以前atwikiの過去の不祥事について書いたら、弁護士からブログの削除を迫られたことがある。(仕方ないので該当記事を全部削除した)。どうやらatwikiには公益性がないらしい。公共の企業であるというスタンスではなく、私人と同じ扱いのようである。そういう姿勢はwikiという存在そのものである。wikiとはなんぞやというと、非公式の総本山として利権を貪る存在である。「非公式wiki」とはくせ者だ。実質的に公式に準ずるポジションにいながら非公式なのである。atwikiで言えば、貼ってあるグーグルアドセンスの収益はatwikiに入り、それ以外の広告収益は管理人に入る。おまえらは馬鹿だから、一生懸命wikiを更新してたまたま管理人になった人間に貢いでいるのである。おまえらはアフィアフィと一年中騒いでいるわりにはwikiのアフィには鈍感だ。
もちろん管理人になるだけで、後は誰か更新しろという態度では人が集まるまい。新作ゲームが出たら、wiki作りましたと言って自分で攻略情報をまとめたりするわけだ。運良く認められれば検索エンジンの一ページ目に表示されることになるし、かなり儲かる。嫌儲板の人間もこういうのには鈍感だから騒がない。というか、鈍感だから嫌儲板の住人になるわけだ。その鈍感さを頼って西村博之が降臨する。搾取する人間は搾取される人間のところにやってくるのだ。
ともかくゲームで言うと、公式サイトが攻略サイトをやるわけにはいかないわけだ。だから非公式な攻略サイトが必然的に求められ、今日ではwikiがその役割を担う。非公式のくせして王者でありスタンダードなのだ。そこで大きなお金が動いているのは当然のことだと言えるだろう。管理人は匿名であることが許され、アフィを咎められることもない。楽園である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング