先日わたしは艦これのドック増設に1000円課金したわけである。デフォの2つだと時間が掛かるので、3つに増やせば、回転率が上がると考えたのだ。そして回転率は上がった。しかし、資源があっと言う間に無くなるという問題に直面した。そういう予測すら出来ずに1000円課金したのだから、あまりにも馬鹿としか言いようがない。

だったら資源にも課金すればいい、と思った。しかし、この資源がアホみたいに高いのである。課金するのはいいのだが、1000円課金したところで雀の涙程度の資源しか手に入らない。10000円課金しても、たいして変わらないくらいである。これでは課金する意味がない。

たぶん艦これの運営は頭が悪いのではなく、わざと高くしているのだろう。資源がもっと安く買えたら、当然ながら課金者はたくさんいる。これだけ人気のあるゲームだから、ユーザーの気前もいいだろう。課金効果が高いとなれば、飛ぶように売れるのは間違いない。だが、仮に10000円課金することで、デッキの強さが大幅に変わったらどうだろう? 課金者と無課金者がまったく次元の違ったゲームをやるというソーシャルゲームにありがちな構図になる。そういうヒエラルキーを避けるために、角川としては、課金してもたいして効果がない設定にしてるのだろう。

わたしはソーシャルゲームをよくやるのだが、パズドラのような例外を除くと、アクティブは3000人から10000人程度である。App Storeで上位にあるゲームでもそれくらいだ。そのうち一割くらいが課金してると思う。ごく限られた人間が一生懸命課金してるだけなのである。艦これがそうなったら儲かることは儲かるが、コンテンツとしては育たないだろう。少人数が懸命に課金することで売り上げは上がるとしても、(一部のユーザー以外は脱落するから)コンテンツとしての価値は下がる。

わたしも艦これに「資源の価格安くしろよ。課金くらいするから」と思っているが、もし本当にそうなったら、10万円単位の金を出せる人間がブイブイ言わせるようになるに違いない。そうなるとわたしなどは肩をすぼめて立ち去るしかないだろう。一万円札で殴り合える人間だけが残る。それだとソーシャルゲームとしては儲かるが、角川が艦これをコンテンツとして展開するのは無理になるだろう。

もっともサーバー増設出来ずに、新規参加が難しくなってるのは、収益構造がないからである。課金に頼らず多くの人にやってもらう仕組みを目指しているのに、結局資金不足でサーバーがパンクし、人数制限してるのでは、結果としては少数のユーザーしかやってないということになり、このコンテンツの先行きは暗いとも思う。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング