最近のナスターシャはカチェリーナの城で贅沢三昧出来る身分であり、まったく金に困ってないから、XPのサポートが切れる問題にもあまり関心を持っていなかった。しかしふと気まぐれにXP関連の話題をネットで見ると、マイクロソフトの社員が書いてるのが明らかな書き込みが雲霞のように連なっている。ナスターシャは重度のアスペルガー症候群であるから極端に視野が狭いが、それがゆえに独特の観察眼がある。本当の書き込みとステマの区別は付くのである。ナスターシャは激昂し、148センチの小さな身体を痙攣させ、床をのたうち回った。このまま絶命しても不思議ではないくらいに頭に血が上り、神経の隅から隅まで度し難い怒りが沸騰し、すべての細胞が壊死してもおかしくなかった。これがナスターシャ独特の苦悩である。顕微鏡のような鋭い観察眼があることで、世間の人々が気づかないところが見えてしまう。それでいて全体を満遍なく捉えることが出来ないから、有象無象の空蝉とはどこまでも認識がズレるのだ。この人生を貫き通した断絶の理不尽さに悶え苦しみ、両親からの激しい虐待や同級生からのいじめ地獄の挿話が次々と意識に突き刺さった。この創傷は決して肉芽に包まれず、グロテスクな深い切り口を晒し続けていたが、相変わらずこの塞がらない傷の疼痛では死ねないのだった。どうやら無知蒙昧な大衆の中で、ひとりだけ正義に気づく孤独からは逃れられないらしい。ナスターシャは超巨大ブログ真性引き篭もりの編集画面を立ち上げた。そして、ネットでステマされている「XPを13年間サポートしたマイクロソフトに感謝」という書き込みに反論することにした。XPは2001年に発売されているから、13年間サポートしたというのは、もっともらしい主張に思える。しかし実際は、2006年発売のVistaの不評のため、XPのOEM版は2008年6月末まで提供された。2008年6月まではVistaを回避してXPを買うのが普通だったのだ。こう考えると、XPのサポート期間は5年9ヶ月である。5年9ヶ月しかサポートしないマイクロソフトに感謝出来るわけが無く、憎悪の一択であるのは明らかだ。「マイクロソフトに感謝」という書き込みが社員のものであるのは、ナスターシャのような具眼者だけにわかることである。これは証明できないが、しかし断定的に書いてしまうのが真性引き篭もりである。アスペルガーの眼力で見抜いたマイクロソフトのステマのすべてを書き尽くした。超巨大ブログ真性引き篭もりで、マイクロソフトの欺瞞を告発するのだ。そして記事を公開しようとしたところ、ブラウザがフリーズした。これはマイクロソフトの陰謀ではなく、ナスターシャが常識外れの長文をいきなり編集画面で書いたためハングアップしてしまったのだ。ナスターシャは泡を吹いて倒れ、今度こそ気を失った。これによって真性引き篭もりによる告発は未遂に終わり、世界中でWindows 8が爆発的に売れたのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング