2ちゃんねると言えば、国籍透視能力を持つ人間の集まりというイメージであった。国籍を透視してレッテルを貼る書き込みが多数あったわけである。しかしJIMが転載禁止を宣言してから、あの国籍透視能力者たちが忽然と姿を消したのである。

韓国は日本の隣国であり、そして二流国でありながら日本より格上であろうとするので、かなり問題のある国家である。韓国人の見栄っ張りと気性の激しさは異常なレベルである。韓国が仮想敵になるのは当然であり、ネトウヨの発生は自然であるとも思われたのだが、しかし転載禁止で忽然と姿を消したところからして、かなり造られた存在だったと言わざるを得ない。

ネトウヨはまとめブログの運営者が演じていたものであり、もしくは、ホットリンクの取引先に自民党の名前があるから、このあたりの勢力の問題と見ることも出来るだろう。国籍を透視してレッテルを貼るというのが、あまりにもパターン化し過ぎていて、日本もここまで脳死した反知性主義になったかと嘆息している人も多かったが、かなりの部分はアルバイトの作業と考えてよさそうだ。

荻上チキが朝まで生テレビで、ネットの中傷の事例として「津田大介は朝鮮人」と言ったところ、津田がゲスな本性を現し殺人鬼のような表情に変わった。津田はネトウヨに対抗するために韓国寄りの言動をしていたが、津田にせよ荻上チキにせよ、ビジネス的嫌韓に躍らされていたのである。

日韓ワールドカップの時に韓国はベスト4に躍進したが、あのような不自然な審判で勝ち進んでも、誰も評価しないわけである。韓国は政治力が突出している国民であり、実力より政治という価値観が強いからネタにもなりやすい。だが、韓国のES細胞の黄教授を笑っていたら、日本も小保方が出てきたし、その後の理研の対応も含め、実力主義が軽視される風潮は進む一方であり、ソーシャル的な渡世だけが重んじられる風潮は似通って来ている。

ネトウヨが造られた存在であったと発覚したことで、本当の意味でのリテラシーや知性が求められる。ネトウヨは国籍透視能力を駆使し、韓国の工作を見抜き、ネットde真実という風潮を生み出したが、ネトウヨ自体が工作だったのである。マスメディアがコントロールされているのも事実だが、ネットもコントロールされていたのだ。そろそろ反知性主義を卒業するべき時期なのだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング