靖国に遺骨があるわけではないが、それはともかく、骨になっても意識が永遠に残っているという発想の人が多いようだ。
特攻隊で死んだ兵隊は、そこで時間が止まり、墓場でその悲劇を反芻し続けるらしいのである。

精神は永遠性を持つ。
死んで無になった状態をイメージできない。
だから、死んで焼かれて骨になっても、その骨の状態で人生を悔いるらしいのである。
もしくは素晴らしい人生だったと永遠に思い続けるらしい。
死んで「無になる」という状態は決してイメージできないので、幸福感や不幸を墓場まで持っていくつもりで生きているのだ。
骨になって永遠に「悔しい悔しい」とか「よかったよかった」とか思い続けるらしい。
墓場で後悔しないように、われわれは人生を生きているのである。

これは個々人が権利主体であることからくる迷妄であり、人生の個々の行為の債権・債務の考えから逃れられないのだ。
時効になろうが、われわれは債権者として不良債権を回収したいと思っており、救済を願うのである。
救済されようがされなかろうが、死ねば無になると思うのだが、それは理屈の話であり、人間精神は死んで無になる状態をイメージできない仕様なので、幸福や不幸の永遠性を信じるのである。
われわれが天国で美少女とセックスしたいと願うのも、単にセックスが好きというのもあるだろうが、それ以上に一個の権利主体として、美少女とのセックスという形で現世の苦痛を賠償して貰いたいと願うのだ。

骨でなくても、「霊魂」でもいいが、死んで何億年経とうがそれは不滅であり、自分の現世に固執するらしい。
たかが50年とか80年の人生を、何億年も思い出し続けるのは酷だが、そういう反芻性が人間精神の基本らしい。
どんなに不幸な人でも、なかなか記憶喪失にはなりたがらない。
記憶喪失は債権放棄であり主体性の放棄だ。
記憶喪失は同一人物でなくなるということなので、よほどのことがない限り、過去の記憶(不良債権)は手放したくないのだ。
こうやって主体性の病に取り付かれているから、肉体の細胞が入れ替わっても同一人物だと思い続け、過去の記憶を延々と反芻し、死んでからも反芻作業が続くと思い込む。
理屈で考えて、死んで無になることは理解するとしても、自己の永遠性から考える癖はどうしようもなく、これが止まるとは思えないのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング