先日わたしはこんなリプライを徳力にたいして送ったわけである。


tokuriki.jpg


これに対する直接の返答はなかった。

だが、徳力が隊長と懇意になった経緯についてブログを書いた。


http://blog.tokuriki.com/2013/02/post_737.html
Q.二人とはどういう関係なんですか。
A.いや、別に関係って言うか、そんなマブダチとか人生の伴侶とかじゃないので、普通に知り合いという感じだと思いますけど。
やまもといちろうさんとは、15年以上前にニフティの起業家フォーラムか何かのオフ会で名古屋でお会いしたのが最初で、しばらく間が空いてブログ書き始めてから再会できて、アルファブロガー本でインタビューとかをお願いした関係です。
非常にクレバーな人なので尊敬してます。リアルで会うと凄いソフトな印象の人なんですよ、最近幸せ太りの傾向にありますが。


これからすると、隊長の100億円単位の資産を徳力は認めているということなのだろう。一般人のわれわれは隊長の大富豪たる片鱗をまったく見てないし、またかつての側近の井上トシユキが「(イレギュラーズ&パートナーズには)実態がない」と言って隊長を罵倒した経緯がある。これからすると、100億円単位の資産というのは怪しそうに見えるが、しかし、徳力と井上のどっちが信用できるかを考えて欲しい。われわれ一般人が知らないだけであって、隊長は徳力には預金通帳くらい見せているだろう。徳力のような優秀な人物が隊長の資産の確認もせずに付き合うことはありえない。だから井上の知らないすごい資産があるはずなのである。だからわれわれには不明ながら、100億円単位の資産を隠し持っているのだろう。
ただこの件で隊長が西村博之を訴えたり、もしくはわたしを訴えようとしたのは、あまりにも常識外れであり、それは批判しなければならない。100億円単位の資産があり、それを世間に隠しているというのなら、隠し通せばいいのである。産経新聞や扶桑社などの媒体で「100億円長者」を名乗るべきではなかっただろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング