http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130823-00001494-yom-soci
読売新聞 8月24日(土)7時24分配信

インターネット掲示板「2ちゃんねる」の元管理人・西村博之氏(36)が、同掲示板を管理・運営する権利を海外法人へ「譲渡した」と公表した2009年以降も、同掲示板の広告収入約3億5000万円を受け取っていたことが関係者の話で分かった。

西村氏はうち約1億円について、東京国税局から申告漏れを指摘されたという。譲渡後も同掲示板と密接な関係だったことが、金銭面から裏付けられた。

西村氏が自身のブログで2ちゃんねるの譲渡を公表したのは09年1月。譲渡先とされたのは、シンガポールに法人登記されていた「パケット・モンスター社」だった。同年6月に出版した著書「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」では「管理人を外れ、アドバイザーもしくは単なるユーザーになった」などと記していた

こういうのも当然ながら予想されていた出来事である。西村博之が海外に財産を移しているのは容易に想像出来ていたし、日本で税金を払う気がないことも容易に想像出来た。

警察が「有害なものが2ちゃんねるに固まってる方が便利」と野放しにしていた結果、様々な問題が起こっているわけである。2ちゃんねるなら捕まらないことでも、ブログだとすぐに法的措置取られて終わるのが現状である。

西村の父親、西村国之は税務署員だが、息子のおかげでずいぶんうまい飯を食っているのだろう。こいつに街中で会ったら顔に唾を吐きかけてやる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング