艦これは話題沸騰のため、なかなか新規登録出来ない。
わたしもDMMに登録してから艦これ始めるまで一ヶ月くらいかかったような気がする。

ゲーム内容としては、古臭いファミコンみたいなゲーム。
だがそれがいい。
最近のコンシューマーゲームはストーリーがかっちり決まってるので、ゲーム体験がない。
シナリオの展開に合わせて操作してるからつまらない。
たとえばRPGなら、この場面ならこのパーティーみたいに面子が決まってる。
そうやってシナリオの都合で決められてしまうと、ゲームを遊んでる感じがしない。

艦これは昔ながらのシミュレーションゲームで、ストーリーの縛りがない。
好きなようにやることが出来る。
ブラウザゲームで絵もたいしてよくないのだが、古いところがいいのである。
わたしはソーシャルゲームかなりやっているが、艦これは最近のソーシャルゲームの流れは意外と汲んでいない。
ソーシャルゲームは結構デッキが固定されてしまうことが多いのだが、艦これは頻繁に艦が破損するので休ませなければならず、その間は別の艦を使うしかない。
こういうやり繰りが楽しいのである。
もし仮に艦これの艦が壊れることなく、延々と戦い続けるのであれば、同じデッキでクリックするだけのゲームだった。
多くのソーシャルゲームはそういうタイプなのである。
艦が故障するという概念を持ち込んだことで、(昔のソーシャルゲームの要素を持ち込んだことで)、ソーシャルゲームのマンネリ感も打破したのである。
たぶんこれからのソーシャルゲームも(艦これの真似で)怪我で休ませるみたいな流れが多くなると予想。
それだと控えに回ってしまったカードの出番もあるわけだ。

基本的に艦これは課金する必要がない。
課金しなくても問題なくやれる。
だが、わたしは始めるのにずいぶん待たされたので、ちょっとペースを上げたい。
2-4(沖ノ島海域)を抜けられる見込みが全くない状態である。
壊れた艦を休養させるドックをひとつだけ追加した。
これは課金が必要で1000円である。
ドックがひとつ増えれば回転率も上がる。
場合によってはもう少し追加するかもしれない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング