永久に回り続けると思われたシステムが青天の霹靂のように終わることがある。
圧倒的な多数意見で面制圧し、それ以外のすべてを圧殺し暗渠へ打ち捨て、綻びが見えないと思われた帝国だった。
それがJimの独断で断ち切られた。
繁殖させ伝播させることにかけて無敵だった生物種が突然断種される憂き目にあったのだ。
硝煙が立ちこめ争いが絶えないと思われた大地が、いきなり平穏な空気に包まれた。
無名な一個人の不謹慎なツイートが大々的に拡散され燃え広がり、すべてのネットユーザーに周知される仕組みが出来上がっており、いわばP2Pで繋がれた分散的なデマゴーグとも言えたが、これが突如として解体されたのである。

データとしては示せないのだが、まとめブログが転載禁止になってから、2ちゃんねるのニュース速報+でレッテル貼りが減った。
従軍慰安婦のスレを見ても、以前なら激しい嫌韓の煽りレスが並んでいたのが、最近はさほどではない。
ネトウヨがどれだけ減ったかは数値として示せないが、ニュース速報+で韓国関連のスレを見れば明らかである。

これだけネトウヨが減ると、今まで煽っていた連中はまとめブログ経由だったと言わざるを得ない。
やらおんはアニメ関連で対立を煽ることで、圧倒的なアクセスを誇り、転載禁止までは桁外れの影響力があった。
はちまにしても、ゲーム関連で対立を煽ることで、巨大なアクセスを手にした。
煽れば煽るほどアクセスが伸びたのである。
まとめブログはコメント頼みというのがある。
コメントがたくさん付くところは、超大手として差別化が出来ている。
やらおん、はちまなどは、今でもそれで生き残っているわけだ。
自分のブログのコメントを増やすためには煽った方がいいのである。
煽れば脊髄反射レスが付くので、盛り上がりを演出することが出来る。
煽りも脊髄反射も商業的価値がある。
文化・教養としては無価値だが、資本の論理としては価値があり、煽りと脊髄反射の組み合わせでぐんぐんアクセスが伸びるのだ。

2ちゃんねるとまとめブログは立場が逆転していた側面もあり、まとめブログの場外乱闘が2ちゃんねるで行われる部分もあった。
Jimの独裁的な決定は、まとめブログへの拡散を意図して狂ったようにレスするユーザーからモチベーションを奪った。
2ちゃんねるは世論形成の中心地帯から退いたのである。
これからは2ちゃんねるで煽る意味がなくなったので、やらおん・はちま的な反知性主義は終わりを告げたのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング