https://itunes.apple.com/jp/app/raburaibu!-sukuruaidorufesutibaru/id626776655?mt=8

ソーシャルゲームは、「むしれるだけむしる」ものだ。ヤクザと関わったら骨までしゃぶられる。お金を払う機械になってしまう。たとえばKLabのキャプテン翼の搾取は凄まじいものだった。KLabから削除依頼が来ても面倒なので、具体的には書かないでおく。とにかく金だ。金のためなら何でもする。それがソーシャルゲームだ。

そういう悪評が災いしてか、KLabは赤字に転落したのだが、最近の「ラブライブスクールアイドルフェスティバル」の大ヒットで黒字に転換したようである。

いわゆる音ゲーである。輪っかがたくさん降ってくるので、それに合わせて(μ'sの曲に合わせて)タップしていく。それだけなのだが、とても楽しい。ラブライブが好きでなくても、アクションゲームとして楽しめる。そして女の子たちはそれぞれスキルを持っており、そのスキルが発動するとカットインしてくる。これがとてもかわいい。


lovelive01.jpg

lovelive02.jpg

lovelive03.jpg




ソーシャルゲームは、背景レイヤーと人物レイヤーを分けてないことが多いのだが、このゲームは人物の背景が透過されているので演出がとても綺麗だ。(ちなみに難易度が高くなると、このカットインが邪魔になってくるので、設定でオフにするのが普通だ)。

パズドラのパクリみたいなゲームはたくさんあるが、たいてい操作性が悪い。パズドラのよさは、アプリケーションとして操作性がとてもいいことなのだ。パクリゲーは、ドロップの動きなどが雑であり、爽快感がない。パズドラのぬるぬるした秀逸なインターフェイスに慣れてしまうと、他の糞ゲーやるのはストレス最大で無理。しかし、そのパズドラと比較しても、スクフェスはかなり出来がよい。パズドラのような軽快な操作性があり、なおかつμ's(ミューズ)の女の子の絵の可愛さや、その演出のよさも最高クラスだ。

このゲーム自体を作っているのはKLabだが、運営はブシロードである。このラブライブスクールアイドルフェスティバル(通称スクフェス)は課金しなくてもまったく問題なく楽しめるゲームである。アクションゲームなのだが、無課金デッキでも普通にクリア出来てしまう。高いスコアを出すには、課金してガチャを回して強いカードを手にすることが必要だが、これは表層的なスコアの問題なので、ゲーム自体には問題がない。たとえて言うと、シューティングゲームだとして、無課金でも何ら問題なく最後までクリアできる。ただデッキが弱いので、スコアはとても低いというだけなのだ。このゲームはハイスコアでユーザーを対立させるという構図もない。現段階でもハイスコアランキングはあるのだが、ほとんど意味がない位置づけになっている。ユーザー同士を対戦させて競争意識を煽るのが量産型ソーシャルの基本だが、スクフェスは純然たるアクションゲームなのだ。

これはKLabが改心したというよりは、ブシロードが素晴らしいということだろう。ブシロードはオタクに理解があり、ラブライブを誰でも楽しく遊べるゲームにしたのだ(と思う)。KLabが運営していたら、ユーザー間の対立を煽り、ハイスコアのために死ぬほど課金する方向にし向けていただろう。もちろんいつまで良心的な運営が続くかわからない。ハイスコアで競わせれば売り上げがさらに上がるのは明らかなので、どこかで方針転換する可能性もある。

パズドラはユーザー同士の対戦がない。ユーザー同士で競い合わせると、熱くなって高額課金する人間も出てくるわけだが、それだと普通のユーザーが付いていけない。売れてるソーシャルゲームでもアクティブユーザーは1万人未満が普通だ。スクフェスはパズドラと違って間口が狭いので、少数に高額課金という方が向いているだろう。実際、ラブライブのオタクというターゲットを考えたら、10万円単位の課金は平気だと思われる。わたしは、ユーザー間でハイスコアを競い合うという流れになったらこのゲームやめる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング