http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000509-san-bus_all
産経新聞 1月23日(水)10時7分配信

米インターネット検索最大手グーグルが22日発表した2012年10~12月期決算は、主力のネット広告が伸び、売上高が前年同期比36%増の144億1900万ドル(約1兆2760億円)と四半期ベースで過去最高だった。

最終利益も前年同期比7%増の28億8600万ドルと、過去最高だった12年1~3月期に次ぐ高水準。12年通期の売上高は前期比32%増の501億7500万ドルとなり、初めて500億ドルを突破した。

基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(高機能携帯電話)の普及などを背景に、売上高の7割を占める自社サイトのネット検索に連動した広告が約2割増加。提携先サイト向け広告も好調に推移した。

グーグルがAndroidを作っている意図は明確で、スマホでもグーグルアドセンスを活かすためである。もし別の会社のOSが覇権を握ろうものなら、広告を非表示にするような、そういうOSにする可能性もあるわけだ。グーグルは現在世界最大の広告代理店であると言えるが、万が一スマホのOSの仕様で広告非表示にされたら桁外れの損失が生じる。Androidで覇権を握るというのは、グーグルアドセンスを守るためである。そしてその結果、グーグルは過去最高の売り上げとなっているのだから、スマートフォンの広告市場がいかに大きいかということである。電通がビデオリサーチを所有するとか、そんなのはグーグルに比べたらとてもスケールの小さい話だ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング