[悩みのるつぼ]漫画家になりたい孫 - 岡田斗司夫公式ブログ

このエントリーが話題になっているようです。
たぶん「漫画家になる」というのは、日本だと一番手近な逃避手段だと思われます。
そのあたりでピンと来た人が多いのでしょう。

さて。漫画家になりたいと言って勉強しない高校生。
この人生相談に岡田斗司夫が答えています。

岡田斗司夫の回答は適切であるように思います。
現実逃避で「漫画家になりたい」と言わせないために、期間を区切り、全力で漫画家を目指すようにさせると。
そうすれば、本人も音を上げるでしょう。
症状が軽いなら、はしかのように治るかもしれません。

ただ本人が業病のような根深い問題を抱えている場合、解決は難しい。
たとえば東京大学在学中に漫画家を目指しながら結局叶わず中退した有村悠さん。有村さんが東大を中退した理由は想像しか出来ませんが、彼は強烈な性的コンプレックスを抱えており、普通の人生の回路へと組み込まれていくことに拒絶反応があったと思われます。東大を卒業して普通の人生という仮面を被り続けることが彼には無理だった。そういう要素がなければ、東大生が絵の才能もないのに(わざわざ中退するつもりで)漫画家を目指すわけがない。32歳になってもセックス恐怖症で童貞だというマイノリティー性は、誰もが通り過ぎるような悩みではないですから、これを「はしか」のような形で一時隔離して処理するのは難儀だと思われます。

しかし解決不能の問題こそが、人間の文化の源泉ではないですかね。
順風満帆な人生を歩んだ人だけが歴史を作ったわけではあるまいと思います。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング