最近僕に「ファンです」とか言ってくる人がいるんですが、全然嬉しくないんです。
過去の経験からして、結構な割合でアンチに変わるからです。
好き嫌いの感情が激しいというか、ファンになる人は同時にアンチにもなりやすいです。
野次馬根性の強い人だと、ファンでありつつも、アンチと同じ目線でwatchしたりするからね。。。

ネットでの評価は引っ込めることが出来ます。
紙媒体ならこれは違うんですよ。
僕が漫画家だとして、途中まで売れていたとする。
そしてつまらなくなって、「あいつつまんねーよ。もう買わない」と多くの人から言われるとする。
その場合でも、売れていた間の売り上げとか印税はそのままです。
「金返せ」と言われても、本当に持って行かれることはないわけです。
ネットでの評価は、これと違うんで、引っ込められてしまうんですよ。
一度貰った評価を奪い去られてしまう。

もちろん、ファンになったら永遠の忠誠を誓うべきなんてことはないし、むしろ評価が変わるのが自然な心理でしょう。
だから評価変えるのもいいんだけど、評価されていた間のことが0になってしまうからね。
実際、AMNに入っているような超大手ブロガーって、やたらとアクセスがあるわりには熱狂的な「ファン」がいないです。
ファンになる人がいなければアンチに変身する人もいない。
ファンがいるのは不安材料でしかないという悲しい事実。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング