http://book.asahi.com/booknews/update/2013022000001.html
家電量販大手のヨドバシカメラは20日、同社の通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で書籍のインターネット通販を本格的に開始した。オンラインでの注文は全国全品送料無料で、同店の買い物に利用できる「ゴールドポイント」を3%還元する。
現段階ではコミックが中心で約30万タイトルを扱う。東京、川崎、横浜、京阪神などの周辺地域では、注文同日の配送が可能。2月末には大手書店に匹敵する70万タイトルを扱う予定だ。すでに提供中のスマートフォン用アプリやキンドル用アプリ「ヨドバシ」でも注文できる。
全品送料無料と当日配送に加えて「ポイント還元」で、ネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムに対抗する。

家電量販店と言えば「アマゾンが悪い」が口癖だが、とうとうヨドバシがアマゾンと同じ土俵に乗るようである。アマゾンは確かに儲かっているが、利益率2パーセント弱くらいで、要は規模の効果で儲かってるだけだから、ヨドバシが追随して同じことが出来るとは思えない。
ヨドバシの戦略が間違ってると思うのは全国無料にしたこと。ヨドバシにはヨドバシの得意なエリアがあるはずで、そこだけに絞ればいい。アマゾンは現在、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、佐賀県、岐阜県に物流拠点があり、今度神奈川県小田原市にも出来るはずだが、要は僻地から運んでくるわけだ。ヨドバシは東京・川崎・横浜は同日配送可能としているが、ここだけに絞って展開した方がいいのではなかろうか。東京だとアマゾンは遅いがヨドバシは早い。アマゾンでもお急ぎ便加入すればいいのだけど、都会人だとそこまで頻繁に利用しない。東京でヨドバシを使えば、お急ぎ便無しで当日に届く可能性があるのだから、そこを売りにした方がいい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング