Archive
有村悠さんは、母子葛藤では加藤智大に通じるし、エリートへの怨みでは宅間守に通じるし、女性へのロックオンでは岩崎友宏に通じる。
だから、犯罪者予備軍と言うこともできる。
なおかつ宮崎勤と同一の性的嗜好の持ち主であるから、グランドクロスである。
とはいえ、いくらメンタリティが似通っていても、さすがに凶悪犯罪はハードルが極めて高く、本当にやるとは思えない。

いわゆる不良集団を犯罪者予備軍とは言わないし、やはり犯罪者予備軍という言葉は、悪人でないことを前提としている。
通俗的に言えばオタク嫌悪なのである。

われわれは実は悪人を嫌悪しておらず、それどころか魅力的だと考えている。
それが顕著に見られるのは十代の少女であるが、おそらくそれだけではあるまい。
普通の男であれば、立場的にDQNは敵であるから敵視するのだが、不良に憧れる気持ちがまったくないとも言えないだろう。

有村悠さんは750人からブロックされているそうだから、怖がられているのは本当だが、恐い恐いと揶揄している側面があることも否めない。
もしくは女性絵師であれば、片想いされたら厄介ということで、念のためにブロックしているのであろう。
有村さんをブロックしている女性でも、DQNにチンコを挿されて悦びの声を上げていたりするのだろうし、実は犯罪者のことなど怖がってはいない。
本当は悪事への恐怖ではないのだ。
自閉的な思い込みの激しさや、溜め込んだ怒りが怖いのであり、いわゆる生理的嫌悪である。
自閉の重力圏に巻き込まれたくないという嫌悪であるから、犯罪予防うんたらの問題ではない。
本当に犯罪が怖いならまずはDQNを避けるべきである。
ド田舎の底辺母子家庭でガリ勉して東京大学にギリギリ合格した有村悠さんは、金持ち東大生との格差を思い知らされて中退した怨恨から不穏な言動を繰り返しているにせよ、普段から犯罪をやっているDQNと対極であるのは言うまでもない。
DQNにチンコを挿されている女が有村さんを怖がっても、犯罪という文脈なら阿呆らしい話であるし、やはりオタクは気味が悪いというだけなのである。
もちろんDQNに無縁の女性が有村悠さんを畏怖するのは構わないが、DQNとセックスしたことがある女が有村悠さんを畏怖するのは、実のところ自閉への差別であろうし、これが定型発達者の真の姿である。
この本は極めて面白い。細木数子は水商売の家庭に生まれ、そのまま銀座のママとして、戦後の混乱期にポン引きのような真似をしていたらしい。暴力団組員と結婚はしてないが、ずっと内縁関係にあった。暴力団の情婦という立場だったと思われるが、店の金を持ち逃げされたとかで、若い衆に指を詰めさせたこともあったという。恋人の手形を裏書きしたことで億単位の借金を背負わされた島倉千代子を守るという格好で1977年から三年間に渡り後見人となり、一緒に生活しながら興行権を握って食い物にした話が面白い。また高名な漢学者である安岡正篤が八十五歳でボケているときに結婚したエピソードもなかなか強力である。細木数子の占いは付け焼き刃であり、ただの無学なおばさんだが、商才というか、人たらしの才能があったのだろう。細木数子がテレビから消えたのは溝口敦に追及されたからだと思われる。これを連載していた講談社は名誉毀損で訴えられたが、訴訟は時間稼ぎであり、最終的には細木数子が訴えを取り下げたという。この本が隅から隅まで正しいわけでもなかろうし、たとえば借金トラブルを抱えた島倉千代子から巨額のピンハネをしたと記述されているが、そもそも正確な金額はわからない。溝口敦は七億五千万円と推定しており、島倉千代子が細木数子と縁を切ってコロンビア・レコードに移籍する際に細木数子は二億円を得たとされる。この合計九億五千万円という推定が事実と一致するかどうかは不明であるし、このくらいの札束が動くのが裏社会の相場とも言える。やはり人間は不安を抱えた生き物であり、特に借金取りが押しかけてくるとか、その個人としては世界恐慌である。島倉千代子の不安に付け込んだとも言えるが、悪辣な債権者への対応は細木数子もしくは内縁関係の暴力団組員がしたわけだし、細木数子がいなければ乗り切れなかった可能性だってあるわけだ。この本の後半に出てくる墓石販売についてはよくわからない。霊感商法だとして溝口敦は厳しい批判を加えている。いろんな意味で他人の不安が飯の種なのだろう。臆病者を見ると勇敢になれる心理もあろうし、細木数子は不安な人間たちを見透かし、そこに食い込んで悪魔的な図太さで生きてきた。戦後は高度経済成長と同時に、ヤクザが派手なヤクザの格好をして平気で歩いていた時代だった。ソビエト連邦も健在であったし、軍艦マーチを奏でる右翼の街宣車は日常的な風景であった。現在よりギラギラしていた粗暴な時代背景であり、コンプライアンスの概念も乏しかったから、裏社会の魑魅魍魎が表側とも関わりを持っていた。細木数子はそういうダーティな部類の人間の典型だったのだ。そもそもそういう旧悪がボロボロ出てきたのは、細木数子が銀座のママの頃の武勇伝を自伝に書いていたからであるし、さほど秘密にしていなかったからである。溝口敦も自伝を手懸かりに取材しているが、細木数子も過去の自伝出版を悔いたか、あるいは時代の変化に慄然としたか、ともかく昭和の黒歴史の痕跡を残していたことがコンプライアンス社会において致命的となり、テレビから消える羽目になった。たとえばビートたけしなどはフライデー襲撃事件からテレビ復帰したときに街宣攻撃を仕掛けられ、手打ちとして右翼の関係者とお友達になったはずだが、これはタブーであるし、そもそも事実が不鮮明である。たけしは未だに支障なくテレビ出演しているのである。たけしは右翼に取り憑かれた被害者であるから、細木数子と同一視はできないが、そのような黒い取引が必要な時代だったのである。問題の自伝である「女の履歴書」は1988年に出版されているが、バブル経済の狂宴というべき時期である。昭和天皇が崩御したのは1989年の一月七日であるが、まさに昭和の裏社会が清算される手前であった。細木数子は戦後の混乱期の愚連隊がそのまま生きているというか、暴力が野放しになっていた昭和の裏面史を体現している人物でもあるが、暴力性が容認されていた昭和の最後に武勇伝を書き綴り、視聴率女王として悪目立ちしてから、その昭和時代に綴ったメモワールが照魔鏡として魔女の素顔を映し出し、21世紀のコンプライアンスにより追い詰められることになった。昭和という時代を一言で言い表すなら暴力ということかもしれないし、時効という弁明も可能であろう。だが、ヤクザの世界に浸かりすぎて足を洗うことなど出来なかったと思われる。われわれは寸毫たりとも真相は知らない一般人であるから、本当の真偽は不明だが、深く考えても仕方あるまい。おそらく大雑把には事実に近いのであろうし、細木数子はヤクザの女として暴力団関係者と接点が深い人生を歩んできたのである。仔細に渡って真実ばかりではないにしても、溝口敦は暴力団関係者にも取材して書いてるし、そこで得た話が事実とも限らないが、かなりの力作と評して差し支えあるまい。
https://twitter.com/lp_announce/status/919413777908490240
arimura746.png


746人からブロックされ、64人をブロックし、相互ブロックは3ということである。

有村悠さん(38歳)はとてもフレンドリーな性格だが、要するに物乞いなので、あちこちで蛇蝎のごとく疎まれている。
他人に奢られるのが当たり前だという感覚。
親しくして何が悪い、と主観的には考えているのであろうし、他人から疎外されているという被害者意識の塊である。
御本人は受難者気取りであるし、その怨嗟が有村さんの恐怖イメージを作っているのであろう。
親しさというのはかなり相手を選ぶものだが、そういう課題が理解できてないらしい。
他人に好意を持つのは悪事なのだが、道徳の教科書でそう書くわけにもいかず、なかなか難しいところである。
親しさとはお互いのプライベートに侵入することだから、一方的な好意は暴力なのだが、「好意は悪事」だと校長先生が訓戒を垂れることはあるまいし、明示的に説明される機会が少ないから、自ら察するしか無い。
奢る奢られるという問題にしても、岩崎友宏が冨田真由さんに腕時計を送った事例などを念頭に置くと、奢ればいいという話ではない。
結局のところ親しさとはプライベートの共有なのだが、人間はその親しさを嫌悪している。
子供の頃は大人から「友達を作れ」とさかんに言われるが、その大人に友達がいないのが実態である。
「メディア・セックス」という愚にもつかない本があり、一時的に流行ったが、サブリミナル関係はかなり下火になった。サブリミナルは確実にあるのだが、これを科学的に扱うのが困難だというのが大きい。たとえばわたしはスマホでとある対戦ゲームをやっているときに何らかの想念が浮かんできて、よくよく見ると、それが対戦相手の名前からの連想だというのがよくある。そのゲームでは「相手の名前」が重要ではないので、わたしの脳が意識のテーブルから省いているのだと思うが、それが完全に廃棄されているのではなく間接的な刺激になっていると思われる。われわれはスマホの画面くらいのサイズでも、情報をかなり端折っており、しかしサブリミナル的には反応していたりする。サブリミナルの実用化というと真っ先に広告が思い浮かぶし、「メディア・セックス」はそこに偏っていたから話題になり、しかしアバウトにしか言えない話題だから消え去ったのである。われわれの脳が意識のテーブルから省いている情報の重要性や、潜在意識における影響はなかなか数値では現せないし、自分でもよくわからないのである。またここにはかなりの個人差があるはずであり、自閉性が強い人間ほど外界情報の省略が多いと思われる。被験者にいろいろな映像を見せて潜在意識の影響をテストするにしても、やはり個人差が大きいので、統計の信頼性は低いはずである。フロイト心理学が数多の被害者を生み出したオカルトだったのに対して、ここ最近の発達障害の概念は極めて卓抜に人間の本質を突いているが、たとえば発達障害の検査するときには周辺視野を重視する。これはおそらく自閉性があると真正面しか見えてない傾向が強いので、そこを重大な欠陥(診断基準)としているのである。おそらく自閉症スペクトラムに引っかかる人間だと真正面でさえずいぶん略しているはずだが、とりあえず周辺の省略が最も顕著なのであろう。五感からの情報を意識から省くのは知性としては問題がないし、むしろ知性の進化の一つであろうが、社会性においてはかなり大きなネックになり、流動性が高い現代ではなおさらである。これを「メディア・セックス」にからめて言うなら、つまり、サブリミナル云々言っているよりはいろんなことに気づいて幅広く認識しようということである。今の世の中では、認識を省かないでできるだけ色んなことに気づくことが求められており、省いた事象が潜在意識に与える無意識問題への関心は薄れている。前述したが「無意識に動かされている」という前提でカウンセリングを受けて悪化した人もたくさんいるのだし、現状の科学のレベルだと、ここは人跡未踏の地にとどめておくべきであろう。サブリミナル自体はあると思うが、ゴッドハンドでありもしない遺跡を発掘してしまうのは罪障深きことである。
貴族はいつから貴族になったのか、というと、 これは鶏と卵の話ではない。出自をどこまで遡っても貴族というのは変だから、どこかで貴族になったご先祖様がいるのである。一言で言えば経歴詐称であり、名だたる旧家は脈々と経歴詐称を受け継いでいる。由緒正しい家系図も初代は詐称であり、あくまで家系図の捏造から貴族になったのである。 「自分は貴族の生まれ」と経歴詐称したインチキな先祖が必ずいるわけだ。本来なら土牢に繋がれ囚人番号で呼ばれるのが似つかわしい連中が嘘に嘘を重ね立派な家名を手にしたのである。土地の実効支配の問題を考えると地元のヤクザが貴族になるのかもしれないが、ヤクザがやたらと高級ブランドを好むのも興味深いところである。全身を高級ブランドで固めたセレブにはどこかしら胡散臭さがあり、詐欺師と同じ瘴気を発している。ナメられたら終わりという貴族の感覚は要するにヤクザであるし、高貴であるはずなのに卑しさが付き纏う。すべての貴族は、実際の自分を偽ろうという卑しさが根底にある。高級ブランドの正規品とその模造品は、根底の発想が同じなのである。「実際よりよく見せたい」という禍禍しい卑しさは通底しており、正規品の高級ブランドを身に着けていても、粉飾決算と似通ったものである。そもそも正規品に価値があるのかという疑問である。虚栄心も人類の脳に組み込まれている観念であろうし、特に女は高級な虚栄の世界に憧れる。男は下半身を勃起させながらその虚飾に従うべく、あれこれ見栄を張りながら白馬の王子様になろうとするのだが、そのようにして欺瞞だらけのディストピアが出来上がったのである。ネットで経歴詐称してるのはだいたいが人格障害者であるが、ああいうのが「初代貴族」の実態なのだ。彼らはとても卑しいのだが、「実際よりよく見せる」ことに取り憑かれた悪魔である。平気で嘘をつく人格障害であり、見栄を張るためなら何でもやるわけである。ああいうネットの詐欺師はどうにかなるとしても、遠い昔のことはどうにもならない。癲狂院の鉄格子の中の出来事ではなく、史料を平気で捏造するゴットハンドなひとたちが人類のルーツとなり、歴史そのものに組み込まれているのであるし、その由緒正しさにわれわれもお付き合いしているのだが、大元まで辿れば病的な嘘つきだらけなのが人類である。
2017.10.07

不倫と家族愛

川島海荷の不倫が純然たる愛なのか、お偉いさんに夜伽する娼妓のようなものなのかわからないが、わたしはただ不倫について語りたいのだから、芸能界の特殊慣行まで揣摩する必要はあるまいし、ひとまず素朴な愛であると見なしておこう。あるいは川島海荷だと事例として曖昧であるなら、例えばベッキーや矢口真里は一欠片もメリットがない相手と破滅的な不倫をしたのである。燎原の火のごとく躰の末梢神経から脳髄まで熱病のように焼き尽くすのであれば、愛としてニセモノではあるまい。つまるところ家族愛というのは人生設計の契約であるし、大恋愛が火柱を上げて蒼天まで届いたら家族の誕生というわけではあるまい。あくまで財布の共有である。このところは特に核家族となっているから、個人の権利意識も強まっており、嫁が涙して終わりではないので、正妻としての利権を高らかに叫ぶしかない。核家族というカプセルでわれわれは分断されており、親子連れに注意したら長期拘留された大学教授もいたし、高卒の警官とか無教養な母親が不審者いねえかと松明に火を灯して凶相を浮かべ百鬼夜行するまがまがしさは、いったいどちらが不審者なのかという話だが、人間理性を破壊するべく水銀が垂れ流されてるのであろうし、われわれも痙攣しながら這々の体でベビーカーから逃げまどうのである。あの核家族が垂れ流している害毒からすれば、不倫の愛の方がむしろ純粋であり、人倫として曲がってないという印象すらある。核家族という大正義。これは決して愛ではないのだし、かなり打算的な人生のパートナー契約である。もはやここまで来ると、核家族すら解体し、経済を共有するパートナーがいなくなり、ただひとりの個人として、誰とも財布を共有せず、それぞれが経済の主体になればいいと言いたくなるが、生まれてきた赤ん坊がポストに投げ捨てられ、それを税金で育てて最高の教育を与えるとなれば箍の外れたモラルハザードが予想されるし、やはり家族愛の物語に基づいて親の責任でやってもらうしかないのである。嬰児にも自然人として権利能力はあり財産は持てるが、現実には親が法定代理人として制御しなければならない。家族愛というのがわれわれの魂を錆びさせる鉄の鎖だからこそ、大過無き人生設計のために妥協した有象無象の善男善女が、禁断の快楽に手を伸ばした咎人を鞭打つのであろう。不倫などなければ、家族愛という嘘を平気で吐きながら生きていけるのに、不倫という本物の愛が家族愛というフィクションを打毀し、家族という役割の仮面を壊死させて、人間は愛されてないという明々白々たる素顔を露わにするのだから、これは悪魔が人間を蝕む悪疫であり、嘘に耐えられないわれわれに真実を教える悪趣味である。
アロマオイルのように効果を厳密に証明できないものはだいたい創価学会と同じジャンルとして扱われるようだが、信じる者は救われるという言い伝えもあるし、生きてるのか死んでるのか知らんが池田大作先生を信仰することで薔薇色の人生を送っているひとだっている。わたしはアロマの版図を拡大させようという布教の熱情もないから、流行らなくても差し支えないし、アロマが世界地図から消えたとしても何ら痛痒がない。だから創価学会のように強引な折伏をするわけでもなく、いわば革命戦線の途次における箸休めというか、星辰の瞬きから遠い暗渠において、筆遊びとして灰色の紙片に稿を起こすだけである。アロマについて、何と言っても強調したいのが風邪の予防である。わたしはアロマを導入してから風邪を引かなくなった。実用性がないオサレなアイテムだという謬見を持っていたが、実際は実用性の固まりである。喉が痛い、鼻水が出るという初期症状にルルは効いてなかったが、アロマを吸うと明らかに菌を消毒してくれるし、予防効果が凄まじい。アロマにはいろいろと種類があるが、風邪の予防としては殺菌効果があるユーカリ、ティーツリー、レモンなどが代表的である。おそらくティーツリーが最もいいと思われるが、わたしはユーカリを好んでいる。気軽に試すには、瓶に木の棒が挿してあるタイプのが簡単かもしれないが、継続的に使うのであれは精油の原液を買ったほうがいい。アロマの瓶になぜ木の棒(リードスティック)が挿してあるかというと、精油は揮発性があるが、そのままだとなかなか蒸発しないので、木に染み込ませて蒸発を加速させているのである。このタイプの安物は人工香料であることも多く、鼻が曲がるような匂いで悪酔いすることもあるから、あまりよくはない。おそらく一般的には加湿器タイプのものがお手軽であろうし、夏場は湿気が懸念されるが、それ以外の季節なら加湿タイプでいいだろう。小皿に精油を垂らす原始的な方法も、手元なら意外と香る。部屋全体を香しくするには不向きだが、自分だけが香りを嗅ぐには適している。あと、わたしは枕に精油を垂らして寝ているが、精油は刺激が強いので皮膚に付けるのはよくない。だからこの方法は一般人には推奨できない。ここまで「アロマ」という言葉と「精油」という言葉を混用しているが、アロマというのは香りという意味である。アロマというと人工香料も含むが、「精油」というのは植物から抽出した天然の原液のことである。精油の購入についてだが、「生活の木」が最も信頼性があるとされる。だが「生活の木」は価格が高いので無印良品が妥当であろう。アマゾンなどでは無印良品の三分の一くらいの価格のものもたくさん売られており、意外と悪くないのだが、やはり微妙に品質が劣るので、品質と価格のバランスからして無印良品が無難。開封して数ヶ月もすれば香りが薄れるから、少しずつ使うことはできないが、せいぜい月額数千円で維持はできるし、役に立たない風邪薬よりはよほどコスパがいい。
例えば税金の勉強をするとする。
税理士合格とか、そのレベルではないとする。
つまり、資格取得などのメリットはないとする。

仕事で必要であるとか、会社経営などをしていて、税金の知識を活かす機会がある事例も除く。
生活のために必要なら必要に決まってるので、そういう差し迫った必要性がない場合を想定した話である。

おそらく誰であろうとも、一般常識として税金の簡単なことだけは知っておいて無駄にならないであろう。
だから、一般常識は必要性の枠に入るものとしておく。

問題となるのは、「一般常識」よりは難しく、しかし、税理士合格できるレベルではない、という程度の税金の勉強して何になるのか、という話である。

端的に言えば、必要がないであろう。
そもそも専門性に没頭している人であれば、そういう中途半端な知識を身につけることに時間を割くべきではない。
物理学者が、物理学をやる時間を削って税金の細かいことを勉強したり、あるいは司法試験に挑戦しても愚かでしかない。

ではそういう物理学者のような立場にいない人にとって、持て余した閑暇を使った手遊びとして、税金の小難しい勉強をしても無意味なのか、という話である。
ひとまずは無意味、という結論になる。
たまたまどこかで役に立つかもしれないが、メリットには直結しないからである。

こういう「一般常識」以上で「専門家」未満の実学を、実学的な教養と呼んでみることにする。
文学部的な教養は自己表現の世界であるから、趣味として好まれることもある。
これが税金の勉強となると、まったく自己表現ではない。
基本的には意味もわからず暗記することになるし、自己は疎外されている。

無味乾燥な細則であっても、その官僚的な文面の背景に浮かんでくる制度趣旨を察することはできるし、自分なりの解釈を加える愉しさもあり得る。
社会制度が人間を存在させているし、制度を踏まえてわれわれは存在しているのである。
もしくは特別に偉い人でなくとも、われわれは誰しもルールを策定する立場になりうる。
たとえば売春宿を経営するとしても、その店のルール設定は、人間の下半身の行動パターンを色々と勘案して考えなければならない。
いつでも制度趣旨については考えており、なぜこういうルールなのかと語ったりしているから、どのような実学であれ、なぜそういう仕組みなのか、という思考の遊びはできそうであるが、やはり文学と比べると自由度が低いということになるのであろう。
学んだことで資格が得られたり、実戦で使う機会があるのならいいが、そうでないとすると、自己疎外ということになってしまう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング