http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130708-00000053-dal-ent
デイリースポーツ 7月8日(月)20時35分配信

今年4月に未婚のまま女児を出産したことを明かした安藤美姫=新横浜プリンスクラブ=が6、7日に出演したアイスショーで選んだ楽曲、AIの「ママへ」に問い合わせが殺到していることが8日、分かった。AIがブログで明かしている。

福岡市内で行われたショー「ファンタジー・オン・アイス」で、出産告白後初の演技を披露した安藤は、ゲスト歌手AIの楽曲の中から、「ママへ」を選曲した。

AIの生歌に乗り、自分が母になったからこそ分かる思いを情感豊かな滑りに込めた安藤。自らを生んでくれた母への愛を込めたバラードで、母としての強さや優しさを歌った同曲は、未婚のまま母になることを決意した安藤自身に向けた歌にも聞こえた。

AIは8日、ブログを更新。安藤とのツーショット写真を掲載し、「もう言葉じゃあ言い表せない感動がありました!!!!」と自分の生歌に逢わせてスケーターが滑る「ファンタジー‐」の魅力と興奮を伝えた上で、「本当に感動的な2日間でした。この気持ちのまましばらく頑張れそうです!!!!」とつづった。

公式ブログには、安藤がAIとのコラボパフォーマンスで選んだ楽曲「『ママへ』の問い合わせが現在殺到しています」として、ダウンロードの情報などが掲載されている。

「ママへ」を含むニューアルバム「MORIAGARO」は17日発売。

こういうのを見てると、周りの大人のマネジメントが相当に馬鹿なのだなと思わざるを得ない。何年か前に絢香のステマをやっていたのもそうだが、とにかく頭悪いというか、業界ゴロみたいなのが周囲にいるのだろう。テレビ朝日での告白も、その一環だと思われる。

平野綾ちゃんでもそうだが、周りのマネジメントの能力が重要である。マネジメントが悪い結果は本人がかぶる。ももクロなんかは裏方の勝利であり、メンバー全員入れ替えても成り立つくらいである。それくらいにももクロのマネジメントはしっかりしている。このあたりは運不運の問題もある。

安藤本人は知能指数100未満だと思われるが、浅田真央だって頭は悪い。だが浅田真央は集中力や注意力が高いので、物事に取り組む姿勢は超一流であり、その研ぎ澄まされた中枢神経の力によって、アスリートとして高いパフォーマンスが出来る。中枢神経の出来不出来は生まれつきなので、なかなか変えられないが、これも運不運である。

安藤はモロゾフに依存している状態が一番幸せだったと言えるだろう。本人の知力が低く、集中力・注意力も足りないため、モロゾフの言うことだけ聞いてる状態は幸福だったはずだ。安藤みたいな自律出来ない人間の能力を引き出すには「男」しかないので、モロゾフに関しては恵まれたと思う。遊び人であり女を取っ替え引っ替えしてるので、普通は近づかない方がいい男だが、能力はあるからだ。モロゾフは女を乗り換えるので、幸福は長期的には続かないが、アスリートとしての能力を一時的にブーストさせるパートナーとしては最適だった。

これからの安藤の人生にモロゾフはいないわけである。国内のマネジメント担当は頭が悪そうなので、今後は迷走すると思われる。その結果は本人がかぶるしかない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング