思うんだけど、有村さんは逆転満塁ホームランを打てるつもりだったと思うんだよね。
高等遊民を気取り、ピエロのように振る舞っていたのは、自分の中で成功する確信があったはず。
堕落しつつも逆転できると思ってた。
いずれはベストセラー作家とか、カリスマ批評家の類には当然なれるだろうと考えていたはずです。
だからこそ、周りも、本人のそのような自意識に悪ノリして、煽ってきた部分も大きい。

ただ、現在だと、有村さん本人も32歳だし、限界に気付き始めたのではないか。
確かに彼はかつて東京大学に合格しました。
そして中退しました。
若い頃ならそういう頭の良さの瞬発力でやれるだろうけど、年取るほど記銘力(新しいこと憶える力)が低下するので、そろそろ東大合格時の瞬発力も衰えてる。
有村さんと同じ時期に東大に合格した人は、頭の回転が多少衰えても、その間にかなり勉強し蓄積はしているはず。
有村さんは知性を磨き続けたとは言い難いので、いわば野球でドラフト1位の人が野球やらないで過ごしたようなものでしょ。

このあたりの人物像を描くことに需要があるとも思えない。
中二病をこじらせて何もかも失った中年みたいなのはテーマ的に面白いものになりうると思うけど、そういう作品を受け入れるマーケットがあるとは思わないんですね。
有村さん的な自意識は若者の特権であって、年齢的に若者でなくなった段階で無意味です。
ワナビをこじらせた中年というのは、興味深い課題だけど、それこそ新ジャンルの確率が必要なくらい。
(何者にもなれなかったおまえたち……というテーマは面白いはずだけどね)。

「いじる」というのは、いじられる側が受け入れてないなら、単なる悪意です。
もはや有村さんは夢から醒めていて、いじられたくないんじゃないのかな。
それだけですよ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング