いつハッキングされるかわからないのがEvernote。
わたしは前々から警告してきた。
Evernoteがハッキングされたらどうするの?おまえらのライフログ(笑)がなくなるぜ、と警鐘を鳴らしてきた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130303-00000021-mycomj-sci
マイナビニュース 3月3日(日)11時10分配信

米Evernoteは2日、同社のシステムに何者かが不正アクセスしたことを公表した。一部のユーザー情報にアクセスされたとし、同社では対応措置として、全ユーザーのパスワードをリセットした。Evernoteを利用するにはパスワードの再設定が必要になる。

同社の日本語版ブログによると、アクセスを試みた人物またはグループが、ユーザ名・Evernoteアカウントに登録されたメールアドレス・暗号化されたパスワード等を含むEvernoteのユーザー情報へアクセスすることに成功したことが明らかになったという。

同社で管理している全パスワードは、一方向暗号化(技術的にはハッシュ化・ソルト処理)により保護され、強固なパスワード暗号化技術を採用しているとしつつも、事態を受けて、ユーザー情報を安全に保護するために追加での対策を講じるほか、万全を期すために、全ユーザーのEvernoteアカウントのパスワードをリセットすることになった。また、パスワード再設定の手続きをより簡単にするため、同社提供の複数のアプリのアップデートも実施する。

これにより、ユーザーがEvernoteを再び利用するには、パスワードの再設定が必要になる。デスクトップやウェブサイトから利用する場合は、evernote.com(
)にサインインすると、新しいパスワードの入力が促される。iPhoneやAndroidアプリの場合は、アプリを起動すると、強制的にサインオフされる(サインオフされない場合は一度サインアウトする)。以後、ログイン画面で「パスワードを忘れた」をタップして新しいパスワードを設定する。

なお、Evernoteに保存されているコンテンツが外部からアクセスされ、変更・消失した形跡やEvernoteプレミアムおよび Evernote Businessユーザーの決済情報がアクセスされた形跡は、確認されていないという。

こんなことは、これから何度あるかわからない。
ハッキング騒動はおまえらのライフログ(笑)が完成するまでにたくさんあるし、データがいつなくなるかわからんぞ。

Evernoteを絶賛しているゴミはあちこちで見掛けるが、たいていはアフィをやっている。


http://twi-papa.com/archives/4429
昨今急増している大規模なインターネットサービスに対する不正アクセスに対して、今回のような強固なセキュリティー処置を講じてくれるEvernote社については信用がおけますね。

こいつもAppstoreのアフィをやっている。だからEvernoteをプッシュして、関連商品のアフィで儲けようとしているのだ。
パスワードが盗まれたけど暗号化されてるから安全とか書いてるのは、ほぼ例外なくアフィをやっている。
アフィをやるのは結構だが、売りたいがためにEvernoteのような危険なサービスを薦めるのは言語道断である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング