最近の漫画もまだまだ捨てたものではない。ガンガンで連載中のハイスコアガール。これはかなり面白い。1990年代のアーケードゲームのシーンが舞台である。

ゲームセンター通いに命を賭けている主人公は、とある日、ゲームセンターでクラスメートの大野さんに出会う。大野さんはミステリアスな空気が漂うお嬢様である。大野さんは実はかなりゲームが上手く、当時の格闘ゲームで主人公をこてんぱんにしてしまう。ゲームに命を賭けている主人公としては、女の子に負けるなんてあり得ないと特訓するがそれでも勝てない。

コメディータッチで話は進んでいくが、この大野さんのキャラクター造型もよく出来ている。まったくの無口で話をしないのだが、それが深窓の令嬢というオーラを作り出している。この子と90年代のアーケードゲームで対戦するのだ。ゲームを通して、自分とは住む世界が違うお嬢様と関わるというのがよい。懐古的なうんちくで楽しめる部分も多いのだが、この大野さんのキャラのよさも素晴らしい。

たぶん有村悠さんのように親からゲームを禁じられ、東大入試のために丸暗記だけしてきた人間は、こういう漫画を楽しむことは出来ないだろう。なにしろ、オタク文化をリアルタイムで体験してないのだから、懐かしいもクソもない。この「ハイスコアガール」を堪能できるだけで、ゲーセンやセガサターンに夢中になった価値があろうというものだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング