人間の性格なんて脳に決められている。
たとえば多動性の有る無しで性格はかなり左右される。
多動性があると、他人にちょっかいを出す。
逆に多動性がないと、他人を無視する傾向にある。
多動性は男児の特徴であり、女児の多動性は比較的稀であるが、女子が無視を多用するのは多動性の低さゆえである。
無視というのは「自分の方が落ち着きがある」という示威行為なのである。
他人にちょっかいを出すのも無視するのも、脳の中枢神経の問題でしかないのだ。

落ち着きのある人間からすれば、落ち着きのない人間は単なる馬鹿である。
多動性は今日では障害者と言われる。
個性ではなく優劣なのだ。
多動性がない方が優れており、多動性があると劣っている。
多動性があると例外なく問題児である。
巨漢であればジャイアン的に振る舞い、本人はいいかもしれないが、周囲は迷惑する。
多動性がない人間が、多動性のある人間を無視するのは自然なことである。

道化を演じるのも多動性の特徴である。
これは落ち着きが無く浮いているため、黙っていると違和感があるからである。
なので、道化となることが多々あるわけだ。
多動性を笑いに変換しようという行為なのである。
多動性が強い人間と多動性がない人間は人種が違うのだが、そのギャップを埋めようとするのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング