしやがって」と末代まで呪い続ける。
やらおんがアクセスを伸ばしたのは、こういう馬鹿を煽りまくったからだし、あまりに煽りすぎて転載禁止になった。ガンダムAGEがいくらつまらなくても、「このアニメはゴミ」というまとめをしたら非常に極一部の信者が激怒する。彼らも真実はわかっており、ガンダムAGEがゴミなのは知っているが、低学歴が低学歴と言われて怒髪天を突くような状態である。本当のことを言ってしまうのはやばい。
どうぶつの森のような偏差値の高いコンテンツに対してはネガティブなことを書いても大丈夫だが、ガンダムAGEのような偏差値の低いコンテンツは慎重に扱わなければならない。

そもそもネガティブキャンペーンとはどういう意味なのだろうか。

デジタル大辞泉ではこのような定義がなされている。
ネガティブアドなどをからめて行う、選挙のライバル候補や他社商品に対する徹底的な誹謗(ひぼう)・中傷キャンペーン。ネガキャン。



ニコニコ大百科という馬鹿専用のサイトではこんな説明。
『ネガティブ・キャンペーン』とは、否定的な情報を流して中立派・情報弱者を誘導させる戦法の一つである。


どうやらニュートラルには使われてない言葉のようである。
本来評価されるべきものを強引に誹謗中傷している、という価値判断を含む効果だ。

ガンダムAGEみたいな世紀の大傑作をあいつ無理矢理ネガキャンしやがって。。。。

こういう使い方だろう。

話者の主観だけで語れるのだから、もはやまともなワーディングとは言えない。

何にせよ、間違ったことを正しいと主張する人間ほど粘着性のあるものはなく、その怒りは果てしない。
なおかつロンブー並みの判断力しかないので、説得も無効である。

だったらどうすればいいのか。

はいはい。

ガンダムAGEはおまえの言う通り世紀の大傑作だよ。

強引に駄作だとネガキャンして申し訳ありませんでした!
Something Orangeという結構有名なオタク系サイトがある。ここの管理人にまったく興味はないが、いろんな作品を次々消費するアクティブさはすごいと思う。普通ならオタクを気取っていても結構漫画読むの面倒だったり、ラノベなんか積みまくったりアニメは録画して終わりだったりするものだ。ここの管理人はそういうことがなく本当に漫画とか好きなんだなあ、というのが以前五分くらい斜め読みした感想。


さて、そのSomething OrangeをやってるKaienという人物だが、最近はブロマガに進出していた。
アクセス数がウハウハだったらしく、こんな浮かれたツイートをしていた。

http://twitter.com/kaien/status/273198323576471552
過去1週間のPVが10万超えていました。有料記事ばっかりで半分しか読めないのに。

http://twitter.com/kaien/status/273312374507859968
ニコニコブロマガランキング5位! ハックルさんを抜いたぞ! やったー!

http://twitter.com/kaien/status/273315157680197632
ブロマガの「アニメ・漫画・ゲーム」の項目にいま290本くらい記事があるんですが、
そのうち170本はぼくが書いているはずです(笑)。いいのか。

http://twitter.com/kaien/status/273322481060806656
一応、ハックルさんだけでなく、夏野剛さんと岡田斗司夫さんも抜いています。
いや、純粋なシロウトとしては相当がんばったと思うので、けっこう自慢しても
いいんじゃないかなと思うんだけれど。どうなんだろ。


しかし、ブロマガが一般ユーザーにも開放されたのを契機に大幅なアクセスダウンがあったそうだ。

http://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar68166
オワタ! まさにオワタ! 何が終わったかってぼくのブロマガが終わった。いや、内容的には何も変わっていないし、これからも粛々と続けていくつもりなんだけれど、アクセス数的にはほぼ壊滅状態。ここ数日のアクセスはそれ以前の数十分の一にまで減っています。
まあ、ここ何日かは記事の中身もいまひとつぴりっとしなかったんだけれど(自覚はしているんだ)、それにしてもアクセス少なくなりすぎ。
もちろん原因ははっきりしていて、ユーザーブロマガが始まったからですね。大量のユーザーがランキングに流れ込んできたことによっていままでランキングを独占していた著名人枠のブロマガが埋没したということでしょう。

なんかよく知らんけど、大手がアクセス下がったということなのでメシウマ。
同じことを何度言われてもやり続けるというのは、ロンブー的というよりはアスペ的なんだろう。実際はてなユーザーはロンブー的ではないと思う。なんというか、中途半端に知識がある人間というか、平凡な頭脳なのに薄っぺらい知識欲があってゴミのようなノウハウを溜め込んでいる。まるではてなの社員みたいだ。

はてなブックマークで300くらいブクマされている記事があったんで、中身を見たら、その薄さに愕然とした。

http://webmania.hatenablog.com/entry/2013/01/27/175403

よくある大手サイトを並べて一言コメントを付けているだけである。
よくこんなのブクマしたな。
おまえらは何のために「はてブ」してるんだ?
四六時中はてブしてるんだから、こんな有名サイトくらいご存じのはずだろう。

はてなが駄目なのは、近藤の妻が夫のイエスマンだからだとわたしは考えている。もちろん他人の家庭のことなど知る由もない。伊藤直也のプライベートな事情を超能力で探知している真性引き篭もりのような異能もないから、愚にも付かない想像しか出来ない。ただはてなのバランス感覚の悪さは、近藤の思いつきが修正されないまま実行されている怖さだと思う。現実感覚のある妻が付いていれば、視野の狭い旦那を制御出来る。世間の人がよく佐々木健介夫妻を理想的だと言ったりするのは、妻が夫のイエスマンではないからである。地に足の付いた妻が夫をうまく制御出来ているから、こういう家庭が望ましいと感じるわけだ。たぶんはてな近藤夫妻は正反対だ。視野の狭い近藤がアメリカに行ったり東京に行ったり京都に戻ったり、そういうのに後ろから黙って付いていく妻。それがわたしの心証である。
はてなブックマークが明らかな糞デザインになったのも、デザインにうるさい女性ならダメ出しするだろう。しかし近藤の妻はダメ出ししない。夫が「これだ」と言ったら「そうです」と言うから、今のような素人臭いデザインになってしまったのだ。
話が脱線してしまったが、直すのも面倒だし、このままアップしておく。
あまり経緯がよくわからないのだが、まずテンプレで

>■アフィリエイトブログへの転載は禁止です

となった。

その後にエキドナ速報という零細パズドラまとめブログの管理人が降臨。


http://hissi.org/read.php/iPhone/20130127/Qmc4YkdZQngw.html
68 :iPhone774G[sage]:2013/01/27(日) 00:55:46.08 ID:Bg8bGYBx0
エキドナ速報管理人です
本スレっていつ転載禁止になったんですか?
もしかして詐欺ごん伊藤のせい?


その流れで、アフィブログの立場で名無しが煽り始める。
もちろん嫌儲の人間である。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/iPhone/1359212489/l50
147 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 01:25:01.15 ID:1BlsrFud0
おまえら馬鹿だろ
ローカルルールで禁止されてないのに転載不可な訳ないだろww
そんなに転載されたくないならけんもうに移住するかローカルルール変更の申請でもしてくるこったな
まあ無理だろうけどww



154 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 01:28:35.87 ID:LZigoJiFi
>>147
アフィカスさんちーっす


156 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 01:29:56.11 ID:Bg8bGYBx0
>>147
くいっくぶーすと管理人さんですか?
よかったら相互リンクお願いします


158 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 01:30:22.99 ID:1BlsrFud0
>>154
よくわかったな
移住するかローカルルール変更するかしない限りおまえらはまとめアフィの養分なんだわ



229 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 02:01:13.09 ID:1BlsrFud0
おらおら早く移住しろよww
どうせおまえらは口だけで移住なんかできねーよ
このスレが荒れ放題になるのを見てればよーくわかるwwww



263 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 02:19:34.78 ID:1BlsrFud0
マジで立ってたww
移住頑張れよ



411 名前: iPhone774G [sage] 投稿日: 2013/01/27(日) 03:09:43.02 ID:1BlsrFud0
煽って遊んでたらほんとに移住してわろたww


名無しが煽り始めた時に、エキドナ速報の管理人が「くいっくぶーすとさんですか?」とレスを付けたのが引き金になった。くいっくぶーすとはかなりアクセスのあるパズドラまとめブログである。もちろんなりすましだと思われるが、エキドナ速報(これはなりすましではない)が「くいっくぶーすとさん?」というレスを付けたので煽りやすくなったのだろう。

なお発言の中に出てくる伊藤というのは、ドラゴン伊藤という業者のこと。パズドラのブログを2ちゃんねるその他で宣伝しまくっている。魔法石がただで貰えるとか、うさんくさい広告貼ったりしてるところ。ドラゴン伊藤が台頭してくるまでは無風だったので、たぶん伊藤が原因。ちなみにパズドラ界隈で一番儲かっているのは非公式wikiの管理人。一日に100万pvあるから月収は30万円~100万円程度と推定される。
最近ネットで成功した連中を見ていると、非公式から「公式」に成り上がった人間である。括弧付きの公式だ。実際は公式でも何でもないが、公式に準ずるようなポジションを手にすることである。wikiがその最たるもので、あんなの非公式なのに、公式サイトに準じるような位置にいる。もしくはツイッターの代表である津田大介。津田なんか単なるフリーライターである。ツイッターとは一点の関係もないわけだ。単なるユーザーである。しかしツイッターと言えば津田大介という風に信者が宣伝して、tsudaるとかきもい言葉を流行らせたわけだ。もしくはiPhoneで言えばAppBank。あれはフリーライターがアフィ目的でiPhoneを買って更新し始めただけのサイトだが、いつの間にかiPhoneの代表的なサイトとなっている。
だったら公式みたいな面をしていていれば必ず成功するのかというと、そうでもない。駄目だったのはソラノートとかホットココアである。ソラノートはニコニコ生放送に毛が生えた……、いや、ニコニコの人気配信者より下のポジションだろうが、いかにも企業が公共性のある放送をやっているというスタンスで運営していた。だから、フランチェス子への些細な中傷で大事になったわけである。わたしはフランチェス子の信者から猛攻撃を受けたことがある。これに比べたら津田信者など可愛いものである。しかし、わたしへの中傷はスルーされているわけだ。単なる匿名ユーザーの間での罵り合いとして片付けられるだけで、わたしが攻撃されたことに誰も怒らない。
フランチェス子の件に関してもう少し語ると、この人も、実際は匿名なのに、実名に準ずるようなポジションにいるのである。そもそもフランチェス子が本当に女なのかどうかもわからない。ネカマの可能性だってある。フランチェス子がネカマである根拠はまったくないが、ともかく彼女は匿名ユーザーであり、女性らしい更新をしているだけなので、正真正銘の女かどうかすらわからない。
つまりソラノート事件とはなんだったかというと、ニコニコ生放送レベルのソラノートが公共放送みたいな面をして放送していた中でフランチェス子を揶揄し、それに対して、正体不明ながらフェミニズムクラスタの代表的な「女性」として存在しているフランチェス子が激怒したというだけなのだ。双方とも単なるネットユーザーなのに、あたかも大企業同士の紛争みたいな様相を呈したのである。
ソラノートは津田と同じようなことをやろうとしていたのだ。ニコニコ生放送と同レベルのことやってるだけなのに、あたかも立派な公共放送をやっているかのような面をして、あわよくばそういうステータスを得ようとしていた。背伸びして成り上がろうとして、しかしあんまり頭が良くないから失敗したという結末だったのである。たぶんベクトルとしては間違ってなかった。だが、単なるユーザーが「公式」に成り上がるには、それなりの世渡り能力が必要なのである。
フランス語は理解できないのでよくわからないのだが、フランス政府がハッシュタグという言葉の使用を禁止したらしい。

http://www.forbes.com/sites/ewanspence/2013/01/25/france-bans-the-hashtag/
#RIP the hashtag. It had a good run, August 2007 – January 2013. At least it’s still alive and respected in every other country apart from France.

It’s a dark day for the Gallic Internet, as the French Government drive to preserve their language by altering the settled will of the online community. The hashtag will no longer be used in official communications or papers. The replacement term will be mot-dièse.

たぶん一般のフランス人はハッシュタグという言葉を使って構わない。
フランス語の文化を守るために、公的な文書などではハッシュタグという言葉は使うなということらしい。
代わりにmot-dièseというフランス語を使うということのようだ。
mot-dièseというのはシャープ、要はハッシュタグの♯のことらしい。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング