有村悠さんのアフィを踏んでから以下の書籍を購入しました。

稲盛和夫の実学
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 238

伊藤真の法学入門
Kindle版
販売: Amazon Services International, Inc.
¥ 1,050


有村さんが艦これイベントでまたしても敗北し大荒れしている。
最近はおとなしい仮面をかぶり、新しい人間関係を作ろうとしていたが、一ヶ月に一度はこうやって怒り狂い、悪罵にまみれたツイートを連投しまくるのだから、まともな人は引いてしまう。
このところ差別発言が減ったとはいえ、根本的に治ってないので、ストレスが溜まると暴発するのは変わらない。
人間の気質は、都合よく施錠したり解錠したり出来ないのである。

なんかウオッチされるのが嫌になったらしく愚痴を垂れているが、これは人間関係のリニューアルに失敗したからである。
新しい自分になれず、また元の世界に戻るのにウンザリしているのだ。
みんな有村さんのことを本当に嫌っているわけではない。
有村さんが善良な人間であることは誰もが知っている。
一ヶ月に一度は凶暴化しても、生暖かく許容するひとたちがいるのだ。
いわば戦友会のメンバーである。

有村さんがよく「メンタル崩壊」するのは、発達障害特有のパニックだと思われる。
柔軟性がないから、思い通りにならないと混乱するのである。
「発達障害 暴言 パニック」で検索すると有村さんみたいな事例がたくさん出てくる。
これは成城のクリニックでカウンセリングを受けても治らない。
本当に衝動をコントロールして生まれ変わりたいなら、ADHDの診断を受けてコンサータを飲むしかない。
発達障害者支援センターという社会福祉法人がある。
発達障害の問題は、発達障害者支援法に基づき、行政がここに委託することになっている。
(だから支援センターの人は公務員ではないが、行政サービスである)。
ここは相談が無料である。
川崎駅の近くにも支援センターがある。
一ヶ月くらいの予約待ちになるようだが、無料なので、ここで相談するのがよいだろう。
発達障害は幼児期のエピソードの聞き取りが必要なので、母親も同行することになる。
東大を中退してゴミ屋敷でゴロゴロしている現状を説明すれば、ADHDの疑いありとされ、病院を紹介される。
その病院での検査は有料である。
たぶん一万円以内の費用で済むはずである。
これは事情を説明すれば、必要なお金としてママが払ってくれるだろう。
ともかくすぐにでも川崎市の支援センターに電話して予約を取るべきだと思われる。
コンサータを飲まない限り、一ヶ月に一度は大暴れするのが続くのだから、いくらまともなフリをしても、すべてが灰燼に帰するパターンの繰り返しである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング