人は成功した人の話しか聞かない。
失敗した話の方がためになるんだけど、笑い者にしたいという連中が頑張ってしまう。
成功した話は、実はためにならないんだけど、有り難がって崇拝する人間がいる。
声優になりたいという高校生がいた場合、成功した声優の話よりは、声優になれなかった人の話を聞かせた方がためになるだろ?

まあいいや。
本題に入ります。

僕は2007年あたりから、ブログ論壇的なものが衰退しているのは感じてました。
そしてライフハック(ハウツー)的なサイトに人気が出ているのも感じていた。
そのあたりの流れは、誰が見ても明らかだったよね。

直接的な原因として、たとえば「はてな匿名ダイアリー」の人気が出すぎて、個人のダイアリーにアクセスが流れないという構造的問題がありました。
はてな運営は、個人のダイアリーにアクセスを流す工夫をするべきでした。
2ちゃんに書けば千人くらいに読んで貰えるわけですが、はてな匿名ダイアリーの人気もそれと同じです。
書けば誰でも千人に読んで貰えるという世界。
書き手の力量が問われない悪平等です。
はてな運営は、はてな匿名ダイアリーが2ちゃんねる化しているのを止めなかったので、会社の方も衰退して欲しいものです。

そのような状況の中で、僕は、ライフハックは一時的な流行だという希望的観測をしてました。
しばらくすればブームは収まると考えてました。
しかし実際はライフハック全盛が続いてます。
ネット論壇的なものが不要とされる状態は今後も続くでしょう。
みなさんが必要としているのは「一個人の意見」ではなく「みんなの意見」なのだから、個人として論陣を張る類の人に対する興味は薄れている。
この部分は、僕もネット歴が長いのでかなり変化は感じます。
昔はオピニオンリーダー的な存在が尊重されていたのに、今だと、覇権?ですか、そういう勝ち組の意見だけを気にしてる人が多いように思えます。

ライフハック(ハウツー)的なものが流行っていることに気付きながら、それに力を入れなかったのは僕のミス。
もちろんタイミングが合えばいいというものではないけどね。
ライフハックな趣向でやっていてアクセスが少ないブログなんて山ほどあるから。
何にせよ、流行り廃りには敏感であるべきで、そしてその流行の持続時間の予想もシビアに行うべきでしょう。
僕は、論壇系のブログがどこかで盛り返すのではないかと頭の片隅で期待していて、予想を外してしまいました。
そして現在に至る。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング