カチェリーナが息絶えようとしていた頃、深夜の宮殿に訪問者があった。領地の修道院で生活する少女であり、顔は知っていた。グルーシェンカと名乗る少女は胸に手を当て敬虔そうな表情を作った。
「カチェリーナ様が亡くなられるということで、訪問させていただきました」
「わたしは修道女などに用はない。おまえらは天国を信じている詐欺師である。天国など絶対にあるわけがない。だいたいいろんな時代や国家の人間が天国で共存できるわけがない。天国は単なるユートピア思想であり、そんなものは断じて存在しないのだ」
「せっかく死ぬ前に天国という嘘話で慰めて差し上げようとしたのですが」
グルーシェンカは顔を歪めて笑った。その表情の変化は、カチェリーナをぞっとさせた。敬虔に思えた修道女に悪魔が舞い降りたのだ。
「カチェリーナ様は、何事も為し得ないまま死んでいくわけです。それがとても不憫なので、天国という嘘を教えに来たのですが、差し出がましい行為だったようです。まったく貴族の血筋ではないのにベルサイユ宮殿みたいなお城を建ててみたところで、お笑い種でしかありません。教会の墓地に埋めるのももったいない。そこらの林道に死体を捨てましょう。腐臭を発し、蛆虫が湧いた死体を晒されるのが、あなたにふさわしい結末です。そのような人生を歩まれてきたのです」
カチェリーナの心臓が早鐘を打った。このグルーシェンカという少女はまったく神を信じていないようだった。本物の無神論者を目の前にすると、天国への未練があるカチェリーナなど物の数ではなかった。先ほどまでの甘えた諦観が打ち砕かれ、今さら神にすがりたくなってきた。
「おまえは悪魔崇拝者か。その手に持っている聖書はまやかしか」
「わたしは決断主義者です。時間の中で決断したものだけが、そこに生存し、存在を残せるのです。カチェリーナ様は一度も決断しなかったので、この世に生存しなかったのです。あなたは生まれてから死ぬまで領地から出ませんでした。クリミア半島から黒海を眺めたことすらないのです」
「偏頭痛があったからな」
「ツイッターをやっていると治る偏頭痛でしたよね。決断できない人間は、そういう病気に罹るのです」
カチェリーナは冷たい床に手をついて震えるしかなかった。痙攣しながら滂沱の涙を流し、これから訪れる虚無に絶望した。もはやグルーシェンカの顔を見る勇気さえなかった。グルーシェンカと目をあわせないことで、天国に行けるという一欠片の希望を信じていたかった。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング