1026-ms-surface-03.jpg


▼Windows RT版 Surface (2013年3月15日 日本発売予定。2013年3月1日時点)
10.6型 ClearType HDディスプレイ(1366×768) ゴリラガラス2
NVIDIA Tegra 3 T30 (1.5Hz/4コア)
2GB RAM、32GB または 64GB ストレージ、microSDスロット
USB 2.0ポート、micro HDMI
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ デュアル2×2 MIMOアンテナ、Bluetooth4.0
前面と背面にカメラ2台
ペン入力 なし
Microsoft Office Home and Student 2013
厚さ9.3mm、重さ676g
価格:32GB版4万9800円、32GB版キーボード付き5万7800円
   64GB版5万7800円、64GB版キーボード付き6万5800円


たとえば机に座ってテレビを見なければならないとしたら、億劫に感じる人が多いだろう。寝そべったり寝転がったり、くつろぎながら見れるからいいのだ。パソコンからスマホへ人の好みが動いているのも、「机に向かってパソコンをやる」という不自由さが忌避されているからだ。マイクロソフトのSurfaceが売れないのも、ノートパソコン的な使い方を提案しているからだ。もちろん寝転がってタブレット的にも使えるのだろうけど、提案されている使い方が、机に向かってキーボードを叩くやり方なのである。実際、マイクロソフトのOfficeが使えるのが最大の売りだから、「寝転がって使う」のとは違うのだろう。本体価格が5万円程度で、キーボードも合わせれば6万円するのだから、普通のノートパソコンか、もしくは普通のタブレットを買った方がいいということになるだろう。パソコンは永遠にあるからマイクロソフトは独占的に永遠に儲けられると10年前は思われていたが、ここに来てそういう優位性は崩壊しつつある。寝転がって使える端末が人々から支持された状態を見るに、マイクロソフトは今後凋落していくだけだと思われる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング