サムスンは現状、Androidのスマホ市場を世界的に制圧している格好である。韓国のGDPの二割はサムスンが稼ぎ出している。だが、これはちょっとしたことで崩壊しうる。たまたま現在ではGalaxyがコスパ的に優れているだけで、他にもっといいのが出てきたら、Galaxyに依存しているサムスンは一気に没落する。

アップルであれば、そういうことはないわけだ。高くても買う、というか、むしろ高いから買うというアップル信者がそれなりにいるわけである。ジョブズが鬼籍に入ったので、このような信仰がいつまで続くかはわからないが、高いから売れるという構造がアップルにはある。低価格競争をしなくても、製品の価値さえあれば、それで売れるのである。高くても高さに見合うだけの性能があれば許されるので、そう簡単には没落しない。

Amazonはかつてインターネット最大の赤字企業と言われていた。これは慧眼なる創業者のジェフ・ベゾスが、市場を独占することが最優先と考えていたからである。独占すればその後は儲かるだけと考えていたから赤字を垂れ流していたのであり、そして現在は、対抗馬が入り込む余地がないくらいに圧勝しているわけだ。サムスンのGalaxyはこれとは違って、排他的に独占しているわけではない。

Galaxyはとても売れているが、アップルの売れ方とは異なるので、いつ沈没するかわからない。Galaxyでなければならない理由など無いので、どこかのメーカーがそれ以上を出した段階でサムスンは終わる。iPadはNexusより高くても売れるが、Galaxyはそういうわけにはいかない。サムスンには独占の排他的優位性がないのである。マイクロソフトとかグーグル、もしくはアマゾンを後から追い抜けないのとは話が違う。GalaxyはiPadのようなオンリーワンな魅力がないから、追い抜かれた段階で、駄目になる。現在世界的に売れている製品のうちGalaxyくらいに追い抜きやすい対象はない。マイクロソフトに対抗してパソコンのOSを作るような無理ゲーとは正反対であり、Galaxyに対抗するにはGalaxyより優れていればいいだけである。

サムスンがTizenというOSで勝負しようとしているのは、Androidの市場で世界的に圧勝しながらも、それに優位性がまったくないことを認識しているからである。万が一OSで主導権を握れば、独占の優位性が生じると思っているのだろう。ノキアの端末はあれほど売れていたが、現在苦境に陥っている。かつてフィンランドのGDPの4パーセントがノキアだったが、現在は1パーセント未満である。ノキアはSymbianというOSを搭載したスマホを出して失敗に終わっているが、たぶんTizenも同じ結果になるだろう。いずれにせよ、このあたりは低価格競争の問題になりそうだ。アップルみたいに「高くても売れる」ポジションをサムスンが築くことはない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング