https://twitter.com/kaien/status/352791344235823104
charmoe.jpg

海燕と言えば、今やブロマガの人気ライターである。推定月収は30万円だ。これがなければ34歳ニートだったのだから、本人としてはかなりの成功と言えるだろう。ブロマガ以外にも仕事の依頼があったりするようだ。また、ドワンゴに行くとお茶を出されるらしい。最近は友達の家に半月も滞在していた。昨日はイタリアンレストランで食事をしたそうである。現在は新潟でパラサイトしているが、東京で一人暮らしすることを考えている。やはり成功したことで活発になったのだろう。

海燕と同じくブロマガの初期メンバーに選ばれながら結果を出せなかったのが有村悠さんである。「海燕の文章なんざ読む価値無い」とかdisっている間にずいぶん差が付いてしまった。

無論、有村さんがブロマガでろくに更新しなかったのはいろいろな理由があるのだろう。だが海燕は言い訳をせずに更新して成功した。有村さんは言い訳ばかりで更新さぼって現在に至るのである。やはり言い訳が先に出る人は駄目ということだろう。

さて、海燕のこのツイートは興味深い。確かに海燕はキャラ萌えではない。キャラが好きという話は極端に少ないと思われる。有村さんは対照的にキャラの話しか出来ない。海燕のように、物語のポイントを解説してみせることが出来ないのだ。
有村さんは東浩紀と立ち位置が似ているとも言えるだろう。東浩紀はキャラクターを(物語から切り離された)データベースとして消費するのがオタクの本質だと説いた。ある意味、物語のポイントが見えてないから出てきた理論である。実際に東が原作を書いたフラクタルが大きな失敗作となったのはよく知られる。
海燕の周囲の人間関係を見ても、分析屋が多い印象がある。東浩紀や有村さんのようにデータベース消費、つまりオカズとしてオタク作品を求めている人間とはあまり交流していない。
データベース消費のオタクは、まさに消費者であることが望ましいのだろう。有村さんは作り手を目指さずに、普通に東大を卒業して公務員でもやりながらアニメグッズをたくさん買っていればよかった。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング