Archive
この半世紀でずいぶん医学も進歩したものであり、昭和30年であれば、乳児死亡率、つまり生まれてから1年未満で死んでしまうのが1000人のうち40人だったが、昭和40年には20人に低下し、最近では3人である。
時代背景で人間が括れてしまうのも確かであり、ここ最近は誰もが訴訟沙汰に怯えながら、子どもが死んだり、事故を起こさないように細心の注意が払われている。
そしてこの病巣は産婦人科という閉鎖系を超えてコンプライアンスという細菌を繁殖させ、訴訟社会に深く根を張っている。
殺人犯に訴訟を起こしても無意味だから、池田小の遺賊みたいなのが生まれてくるのだが、もはや「人を殺してはいけない」という個人の道徳は意味をなさず、あちこちに監視カメラを設置するような善管注意義務の問題へとシフトしているのである。
かつての顔見知りだけの地域共同体は瓦解したが、都市化されたわれわれはベンサムのパノプティコンのような見えない目線を内面化し、監視塔としての責務を果たすべく、監視して監視されながら、襟を正して生活している。

「治す気がない」という病的な連中が昔はもっとたくさんいた。
自分が箍の外れたクズである自覚はあるらしいが、治す気がさっぱりない怠惰が野放しにされる「おおらか」な時代だったのである。
変人がいたら放置していた。
そいつが犯罪を犯したとして、勝手に刑務所に行けということだった。
死刑になろうが知ったことではない。
今日では、われわれは自分が管理責任を問われることをとても心配しているから、監視塔として善管注意義務を発揮しており、これは正義感とはまた別だが、遺漏なく監視をし、管理責任を怠らない。
ひとりの市民として、不審者を警察に通報することが推奨されているし、本当の管理者であろうが無かろうが、そういう視点で社会の事象すべてを見ている。

治す気がないタイプの人間が、「治したい」と自ら強く願うとしたら、大きな主体的変革であり、人間としての成長である。
「治したい」と思うのは自分しかいない。
本気で願うのは容易くないからこそ、自らの蒙を啓く悟りであり、これまでの不明を恥じて、自己改革に乗り出す立派な行為である。
だが、われわれ監視塔としては、御本人がそのような主体的な改善をするまで待ってるわけにはいかないから、早めに善管注意義務を果たすべく、いろんな人を治療する。
これをひとつの社会の進歩として肯定的に捉えることも可能ではあろうし、「治す気がない」と「治したい」のせめぎあいを個々人に委ねるよりは、社会として早期治療したほうが妥当という意見もあろう。
いずれにせよ、これはわれわれが積極的に決めたのではなく、遺賊への畏怖から広まったシステムである。
露天商が火事を出した時に、福知山の遺賊は露天商をほったらかしにして、金の有りそうな商工会議所にマスコミを連れて押しかけたのだから、われわれもそれに対応しなければならない。
夢路を辿るように至福の人生を歩んでいる諸兄に警告しておきたい。
エナジードリンクを飲み過ぎると、心臓にダメージが来るので本当に危険である。
以前のわたしはエナジードリンクをカブ飲みしていた。
普通のジュースより高いのではあるが、カフェインが大量に入っているから集中力を高める効果はあるし、金を払う価値はあるだろうと考えていた。
半年くらい前、いや、正確に半年かどうかわからんし、もしかしたら九ヶ月前かもしれないが、そこは重要ではない。
ともかく半年くらい前にエナジードリンクをがぶ飲みして寝転がっていたら、いきなり心臓発作になったのである。
その時わたしの頭の中に、死にたくないという感情は寸毫足りとも浮かばなかった。
「このまま即死なら有り難い」という期待感と、「中途半端に生き延びて障害が残ったら困る」という懸念であった。
結局、残念なことに死ななかったが、検査はしてないながらも自覚症状がないので、心臓が器質的におかしくなったわけではないようだ。
ともかくそういうわけで、エナジードリンクから遠ざかったのである。
即死出来るのなら飲めるだけ飲むが、即死とは限らないのが問題であり、だから飲まないのである。
愛蔵太さんのように心臓が痛いとツイートしてそのまま消えるようなラストが望ましいが、そううまくはいかない、、、と書いてから確認したら、愛蔵太さんはお亡くなりになってなかったようで、あれから数年経ってツイートしたりしているようだ。
愛蔵太というコテハンを消して別のハンドルで活動していたという憶測も見かけるが真偽は不明である。
何が言いたいかというと、エナジードリンクとか、そういうカフェインがたくさん入っているものは心臓に負担であるから、美人の奥さんがいてポルシェに乗っているみなさんは飲まないほうがいいということである。
人間は死ぬために生きていると、後半生になれば誰もが思うのであろうが、それはたいていは字面のものであり、その死の根源まで見透したわけではあるまい。石原伸晃だって、自分がいつか死ぬことは理屈では承知しているだろうが、永遠に逃げまわって生き延びる俗的な願望から遁れられない。小池百合子は老境に差し掛かった60過ぎの女として、死の手前にいる自覚を強く持っている。論語読みの論語知らずという言葉があるが、格言だけ覚えていても、本人がそれを賢者として理解しているとは限らない。「人間どうせ死ぬんだから」と誰もが言うとしても、たいていは曖昧さの中でいつまでも生きてるつもりだったりするのだが、小池百合子はおそらく死に向かった存在としての境地に到達したのであり、その眼睛は死のすべてを見透している。「崖から飛び降りる」と言って立候補したのもそういうことであろう。小池百合子が生まれつき、大西郷のような肝の座った人物とは思えないが、人生を歩んでいく過程で、自我の妄執から脱したのである。おそらく人間不信としての側面もあり、裏切られたり騙されたり苦痛を体験し、これだけ疼痛を体験したのだから、匕首を世界に向けてもいいであろうという居直りであろうが、彼女の場合は女性であるし、過激な宗教の教説を報じているとも思えないので、テロリストにはなれず、ただこの穢れた嘘くさい世界をすべて告発し白日のもとに晒すという報復を、いわば人類愛として行おうとしている。21歳の時にエジプト留学し、そこで日本人留学生と結婚したらしいのだが、すぐに離婚しており、おそらく子どももいない。安らかに大往生することなど欠片も考えてないし、むしろ非業の死を遂げる場を探しているという印象さえ受ける。考えてみると、大西郷は、日本人からは大変な人気があるが、世界的な偉人というわけではないし、外人に大西郷の凄さを伝えられるかというと、そう簡単ではない。腹をくくった人物が必要とされる時代があり、そこに現れたのである。大西郷は明らかに朝敵であるのに、その死後も明治天皇はかなり好感を持っていた様子が見受けられるし、日本人が好むタイプだと言うしか無い。小池百合子は、目が眩んでいたり曇っていたりする様子がまったく見られないし、おそらくはかなりの苦痛の中で、おぞましい人間をいろいろと見てきた人物である。大西郷も自殺未遂したり、奄美大島に五年くらい流されたり、かなりの絶望を体験して、敬天愛人(天を敬い人を愛する)という心境に至ったのである。この賢者たる姿勢は教えられるものではない。「私利私欲をなくせ」と教えるのは簡単だが、はいはい返事はよくても、その決まり文句を覚えただけであり、本気で実践はしまいし、中身は欲望で真っ黒なのが普通である。人間そのものに絶望し、煩悶し慟哭し、それを消化して自ら蒙を啓くだけの賢明さがなければ、決してこのような無我の境地には至れない。
頭が悪くてソーシャルスキルの達人というと、ロンブー淳や津田大介が思い浮かぶが、ロンブー淳は、周囲のことにやたらと気づいている。
他人の髪型が少し変わったとか、ネクタイがどうこうとか、そのあたりもちゃんと観察していたりする。
津田についてはよく知らないが、ツイートの内容ははるかぜレベルなのに、対人スキルがやたらと強いと思われるし、現実で会ったら到底太刀打ち出来ない相手である。
おそらくソーシャルスキルとは、具体的にそのまま見ていることなのである。
注意力がしっかりしているとは、自らの周辺世界をそのままきちんと見ていることに他ならない。
知能というと、頭の中で図形を回転させるとか、いわば外界から隔絶された脳内での処理能力に重きが置かれており、具体的にそのまま把握する力というのは軽視されているが、普通に生きていくことに関しては、周辺が具体的にくっきりと見えている方が望ましいであろう。

抽象思考に強いタイプだと、他人のネクタイの柄とか、真っ先に認識から切り捨ててそうだし、ここは世界認識の根本的な溝がある。
馬鹿な人がやたらと絵がうまかったりするのは、抽象思考能力があまり強くないので、世界の細々とした部分を切り捨てずにそのまま把握している気がするのである。
馬鹿なのはどっちだ、という話になるわけである。

周辺世界を省略せずにしっかりと見て、なおかつ頭の中での抽象能力もしっかりしている、というバランスのいい人はいるけれども、両方とも最高レベルまで求めるとなかなか難しそうである。
われわれは同一人物として存在し続け、そして死んでいくのだが、これはあくまで同一性の問題であり、文字通りの同一というわけではない。
むしろ同一ではなくなることを迫られることが多々あるのである。
物事に対するアティテュードの変更をしなければ生存できない、ということがある。
素朴な事例で言うなら、「いい人」をやめて「嫌な奴」になるとか、そういうことである。
こういうのも、人生の変転次第であり、いい人のままで差し支えないことがあるが、自業自得であれ事故であれ、何らかの深刻な事態に陥ったことを契機に変更を迫られることがある。
アティテュードの変更も、それこそが人生とも言えるし、歴史上の人物ともなれば、何らかの体験で人生が変わったという印象的な挿話が付き物である。
何らかの挫折をきっかけに酒やドラッグに溺れるというような後ろ向きの行動も、ひとつのアティテュードの変更ではある。

卑近な事例で言えば、たとえば、ベッキーはどうにもならないであろう。
人気など無いにも関わらずインチキな好感度で好人物を演じていただけであり、誰もが胡散臭いと思っていたわけだ。
CM出演など二度と出来ないから、そこを断念するのが最初の一歩であろうが、ギャラが美味すぎて、過去に葬り去れないのであろう。
ここからどうするのか知らないし、おそらく火消しは無理であろうから、すべて捨て去ったタレントとして生きるしかあるまいが、それでうまくいくわけではないだろう。
好感度というインチキなジャンルから永久追放されたのに、まだそこにしがみつこうとしている往生際の悪さを見せているのが現状であるし、ファンの実態などないから、永遠の苦しみにも思える。
過去を白紙にして、また好感度タレントに生まれ変わることを願っているはずだが、それは出来ないわけであり、血腥い因縁を背負わされてこそ人生である。
好感度という王朝は倒れたのでレジーム・チェンジするしかないのだが、ベッキーには好感度しか引き出しがない。
個人は一回性であり、精神面でアティテュードの変更が難しいだけでなく、途中から新しいことは覚えられないから、自業自得であれ、もしくは不運な被害者であれ、不平士族として愚痴るしかないこともある。
白骨として野ざらしになるのが個人の定めであり、新しい王朝を築きあげるようなアティテュードの変更は容易くない。
世の中が変わって新時代になり、乗り遅れた個人は詰んだまま馬齢を重ね、失意の後半生を過ごしながら死んでいくのが人生でもあろうし、暗礁に乗り上げてずっと廃墟のままというのも人間らしいアティテュードではある。
われわれは最初からこのヤリマンに好感など持っていなかった。腫れ物になった人が、有吉とマツコの力で再起する様子を見ていた。つまり、この人の人生そのものが有吉とマツコの企画であり、決して夏目三久が好きではないが、再起して出世するというドキュメンタリーを眺めていただけである。そしてそのとおりに出世したのであるし、有吉と結婚という報道が出た時は、そのストーリーの大団円として祝賀ムードだったのである。これが事実無根の誤報だと否定され、夏目三久はスポニチにこのようなコメントを寄せている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013272540.html
「自分が務める情報番組で、あのような極めて私的な話をするのはどうかと思ったのと書かれてあった内容へのショックが大きく、コメントするのは控えました。しかし、翌日も妊娠だ、年内結婚だと報じられ、所属事務所が事実無根と答えても、ならば別の子かとまで臆測記事は広がり、もはや精神的に耐えられない状態が続いていました。事務所にも私にも取材せず電話の一本すら入れていないあのような記事は信用され、事務所が事実無根と言っても信じてもらえない。でも、もうはっきり言わせていただきます。このままでは自分の気持ちが壊れてしまう。記事に書かれているような事実は一切ありません。誰も信じてくれなくても、もう一度言います。事実ではありません」

そもそも有吉(42歳)と夏目三久(32歳)が交際したとして、これがスキャンダルとは誰も思うまいし、ここまで色をなして悲劇のヒロインとして振る舞うのは異様である。あたかも松井今朝子の吉原の遊郭小説を読んでいるような、基本的人権が認められてない囲われ女の背景が浮かび上がってくる。女衒が連れてきて妓楼に囲われた花魁は、安いように見えて、実はとてもお高いのであり、この業の深い生き物に手を出すのは命掛けの行為。苦界に囚われた玄人筋の女としての悲壮感を見せたことで、夏目三久という出来損ないを再起させるドキュメンタリーは終焉した。目から鼻に抜ける様な才気でもあればいいが、あんまり頭も良くないし、バラエティー能力も無いし、才媛と呼ぶべき側面は欠片もない。有吉とマツコが作り上げた見せかけの好感度でしかないのが最大の問題であり、いわば大半の人は義理で夏目三久を応援していたのである。それなのに、経済的に不利益を被ろうとも有吉と共倒れする方向を選んだのは、色恋沙汰の怖さと邪推されても致し方あるまいし、真相はなんであれ、芸能界の論理で理非が枉げられ、有吉とマツコに寄生していた女が、その立ち位置を失った。ごく素朴に夏目三久をタレント商品と見てその価値を上げるには、真でも嘘でも有吉と付き合っている設定にしてよさそうだが、そこまで割り切れない怨念が深く根を張り、修羅場として発生したのである。佐々木希と渡部のようなあまりメリットがない事例でもタブーにはならなかったのだから、やはり夏目三久は囲われ者と判断するしか無い。見目麗しいとは言い難い32歳のババアがこれだけの修羅場を創り出すからには、閨で男を歓ばすことには長けているのだろうし、睦言もさぞかし艶めかしいのであろうが、これはわれわれの与り知らぬところ、というより、これだけ割り高な女は滅多にいるまいし、羽振りのいい旦那衆であっても敬して遠ざけるしかない。
かつて憲法は絶対王政を制限するために作られたのだし、現在でも国家権力に制限を加えるための規範ではあるが、こうやって国民主権が定着した社会では、有権者を縛るという側面も出てくる。
間接民主制であるから、過半数の有権者の意見が与党権力へと転化されるので、憲法がマジョリティの国民に掣肘を加えるという奇妙な現象が発生する。
憲法が役人を取り押さえてくれるならまだいいが、それは懈怠されている。
司法が立法を監視するというベクトルだから、憲法では役人と戦えない。
あくまで憲法が撃ち落とすターゲットは与党と有権者なのである。
この閉塞感への怒りが世界のあちこちで膨れ上がり国民投票の実施が多発している。

逆差別問題に難癖をつけると「あのひとはどうせ不幸な人に違いない」という反論があるだろうが、当たり前であり、マジョリティは不幸である。
健常者と呼ばれようが、半数の人は平均以下である。
マイノリティがいかにも不幸の代表のような面をして逆差別を勝ち取る世の中への不満が蔓延している。
たとえば性的少数者なるものが逆差別を勝ち取りつつあるが、LGBTではない健常者の性生活が満ち足りているかというと、そんなことはないわけだ。
マジョリティはあからさまに不幸である。
LGBTだから疎外されているというのは誤謬であり、むしろLGBTなのにセックスの相手がいたりするのである。

前述したように、マジョリティが与党に投票すると、これが権力と見なされ、憲法に縛られる。
直接民主制、もしくはそれに準ずる仕組みを発達させないと、マイノリティという貴族の王朝は倒せない。
有権者が与党に投票することで権力者扱いされるのであれば、これは間接民主制の欠陥である。
夏目三久は北条かやと同類だと言っていいと思うが、こういう女と関わって無病息災ということはありえず、サークルクラッシャーどころの話ではない。事実無根だと言い張っているのは事務所の指示であろうし、有吉とセックスして、五年やってきた番組を降板したのは事実だと思われる。妊娠に関しては事実かどうか不透明。本人32歳だから、賞味期限残り数年だろうし、ここで有吉と結婚した方が、夏目三久個人に利益であるのは間違いないが、所属事務所の田辺エージェンシーが怒り狂うことは想定出来たはずである。またわれわれを不愉快にさせるのは、芸人というギルドであり、こいつら世間のルールを無視した無法者を気取っているのに、今回の件では緘口令が敷かれたようであり、揃って口が重い。それにしても、夏目三久とか北条かやとか、このレベルの中途半端な美人の怖さである。目の覚めるような美人だったら、こういうゴタゴタは起こらない。有吉と結婚したところで、それがイメージダウンになるとは思えず、既婚者としてそのまま続けられそうでもあるのに、有吉が黙りこむような格好で切断されたのは、やはり夏目三久が北条かやだからである。絶世の美女ならこうなるまいが、顔面のランクが落ちるからこそ女を売るしかないのだし、あちこちからチンコが刺さって身動き取れないのであろうが、この夏目三久というタランチュラがあちこちに仮縫いのように仕掛けていた男関係が生々しい瘴気を放つ修羅場を生んでいるのであり、背景には百鬼夜行たる咆哮だけが鳴り響く黒檀が縹渺と広がっている。男女が褥をともにしたからには、その情愛がさらりと清算できるものばかりではあるまいし、夏目三久や北条かやは格段の美人ではないからこそ、悪女の深情けというべきか、業と言うべき因縁を積み重ねていくのである。道重さゆみちゃんと結婚するという話なら、裏から怖い人が出てきて震え上がることもあるまいし、やはり美人は本物にしか価値が無い。
アマゾンというのは夢も理想もない企業であるし、その日本法人となれば、もはや脳が壊死した廃疾が一堂に会するサナトリウムのようなものである。
アメリカから言われてそのままやったら、日本は漫画文化が発展しているので、凄まじい大赤字になったという莫迦な話であり、惻隠の情は一欠片も湧いてこない。
ともかく開始から一ヶ月でアマゾンが耐え切れなくなり、コミックはたくさん引っ込めたようである。
サービスインが8月2日であり、一ヶ月は無料だから、いわゆる消費者問題では無いのであろう。
課金が発生する直前に引っ込めたわけである。
かなり粗笨なやり方だが、無料期間の間に片付ければいいという計算はあったのかもしれない。
とはいえ、狙った上で一芝居打ったのであれば、ひとつの炎上マーケティングとして括られるべき騒擾事件であり、大赤字を理由に目玉商品を引っ込めるシナリオありきでローンチしたとすれば、顰蹙を買うべき悪質な狂言だと言えるだろう。
それに、この騒ぎに気づかぬまま、解約の機会を逸し、漫然とクレカから引き落とされてしまう人もいるだろうから、消費者問題の側面がまったくないとも言えないし、このところのPCデポ問題も連想させる。
わたしはこれまでKindle本をコミック抜きにして1000冊近くは買ってると思うのだが、セールスの時に買ってるのが大半なので一冊300円としても合計30万円である。
そのわたしもほとんどKindle本を買わなくなったので、アマゾンが何をやりたいのかよくわからない状態である。
アマゾンが斃れると、これまでにKindleで購入したものが消えてしまうので、980円で読み放題とか、早くやめて欲しいものである。
Kindleに誘導するためにやってるのだろうが、日本法人の判断ではやめられないのであろうし、理想なき企業が愚かしい拡大方針で版図を広げ、いずれその悪評が神経毒のように自らの体内を蝕み、罪科を糺され滅亡していく未来しか見えない。
読書文化を広めるのではなく、アマゾンの勢力圏を広げることが目的なのだから、いわば文盲が書籍販売をしているようなものであり、売れればなんでもいいという貪婪で高圧的な姿勢、もしくは毛唐の奴隷として日本人を愚弄しているのであれば、いずれBABYMETALのように見放される時も来るだろう。
ベビメタという海外サクセス・ストーリーを販売している情報商材業者がいるわけだが、彼らがよく自慢するソニスフィアについて、素朴な疑問として提示しておきたい。
メインステージに「大抜擢」されて六万人から大喝采を浴びたわけである。
だが、ごく普通に考えて、これは大抜擢ではなく、アミューズが金を払っただけではないか、と思えるわけである。

ベビメタが海外の有名フェスで5万人とか10万人を集めていても、それはメインステージだからである。
メインステージなら誰でもそれだけ集められるというわけではないが、なぜか「大抜擢」されることが続いている。

単独公演に関してだが、世界的に有名なウェンブリー・スタジアムの隣にある「ウェンブリー・アリーナ」のことは、日本人のほとんどが知らないはずだが、なぜかあらかじめ知っていたことになっており、またここでの動員はだいたい9割程度だったであろう。発表はソールドアウトだが、実態は9割。それでも1万人程度は集めたように思えるが、チケットの価格が三千円だから、なんとも言えないのである。

動員力に関しては、フェスに関しては謎の「大抜擢」が多すぎるので、これは評価するべきではないであろう。
ゴールデンタイムの視聴率が高い番組に出してもらっているようなものだからだ。
単独公演の動員こそが問題であろう。
アメリカツアーではだいたい2000人くらいのキャパの箱を周り、すべてソールドアウトだったそうだが、これにケチを付ける必要はないとしても、やはりフェスで10万人というインパクトには負けてしまう。
メタラーから一定の評価を得たのは確かであるが、あくまで狭いジャンルであり、もうおじいさんしかやってないような音楽だから、世界的に評価という惹句には疑問が持たれる。
なんにせよ、メインステージを金で買っているというのはわたしの邪推に過ぎないが、単独公演で圧倒的な動員力を示すまでは、そのような疑問が付き纏うであろう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング