有村悠さんのアフィを踏んでから以下の書籍を購入しました。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 599

マッカーサーの二千日 (中公文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 550

法哲学 (有斐閣アルマ) - 平野 仁彦
¥ 2,310 - 数量: 1
単行本 - 新品
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc
.
最新 借地借家法の解説 改訂版 (楽学シリーズ) - 渡辺 晋
¥ 2,310 - 数量: 1
単行本(ソフトカバー) - 新品
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.


人間は同時代人と付き合わざるを得ない。同時代人を避けられないシステムになっている。まず寿命が80年と短い。若さが80年あるなら話は別で、気にくわない時代は無人島に退避して過ごせばいいのだが、若さの短さを考えると、無人島に退避して帰ってきたらおじいさんになってしまう。同時代を回避していると、若さが尽きて終わりなのである。われわれは若さの短さに焦り、急き立てられている。もしくは無人島に退避など、自由な社会だから出来る選択であり、普通なら徴兵に取られたり、農奴にされたり、そういう物理的強制があるわけだ。

有村悠さんは、見合い結婚時代なら確実に勝ち組側の人間だった。本来なら絶対勝利者であるはずの人間が、時代の変化により落ちぶれることがあるのだ。ペリーが来た段階で剣術は死を告げられており、西南戦争で不平士族が敗れ去ったのは時代の確認作業にしか過ぎなかった。西郷隆盛を担いだ不平士族達は、新政府軍の素人が手にする近代兵器に太刀打ち出来なかった。何も取り柄が無さそうな馬鹿なのに、東大合格スキルだけ持つ有村さんは、偏差値社会の剣豪と言うべき存在だったが、見合い結婚が廃れたことで、女に通用しなくなった。見合い結婚時代は、高学歴がすべてを手にしていた。高収入を得て、高学歴にプライドを持ち、見合い結婚で20歳くらいの美人(処女)と結婚することが出来た。

最近のAO・推薦が過半数を超える大学事情でも、高偏差値大学に殺到するのは変わらず、あれだけ偏差値批判していたくせに、やはり高偏差値大学に入りたいのだなという実態がわかったが、見合い結婚時代に高学歴がすべてを独占していたことへの羨望は根深いのだ。高学歴が高収入という構図は現在も変わらないが、女の分配に関しては下克上が起こり、すべての価値観がひっくり返った。かつての偏差値エリートを蹴散らして、ソーシャルスキルの高い男性が若い女の股を開かせてやりまくるという図式になった。

有村さんは時代の変化に素早く対応しようとしたタイプである。勉強をどんなに頑張ってもセックスに繋がらないと判断し、ソーシャルスキルの開発に乗り出した。東大卒なら高収入は得られるが、それだと、いろんな相手と婚前交渉で何千発もやった中古おばさんと結婚する羽目になることは理解しており、何が何でも若い女と婚前交渉しようと頑張った。だが、悲しいことに注意欠陥障害だった。発達障害の概念のうち、注意欠陥障害だけは適切と思われる。注意力が足りないと、知力があってもパフォーマンスが低く、端的に言えばポンコツなのだ。見合い結婚時代だと、鈍感男性の群れに紛れて誤魔化せたが、現代では注意欠陥は誤魔化せない。

鈍感男性は昔から若い女に嫌われている。昔の娘も「有村さんみたいなのは生理的に無理だよ」と駄々をこねた。しかし有村さんはおばさんに人気があるので、「お母さんはああいう鈍感な男性の方が安心できると思うわ」と薦めていたのである。ソーシャルスキルの高い男性は裏表があるので、サイコパスとも言えるオーラがある。女も若い頃は嘘が好きなのだが、おばさんになって保守化すると、鈍感男性を信頼するようになるのだ。今でも有村さんなら熟女相手に結構いけると思うし、40過ぎの売れ残りのおばさんと組んずほぐれつしている光景が似合いそうだが、御本人は14-19歳くらいがストライクゾーンらしいので難しい問題だ。

才能がないのにイラストレーターを目指したのも、地味な東大卒よりは、派手な職業に就いた方が婚前交渉出来ると考えたからである。有村さんのような精力絶倫の人間には、結婚などどうでもいいのだ。時代に流されやすいから、空前の婚前交渉ブームに乗っかって若い女とやりたかったのである。

そうやって勉強を放棄し、婚前交渉を目指した結果、すべてが灰燼に帰した。一人も若い女を食えなかったのに加えて、告白で玉砕してメンヘラ化し東大中退というオチも付いた。時代が変化する時には、変化に対応できない敗残者が出るのである。有村さんは鈍感男性の敗北を演じるためだけに生まれてきたと言える。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング