秋篠宮がなぜ嫌な人物なのかというのを考えてみた。
彼の特徴は多動性の低さである。
今日においては多動性が強い人間は障害者と扱われるので、もちろん秋篠宮は正常そのものだ。
その正常さから来る優越的な目線を常に持っている人間なのである。
秋篠宮のようなタイプはある種の類型であり、クラスに何人かは必ずいる。
やたらと落ち着きがあり、愛想が無く、他人を無視することが多い。
多動性の強い人間は他人にちょっかいを出すのが好きだが、その対極なのである。
無視という行為は、多動性の低さゆえに行えることである。
無視というのは、落ち着き払って他人を黙殺する行為だから、多動性の低さが必要なのである。

落ち着きのある人間は誰もが秋篠宮のような冷たさを持つかというと、そんなことはない。
落ち着きがあり笑顔が絶えないフレンドリーな人も普通にいるわけだ。
秋篠宮は落ち着き払いすぎて冷笑が絶えない人物であり、多動性(障害者)を常に見下しているのだ。
出来る人間が出来ない人間を蔑む視線を、生まれながらに持っているのである。
多動性皆無で落ち着きがありすぎると、こういうタイプの人間になるのだ。
多動性が強いと道化のような行動を取る人が多いのだが、そういう道化を見下す人間も当然おり、それが秋篠宮なのである。
多動性は障害なので、多動性が低いほど望ましいのだが、秋篠宮くらい多動性皆無だと、もはや差別主義者というイメージである。
たぶん彼には多動性(障害者)が馬鹿に見えて仕方ないだろうし、そういう冷徹さがあまり人気のないところなのである。
多動性皆無は優越的な素質であり、生存には有利であるが、そういう人物が好感を持たれることは少ない。
ADHDの正反対だから他人に馬鹿にされることはないし、ハブられることもないが、心の底ではいけすかない奴だと思われているのだ。
多動性の格差、注意力の格差がソーシャルスキルの根幹であるのは最近明らかになっており、それにおいて優越者の立場である秋篠宮は、本来なら国民的人気があってもおかしくないのだが、メディアでは指摘されないながらも、そういう格差を背景にした優越感や他者への蔑みを彼に感じる人が多いのだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング