唐澤貴洋弁護士と言えば、2ちゃんねるに対して強硬な姿勢を取る人物として知られる。
そのため今まではあまり評判がいいとは言えなかった。
しかし西村博之の失脚により、唐沢弁護士への評価が高まっているようだ。

例の個人情報流出とも唐沢弁護士は戦っていたが、パケットモンスターの閉鎖に異議を申し立てるなど、裏でかなり活躍していたようである。

流出騒動が8月26日である。
その翌日に唐沢弁護士はFacebookでこのように述べている。

2013年8月27日
パケットモンスターについては、6月6日にシンガポールのACRAから閉鎖広告が出されました。三ヶ月後にパケットモンスター側から異議が出なければパケットモンスターは閉鎖する予定です。
閉鎖すれば、パケットモンスターに対して今回の個人情報流出について損害賠償請求するのが困難になります。

今パケットモンスターは会社を閉じようとしています。彼らの今後がどうなるかは未だ不明ですが、責任を取らないつもりならば問題です。皆さんの権利が侵害されて彼らはまた姿を変えるつもりでしょうか。ひろゆきさんあなたは何がしたいんですか。あなたに会って話がしたいです



このパケットモンスターの閉鎖に対して、唐沢弁護士は異議を申し立てた。

2013年8月29日
http://www.acra.gov.sg/Company/Closing_the_Company/Striking+Off+a+Local+Company.htm
http://www.acra.gov.sg/Company/Closing_the_Company/Objection+against+Striking+Off.htm
に今回のパケットモンスターが閉鎖に至るまでの手続きが書いてあります。
この中でobjectionを出せばパケットモンスターの閉鎖を止められる可能性が示されております。
いま何か出来ないか調べております。
同期の心ある正義感あふれるM弁護士からの情報提供です。
皆様情報提供いただきありがとうございます。
声なき声に力を。


2013年9月5日
本日、日本の大手渉外事務所、シンガポールの法律事務所を通じて、パケットモンスター社のStriking Off手続きにおいて、Objectionを提出致しました。


この異議申し立てにより、パケットモンスターの閉鎖が出来なかったのだろう。
西村博之の失脚の遠因と見ることも出来る。

2ちゃんねるの運営会社がパケット・モンスター社からフィリピンの「レースクイーン社」に変更か | BUZZAP!(バザップ!)という記事によれば、2012年5月段階でレースクィーン(JIMの会社)に2ch.netの名義は変更されているようである。
2012年は麻薬うんぬんで警察から捜査されていたが、それが原因だと思われる。

西村がパケットモンスターを閉じようとしたのは、流出騒動より前であり、流出騒動の責任逃れのための閉鎖ということではなさそうだが、ともかく、西村の背後にいる悪徳弁護士がパケットモンスター閉鎖を進言したのだろう。それを唐沢弁護士が食い止めたのだ。


2013年8月30日に唐沢弁護士はこのように書いている。
ひろゆきさん、あなたはなぜ何も答えないんですか。
あなたはパケットモンスターの株主でもないのですよね。
なぜ東京国税局から、東京プラスなど関連会社からパケットモンスターに入った収入が会社の実態がないものとして、あなたの収入と認定されたのですか。
なぜあなたはわざわざ実態のないパケットモンスターを通してお金を得ていたのですか。
あなたは過去損害賠償請求訴訟を多数起こされ多額の損害賠償金を支払わなければならないのに、払わないことが当然という態度をとっていたのはなぜですか。
あなたは自分が得た多額の報酬を今回連絡先等が流出した削除人の人達に分配して、掲示板としてコンプライアンスに沿った運営を適正に行えるようにしなかったのはなぜですか。
あなたはお金が欲しかったのですか。ボランティアの削除人の人で個人情報が流出した人に対してあなたは何と言っているのですか。
なぜあなたは北海道のゼロを2ちゃんねるから切り離したのですか。FOXさんはあなたの大事な仲間ではなかったのですか。あなたは仲間と別れることについて何と考えているんですか。
あなたは近年言論活動をしておりますが、なぜ本件について口を閉ざすのですか。
あなたはこういうときこそ表に出て、説明責任を果たすべきです。世相を斬ることはできるのになぜ沈黙を続けるのですか。
私はあなたのことが嫌いなのではないが、私はあなたがしていることが理解できない。私はあなたに問い続ける、私には代弁しなければならない声がある。


西村博之もこのままでは終わるまい。
2ちゃんねるで西村はまったく支持を得ていないが、まとめブログがこぞって2ch.scの正統性を主張するはずである。
現状、まとめブログがSEO的にグーグルを面制圧している状態に変わりはないので、人々を動員するルートは確保されている。
これから一波乱も二波乱もあるだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング