最近ジョンレモンという匿名ユーザーが上杉隆の急所を突いているわけだが、その上杉を擁護しているのが小倉弁護士である。まさにアンチ正義の弁護士らしい言動だ。上杉の虚言より、正義を振りかざすジョンレモンの方が許せないらしい。小倉弁護士は(上杉の言動には触れずに)匿名は卑怯というツイートを延々と繰り返しているのである。

小倉弁護士は話が通じない。昔からそうだ。小倉弁護士は一応は旧司法試験に合格しているのだが、なぜ頭の悪いツイートしか出来ないのか?

これはちゃんとした理由がある。弁護士の職業病である。弁護士は中立な立場で活動するのではない。片方を代理するわけである。弁護士は双方代理が禁じられている。争いの双方の話を聞きながら調停するようなことは出来ないのだ。あくまで当事者の片方の代理人として活動する。小倉弁護士の奇妙なツイートもこれでだいたい説明できる。小倉弁護士は(上杉から依頼されてるわけではないが)ひたすら上杉を擁護するツイートばかりしている。これが弁護士の視点なのだ。上杉とジョンレモンの双方の言い分を公平に聞いて判断するのは弁護士の仕事ではないし、(そういう双方代理は)弁護士法で禁じられている。

小倉弁護士のツイートを見ていると、福島瑞穂を思い出す。福島瑞穂も、彼女の言動は弁護士特有なのである。あくまで片側の言い分だけを徹底して主張するのだ。双方の言い分を汲み取るのは弁護士の仕事ではないので、片側の代理人として、その有利な材料だけを延々と言い続けるのだ。

こう考えると、昔からネットで活動している小倉弁護士が、有名でありながらも論客として認められていないのは当然のことである。上杉とジョンレモンの双方の言い分をバランスよく聞いて、鋭い解釈を示すことは出来ないのである。あくまで上杉の側に付いて、「ジョンレモンは匿名だから卑怯」と言い続けるしかない。(もちろんジョンレモンから依頼されて、ジョンレモンに有利なことだけ言うのも可能だ)。決して狂っているのではなく、片方の言い分の代弁者となるのが弁護士の業務であり、そのように訓練されているのだ。そういうわけなので、われわれは小倉弁護士の言動は職業病と思っておくしかない。物事をいろんな角度から見て、いろんな人の見解を踏まえながら総合的に考察するのは、弁護士には向いてないのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング