真性引き篭もりという元アルファブロガーがいる。
かつては多大な影響力を持っていたが、中小サイトを名指しで攻撃し閉鎖に追い込む行為を10年間続けてアルファに奉仕した結果、読者から見捨てられた。

その真性さんがこんなエントリーを書いている。

http://www.sinseihikikomori.com/2013/05/blog-post_29.html
僕等がインターネットだと思い込んでいるものは、インターネットなんかじゃない。インターネットの死体だ。ブログだと信じているものは、ブログじゃない。ブログの死体だ。


昨今のSNS的に支持されているブロガーの流れが気にくわないようだ。
相手が中小であれば名指しするはずなので、名指ししないということは津田大介やコグレマサトのような生ゴミを念頭に置いているのだろう。

今のインターネットはアスペルガーとADHDを排除することで成り立っている。そういう排除の理論で浮かび上がり頂点に立ったのが津田大介である。津田は注意力が高く多動性もなく自閉性もないので、とてもフラットな人間だ。顔も凹凸が無く真っ平らであり、いろんな意味でフラットなのだ。おまえらのように多動性や自閉性でとがった奴らが排除された結果、最もフラットな津田が頂点に君臨することになった。

こういう状況を覆すためには、真性引き篭もりのようなガチのアスペルガーが立ちあがるべきなのだが、やはり10年間中小サイトを叩き潰し、アルファは絶対名指ししないという規則を守り続けてきただけに、今さら腐った根性は変わらないのだろう。真性さんが津田大介を名指しで批判するなら改心のしるしとして認めなくもないが、アルファには決して抵抗しないという主義のようである。真性さんはこれからも同族嫌悪で発達障害を叩き潰し、定型発達者に奉仕し続ける。結局のところ、真性さんはアウトサイダーアートにはなりきれず、アスペが丸くなろうとする無駄な行為で時間を浪費しただけなのだ。自らの自閉性を運命性として受け入れずに、それに逆らってきたのだから、今日の低迷は当然と言えるだろう。「自閉は悪」という世間の論調に屈しただけの小者である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング