有村さんからこのようなお叱りを受けました。


https://twitter.com/y_arim/status/348664169584795650
arimurayuuuu.jpg




有村さんと言えば、ファッションメンヘラであり、どこも悪くないのに趣味で精神科に通院し、自立支援(一割負担)をいいことに、グルメのようにさまざまな種類の薬をあさって飲むのを趣味とされている、と思っていました。有村さんは、少なくとも、そのような仮面をかぶってきたはずです。ファッションでメンヘラをやり、ファッションで童貞をやる、そのように演じられてきました。

有村さんは多弁であるためわかりづらいですが、ファッションを装っていただけで、実はかなりの精神的外傷を抱えているのかもしれません。東大にストレートで合格して順調な人生を歩んでいた過保護なお坊ちゃんが庵野秀明の後継者を自称し、アニメ研究会の後輩にフラれて発狂というのは、深刻な理由を隠すための物語かもしれません。

こう考えることも出来ます。有村さんが庵野秀明を目指したのは、耳の聞こえない人がベートーベンを目指すような、そういう転倒性があった。何らかの拭いがたい問題を芸術に昇華させたいという必死の思いがあった。34歳になっても童貞であり、風俗にさえ足を踏み入れないのは、性的欠陥がある。何らかのひとかどの存在になれたなら、言い難い真相を打ち明ける日も来るだろう。

何にせよ、そのあたりの真相を探りたいわけではありません。

星島は幼少期から足に大やけどがありいじめられ、また親子仲も険悪であり、女性への激しいコンプレックスから、かなり歪んだ内面を築いた。星島は同人でかなり残酷な絵を描き続けました。星島は特にイケメンというわけでもないが、わりと整った容姿であり、プログラマとしては普通に稼いでいたから、足の大やけどがなければ大過なく人生を歩んでいただろう。問題なく恋人は出来ていたし、結婚もしていただろう。(ちなみに彼は30過ぎてから風俗で童貞を捨てたようだが、相手の女には満足出来なかったようだ。いわゆる地雷かもしれない)。

もし万が一、有村さんに星島のような背景があるのなら、今までの非礼を詫びなければならないが、しかしおそらく、東大生がママとの関係をこじらせてメンヘラになったのが正解だろうと思っている。加藤智大に敬称を付けている有村さんだけに、そっちの可能性の方が遥に高い。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング