有村悠さんのアフィを踏んでから以下の書籍を購入しました。

感性の限界 不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)
Kindle版
販売: 株式会社 講談社
¥ 713

知性の限界 不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書)
Kindle版
販売: 株式会社 講談社
¥ 702

民法でみる法律学習法
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 1,500

一万冊売ってわかった!電子書籍を売る方法
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 59

経営に終わりはない (文春文庫)
Kindle版
販売: 株式会社 文藝春秋
¥ 378

大学受験超基礎シリーズ マドンナ古文常識217 パワーアップ版
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 857

象徴の設計新装版 (文春文庫)
Kindle版
販売: 株式会社 文藝春秋
¥ 486



加藤智大の弟が自殺したそうである。その訃報に接して思い浮かぶのは、やはり有村悠さんである。なぜ女は自分の子どもをガリ勉+マザコンに育てたがるのか、という不可解な課題だ。少女の頃は、おそらくワルが好きだったに違いない。有村さんにしても、有村さんの父親は放蕩の限りを尽くした遊び人である。要はヤリチンだ。有村さんの母親はヤリチンの男と結婚しておきながら、自分の息子にはガリ勉+マザコンを望んだのである。これは決して特殊な事例ではなく、日本の母親のステレオタイプな在り方なのである。少女の頃はヤリチンに惹かれて、不勉強で低偏差値になる。しかし結婚して子どもを持つと、勉強しなかった自分を悔やんで、ガリ勉+マザコンに育てたがるのだ。少女の頃にはガリ勉+マザコンを嫌っていたにも関わらず、遊んでいた過去を埋め合わせるように、子どもにはガリ勉させて、童貞性を強要するのである。有村さん(34歳)などは、この不自然な禁欲にいまでも支配されており、遊びを知らない童貞特有の煩悩に囚われ、オナニー漬けの生活を送っている。これを機能不全家族という。教育ママが機能不全家族を生み出すのは明らかであり、何しろ自分が嫌っている勉強を子どもに強いるからだ。無教養な母親が、嫌いだった勉強を子どもに押しつけるとなると、憎しみの対象を育てている格好になるのである。有村悠さんは東大に現役合格したが、果たして有村さんの母親が心の底から歓喜したかどうか疑わしい。ヤリチン男性と結婚した自分の人生を後悔して子どもに勉強を強いていたわけだから、本当のところ、東大生とか大嫌いに決まっている。東大東大と叫んで子どもの尻を叩いていたのは、実は高学歴を憎んでいるからである。憎しみが動機であるから、どこかで子どもを嫌っている。こういう教育ママは不滅であり、絶えることがない。繁華街をうろつき遊び回って合コンでお持ち帰りされているような女でも、いざ結婚するとなると、自分がやらなかった勉強を子どもに強いて、マザコン童貞にしようとするのである。勉強や貞節は子どもに押しつければいいと考えているのだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング