有村悠さんのアフィを踏んでから以下の書籍を購入しました。

沈没船が教える世界史 (メディアファクトリー新書)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 310

吾輩は坊さんである
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 95

ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 286

全面改訂 超簡単 お金の運用術
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 250

伊藤真の行政法入門
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 1,190

私本・源氏物語 (文春文庫)
Kindle版
販売: 株式会社 文藝春秋
¥ 464

ミッドウェー海戦 第二部 運命の日(新潮選書)
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 1,088

カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 599





doriyoku.jpg


衝動的な性質を持つ人間は、それに応じた生活を繰り返す。一日中ゴロゴロしているのは平気なのに、数分のレジ待ちは耐えられない。ゴロゴロとレジ待ちは対極なのである。言うなれば授業態度のよさの問題であり、ADHDの苦手な分野だ。レジ待ちはおとなしく座って授業を聴くのに似ている。レジ待ちが出来る健常者(定型発達者)は落ち着きがあり、机に向かうのが苦にならないのである。人間の意思がひとつであるというのは、たぶん正しくない。内面に様々な衝動がひしめき合っている。落ち着きのある健常者(定型発達者)は、それを制御することが出来るが、衝動的な気質がある人間は、脳のあちこちで勃発する感情に翻弄されるのである。ADHDは気長に待つという心理状態が作れない。やる気がMAXに到達するまで寝転がっていて、MAXに至ったらいきなり全力疾走するのである。衝動的な人間は高揚感と共に生きているので、気分にムラがあり怠け癖がある。落ち着きのある人はレジ待ちでイライラしないし、特に気分が高揚しなくても、普通に作業を始める。努力家と呼ばれる人はたいてい落ち着きがある。継続的な努力はレジ待ちと同じものである。落ち着きがあり、しっかりした気質だと、たいして苦にならない。有村悠さんは明らかなADHDなので、本来なら診断を受けてコンサータ(リタリンの徐放剤)の処方箋をもらうべきである。(2013年12月から成人以降のADHD診断でもコンサータが処方されるようになった)。成人知能検査で言語性IQと動作性IQの差が大きいと発達障害の診断が出やすいが、有村さんは馬鹿とは言っても東大には入ってるので、言語性IQは高いはずである。動作性IQの低さに疑いの余地はないから、差は大きいと思われ、確定診断されるはずである。しかし診断を受ける気がないようである。カフェイン剤を濫用しているのは相変わらずであり、これは衝動を高めようとしているわけだから、間違った方法である。有村さんは艦これの演習で負けると、物を壊して暴れる。演習はマッチングされて戦闘開始した瞬間に勝敗が判定されているはずで、それをリアルタイムの戦闘だと信じて画面に貼りついてマジになれるのは、ママにゲームを禁止されていた過去もあるだろうが、衝動的でのめりこみやすい気質もあるだろう。パチンコでもスタートチェッカーに玉が入った瞬間に当たり外れの判定が行われる。その後にデジタルが回って数字が揃う演出は、すでに決まってる結果の表示である。これがわからない人は、リーチになると大興奮し、揃わないと歯噛みして悔しがるのだ。ある意味、努力家はやる気がないのである。中枢神経が落ち着いて安定しているので、衝動に惑わされないだけなのだ。(もしくは努力家にはもう一種類ある。自らにスパルタ教育を課すようなタイプである。気性の激しさを努力に向けることに成功したタイプである。たとえば舛添要一)。衝動がコントロール出来なければ、東大合格レベルの知力があっても馬鹿だというのは有村さんという実例がよく示している。そう言えば、鳩山由紀夫もそわそわしている人間である。鳩山はADHDというほどではないが、眼が泳いでいることが多く、意識の据わりが悪い。有村さんは創作の才能はまったく無いが、自伝的エッセイは太宰治くらいの水準にはある。だが今日において私小説という市場は壊滅しており、評価される場所はない。Kindle本ならコスト0円で印税35パーセントなので、小遣い稼ぎにはなるが書く気がないようである。もしくは文学フリマで自伝小説を売っても、興味本位で買う人はたくさんいるだろう。東大文学部中退という経歴も文人なら使えるのだが、なにしろ純文学は廃れすぎており、ミーハーの有村さんには無理なようである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング