いじめを強者と弱者の関係で捉える人が多いのだが、ハイスペックとロースペックという意味なら、まったく正しくない。いじめっ子がハイスペック集団だというのはまったく実情に合っていない。ではいじめっ子がどういう意味で強者なのかと言うと、他人を完全に舐めきっているのである。その僭越な態度が、人々を畏怖させるのである。これは偏差値が低ければ低いほど強まる傾向である。他人を完全に舐めている猿人は恐いわけである。良心に訴えてもまったく通じないというオーラが、すごい特別な感じを生むわけである。

そして大人も注意するのが恐いのである。人間は舐められると縮こまってしまう生き物なのである。これに対処するのはとても難しい。こういう人種にモラルを説くのは罠にはまっているようなものである。知能指数100未満でもDQNは知能犯なのである。というより、むしろ知能が低い方が、他人を馬鹿に出来るのである。低知能には野生動物のようなオーラがあるわけである。肉体と知性が対峙した場合、知性の方が弱者となる。人間が野人にコケにされるという構図である。知能犯とは、数学が得意な人間のことではなく、まともな良心があったら絶対やらないことを平気で出来るということである。他人を完全に舐めてるという強さの前では、試験で勉強したことなど何ら役に立たないのである。

これは「いい人」がモテないという問題にも繋がる。よほどハイスペックな男性であれば、いい人は謙虚な人格だと褒められるが、そうでもない限りは、弱者のおもねりと解釈される。他人に好かれたいというのは、カースト最底辺の発想である。少女はそういう「おもねり」が嫌いである。そして人間を舐めきっている男に股を開くのである。DQNが女を抱ける仕組みである。真面目な男性というのは、(イケメンである場合を除いて)若い女が蛇蝎のごとく嫌う対象である。弱者が阿諛しているようにしか見えず、そこには束縛しか見えない。これがおばさんになると、突然DQNを嫌いだし、自分の子どもをマザコン童貞にしようとするのが女の難しさである。「いい人」はおばさんにモテるという側面がある。人間を完全に舐めているというDQNの世界観は、少女にとっては好ましく、その煌びやかで舶来品のような素肌を惜しげもなく捧げていくが、そういう若さを失い、色気も艶も無くなり苔生してくると、真面目な男性の世界観を渋々と受諾するようになる。

女という生き物はDQNと同レベルの猿人であり、人間への強い蔑みがある。少女は未来の旦那を完全に舐めきっており、不良債権を引き取らせる相手としか捉えていない。人間を完全に虚仮にするのが女の強さであり、それはDQNの強さと通底している。これは一部の人間の行動とは言い切れず、未来の旦那を馬鹿にするという発想は、この三十年くらい、かなり幅広く繁茂し、それが隅から隅まで根を張ったのが今日の状況なのである。少女がロンブー敦といともたやすく寝るのは、人間への蔑みが主な動機であり、ロンブーを愛しているというわけではないのである。コギャルの教祖と呼ばれた安室奈美恵がロンブーと出来ていたのは、人間への蔑みで意気投合したからであり、まさに猿人として野性に還るような行動だったのだ。奴婢に選挙権を与えたことの結果が、今日の社会なのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング