yadoya.jpg

RPGだと宿屋に泊まれば全快するわけである。パーティメンバーがことごとく瀕死の重傷を負っても、小銭を払って宿屋に泊まればすべてが治る。しかし艦これはそういう仕組みではない。ことごとく大破しようものなら、そのダメージを回復するのに、多大な資源と時間が必要になる。これが艦これの面白さなのだ。いろいろ資源の使い方を考えないといけない。ソーシャルゲームの多くは何も考えずにクリックする快楽だったが、それはもう飽きられた。昔のファミコンのゲームのように、いろいろ考えなければならず、本来的なゲームの楽しさに立ち返っているのである。

さて、艦これは5-1に到達すれば初心者を卒業というイメージだが、わたしの前に立ちはだかる大きな壁が3-4である。4-4はもう突破したので、あとは3-4だけなのだ。しかしこれが厳しい。これに挑戦するたびに大きなダメージを追い、そしてその戦傷を癒すためのコストが莫大なものになる。艦これは課金して資源を買うのも可能であり、わたしも課金したことがあるが、あまりにも割高である。1000円払って燃料3000というレベルだ。1000円払って雀の涙の補充というのでは、課金意欲も湧かない。もちろんこれは艦これの長所であり、一万円札で殴り合う世界に突入したら、わたしは撤退せざるを得ないだろう。

われらが有村悠さんは、すでに5-3まで進めている。何の取り柄もなく、欠陥だらけの有村さんが、ツイッターでは艦これに詳しい人としてスターになっている。今年の前半に鬱で二ヶ月臥せっていたとは思えないほど、現在は快適に過ごしており、人生を謳歌しているのだ。こういうスーパースターの足下には及ぶべくもないが、なんとか、3-4は突破したい。しかし前述したような理由で、挑戦するたびにコストが掛かりすぎるので、たまにしかチャレンジ出来ない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング