津田大介自体は経歴に嘘はないが、周辺は経歴の怪しい人間が多い。アルファになるための手段として経歴を詐称する短絡的な人間が多いわけで、それを津田が拒まないからである。

津田はとても合理的な行動を取っているように思われる。津田の生業は有料メルマガ、つまり情報商材である。紙の書物なら書店に並ばない蜃気楼のような「情報」を売って生活しているわけである。これがブームになるマインドを支えているのは経歴詐称である。本当の話なんてつまらない。等身大の人生そのままの話なんて誰も求めない。「盛った話」の方が魅惑的である。有料メルマガの読者が求めているのは、資格試験の参考書みたいな内容ではなく、情報商材としての蜃気楼なので、経歴詐称するプレイヤーは必ず必要なのである。

経歴詐称はとてもリスキーな行為だ。破滅的なチャレンジである。嘘の経歴がバレれば社会的生命を断たれるという状況の中で綱渡りの人生を歩むわけである。津田大介はこういうプレイヤーと交流することでリスクヘッジしているのだ。津田本人は経歴詐称のようなリスキーな行為はしない。綱渡りから落下して頭蓋から脳漿が飛び散るような惨めなラストは迎えないように気を付けているし、嘘は極力言わない主義を貫いている。しかし有料メルマガという情報商材のブームを支えるためには経歴詐称で話を盛るプレイヤーが必要なので、それは抱え込むわけだ。仮にそいつらの経歴詐称がバレて破綻したらトカゲのしっぽ切りである。

野球が全然出来なくても野球評論は出来るわけで、経歴詐称する人間でも業界人トークは出来るわけだ。というか詐称しているからこそ、業界人トークが出来るのだ。本物の業界人なら守秘義務があるから余計なことは言えない。作り話だからこそ話せるのである。そういう作り話が情報商材の顧客から求められているわけで、誰かがこれをやらなくてはならないのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング