豚小屋から産まれた津田大介はゴミ。

Winnyの金子さんが心筋梗塞で亡くなったわけだが、津田はこれに言及してない。津田は視野が広いんで、物事を「広く浅く」見ており、とても平均的に振る舞う。これが日本人的には受け入れられたのだろう。Winnyについては触れない方が平均的な正解ということなのだろう。もしくはフォロワーから「触れないんですか」という意見が多ければ、軽めにツイートして宣伝RTで流すくらいはするかもしれない。ともかく、そういう平均的な落としどころを常に探っているゴミなのである。

発達障害の分野で有名な杉山登志郎医師は、発達障害を発達凸凹と呼ぶことを提案しているが、津田はそういう凸凹がないのである。だから大人気になるのだ。

金子さんの心筋梗塞という死因は何とも言えない。自殺なら心不全と言うことが多いので、たぶん本当の心筋梗塞で倒れたのだろう。最高裁で無罪になったので、第一線に復帰していたから人生への不安などはなかっただろう。くだらない裁判に巻き込まれたことで心労の蓄積はあったかもしれない。

金子さんのような天才肌は日本では生きるのが難しかっただろう。いや、Winny作れるくらいの突出したプログラムスキルがあったから、普通にエリートではあったが、華々しい栄光には遠かった。P2Pは著作権問題に絡むので、アメリカならラリー・ペイジやザッカーバーグのようになっていたなんて軽々しくは言えないが、だがアメリカならアメリカなりのサービスを考えていただろう。ともかく(成功するしないは別として)金子さんはアメリカ型の天才だったと思う。

何にせよ、最高裁で無罪になるまで金子さんは引っ張り回された。はっきり言って見せしめである。ホリエモンや村上ファンドと同じである。ホリエモンは逮捕は当然だが、執行猶予が付いてもよかったという見解もある。警察が逮捕すると決め込んだら、そこで終わりなのだ。金子さんは最高裁で無罪になったが、プログラムは脳の若さが必要なので、失われたものは大きい。普通の人間の時間ではなく、天才の時間が妨害されたのである。

何が言いたいかというと、金子さんは死んでしまうような国だが、津田大介は栄えるばかりということだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング