これはノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンがアメリカ経済について書いた本だが、だいたい日本についても当て嵌まると言っていいだろう。
現在の日本は流動性の罠に陥っている。実質ゼロ金利なので、これ以上緩和のしようがない。こうなっては、財政出動をするしかないのだ。そしてインフレが続くという期待を持たせることである。リフレ政策の推奨だ。
要は(増税はともかく)論旨はアベノミクスそのままである。安倍晋三を盲目的に信奉しているネトウヨが最近目に付くが、せめてこの平易な本を読んで理論武装すれば馬鹿が目立たないのに、と思う。
経済学の本でこれだけ簡単な本はそうはない。あと「ノーベル経済学賞のクルーグマンの本に書いてあった」と引き合いに出せるのだから、せめてこれ一冊くらいは読むべきだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング