新しくて綺麗なマンションには誰もが憧れるわけである。日々の生活が高級ホテル住まいのような、そういうイメージだ。しかし、そういうセレブなライフスタイルに憧れるコストは高い。住んでればあちこちおかしくなってきて、修繕費とか色々掛かるし、耐用年数も限られている。タワーマンションからの都心の眺望は美しいが、それを楽しみたいなら高級ホテルに泊まった方がいい。マンションを買うよりは、賃貸の方が安上がりである。買うのは自己満足であり、コスパは必ずしもよくない。---そんなことが書かれている本である。

著者は一級建築士であり、そういう専門家としてちゃんと書かれた本である。内容自体は、専門的な小難しいものではなく、マンション購入者向けに平易に書かれている。前提となる予備知識無しでさらりと読める本。

2012年10月に発行された本なので内容も新しい。マンションを購入する可能性のある人なら一読する価値はあるだろう。わたしも六本木のタワーマンションの最上階の購入を考えていたのだが、この本を読んでとりやめることにした。騒音の問題ひとつ取っても、マンションを買ってしまったら終わりである。賃貸なら引っ越すというオプションがあるのだ。きらびやかに見えるマンションでも所詮は集合住宅であり、高級ホテルのような華やかなイメージを持つのは誤りである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング