有村悠さんのアフィを踏んでから以下の書籍を購入しました。

政治的なものの概念 - C.シュミット
¥ 1,365 - 数量: 1
単行本 - 新品
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.

経済学・哲学草稿 (光文社古典新訳文庫) - マルクス
¥ 680 - 数量: 1
文庫 - 新品
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.

相続税の税務調査を完璧に切り抜ける方法 (経営者新書) - 服部 誠
¥ 777 - 数量: 1
新書 - 新品
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.



https://twitter.com/y_arim/status/422121352984674304
dousoukai.jpg




有村悠さんくらいに人見知りをしない人間は、そうはいない。東大を不登校になり中退し、それでも東大のサークルに通い続けているのだから、この人見知りの無さはガチである。ハイスペックな人が社交的というのではなく、そうでない人間が人見知りをせず、場違いなところにも出掛けていくのだ。どれだけ転落しようとも人見知りがないのだから、これは凄まじいとしか言いようがない。

人見知りとは何かというと、「自分が他人からどう見られているか」を過剰に気にすることである。他人の目を気にしすぎることで、妄想の域にまで至ることもある。もしくは気を遣いすぎるという問題だ。他人と接していれば、気まずい空気が流れることが普通にある。繊細すぎる人は、「気まずさ」への耐性が非常に弱いのだ。

有村悠さんは、気まずさへの耐性が凄い。場違いなところに参加して、まったく平然としているのだ。有村さんは重度の鈍感なので、気まずさを吸収してしまう。普通は空気を読みすぎて、「気まずい空気になってる。やばい」と冷や汗をかくのだが、有村さんの鈍感さは、この気まずさを吸い取る。

有村さんは鈍感さを活かしているとは言い難い。有村さんの鈍感さは長所にもなりうるのだが、あまりにも重症なので、本人がコントロール出来ていないと思われる。だから後輩に告白した時「人の気持ちを考えろ」と面罵されたのだ。鈍感さはスキルであり、気まずさをやたらと恐れる人見知りという病を難なく克服する。使いこなせるなら、かなり有益だとも言えるが、使いこなせていないようだ。

有村さんは同窓会に呼ばれなくなったそうだが、ある程度大人になれば人生が確定してくるので、その確定性に従って「偏見」を持つのだ。女も結婚を考え出すと「偏見」を持つようになる。後半生の固定化が偏見なのだ。有村さんの場合、無垢な東大生の偏見の無さに依存して生きているわけである。おそらく有村さんの鈍感さは愛されているのだと思うが、勘違いして告白など始めると「いつまで大学にいるつもりですか」となじられる羽目に陥る。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング