http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300N0_Q3A031C1TJ0000/
2013/10/30 20:47

SGホールディングスは30日、傘下の佐川急便の2013年4~9月期の宅配便の取扱個数が前年同期比11%減少したと発表した。大口荷主向けを中心に料金値上げを求めたため。インターネット通販事業者を中心に顧客が他社に流れたが、運賃単価の下落に歯止めをかけることを優先した形だ。

取扱個数は約6億625万個だった。採算改善を狙って値上げを要請した結果、顧客離れがおきた。約7700万個減ったうち、米アマゾン・ドット・コム分が3000万個程度を占めているとみられる。

「2桁減は想定外だった」(SGホールディングスの和田潔取締役)。取扱個数が急落する一方で、4~9月期の単価は481円と前年度同期から約5%(約22円)上昇。足元では490円近くまで戻している。

一方、ライバルのヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸の13年4~9月期の取扱個数は約7億9400万個と前年度同期より11%増えたが、単価は12年4~9月期(591円)から3%(17円)下落した。

佐川は13年度通期の取扱個数についても前年度比10%減の12億2千万個と、同3~5%減としていた従来予想を下方修正した。1998年の宅配便サービスへの本格参入以来、取扱個数が初のマイナスになる見込みだ。

最近佐川とアマゾンの契約が切れたので、ゆうメールばかり使ってきやがる。
ゆうメールは速達・書留なら休日でも配達するが、普通だと休日は来ない。
アマゾンの通常会員だと速達なんぞで送ってこないから、休日は届かないという問題がある。

この記事によれば、佐川はアマゾン以外との契約もたくさん切っているようだ。アマゾンで3000万個で、他を含めると7700万個減ったというのだから、かなり大規模なことである。
クロネコヤマトの方があちこちに営業所があって宅配向けなのだが、何しろ、佐川が抜けてからゆうメールばかりなのでアマゾン利用者の利便性は低下した。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング