島田紳助の件に関して警察からのリークが相次いでいるようです。
「捜査関係者」が次々とマスゴミに情報流してる。

新聞の社会部でも、テレビの報道局でも、警察から教えて貰ったことを記事にしてるだけです。
警察(捜査関係者)からのリークに依存しているから、コントロールは容易い。
情報を持っているのが警察だから、立場は対等ではないし、マスゴミ操るのは簡単。

マスゴミが2ちゃんねる潰せないのも当然のこと。
警察は西村博之に関する情報はかなり握っているはず。
でも、警察にとって2ちゃんねるは釣り堀だ。
違反切符が簡単に切れる場所。
天国ですよ。
ヘブンです。
これだけ捕まえやすい犯罪者を量産してくれる装置はない。
バグ技みたいに点数が稼げる。
だから、警察は2ちゃんねるを温存する。
シンガポールにペーパーカンパニー作って民事訴訟を逃れても、警察には関係ないから怒らない。

いずれ時代の風向きが変わったら、「捜査関係者」は2ちゃんねるの裏側をマスゴミにリークするでしょう。
そしてマスゴミは大喜びでリーク内容を報じて2ちゃんねる潰しに奔走する。
こういう構造が悲劇なのは、警察の胸三寸で決まることです。
警察が2ちゃんねるを切りたいと考えたら、そのタイミングで潰すだけ。
マスゴミに自由なんてないんだよ。
警察からリークがあるまで「おあずけ」で待ってるだけ。

マスゴミだって、2ちゃんを報じたければ可能なんだよ。
強引に西村博之に貼りつけばいい。
テレビカメラで追っかけ回せばいい。
たいして情報は得られないだろうが、圧力にはなります。
ただ、そういうのはかなり面倒だから、警察からゴーサインが出るまで待ち続けてるんでしょう。
警察発表やリークを記事にするのが仕事だと考えてる人が報道関係者の大半だろうからね。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング