人間はどう考えてもボウフラみたいに沸いてくる量産型なのだが、なぜかそれぞれオンリーワンな存在だ、という人がいる。肉体という牢獄に幽閉され、森羅万象から隔てられた孤独な存在なのだから、その立ち並ぶ墓標のひとつとして、ひとりひとりの墓碑銘はあるから、それを何らかの唯一無二の固有性と誤認しているらしい。

人間はシングルタスクしか出来ない。目の前にテレビを二つ並べて違う映画を見るのは不可能ではないが、そうやって映画を楽しめるか疑問である。本を二冊同時に読むのも、ほとんど無理である。右耳と左耳で違うラジオを聴くくらいは可能であろうが、ふたつのことを同時にやるのは、基本的に出来ない。

医者と弁護士の資格を両方持っている人は実在するわけである。だが、右手で患者を診察し、左手で法律の書面を書くのは無理である。この人がさらに画家の才能があるとして、画家も兼ねるとしても、人生で与えられた時間を医者、弁護士、画家で三分割するしかない。肉体がひとつであるというのは、ある時間において一つのタスクしか出来ないということなのである。医者と弁護士の資格を両方取っても、同時にそれをやることは出来ない。

精神と肉体の二元論で考える場合も、ひとつの精神とひとつの肉体という対称性で考えるのが普通であり、肉体が10個あれば便利だという発想はあまりないようである。脳が根本的にシングルタスクであることを考えると、肉体が10個あっても持て余すという問題がある。さきほどの例で言うなら、肉体が三つあっても、それで医者と弁護士と画家を同時にこなせるかというと、脳の仕組みとしてかなり困難だろうと思われる。

個人はシングルタスクしか出来ないので、分業が必然的となる。あらゆることが潜在的に出来るような万能の天才であっても、ひとつの時間においてひとつのことしか出来ない。70億の肉体を動かすには70億の脳が必要である。このシングルタスクの宿命が、われわれを歯車のひとつにしてしまうのである。

ひとりひとりの個人はシングルタスクを行う歯車でしかなく、本当は無個性であることは隠蔽されている。人間性という共有物から、それぞれ個人が人間性の一形態として発露しているだけなのだが、胃袋と生殖器が別々なので、利害の不一致は絶対的である。食料は農業の発達でどうにかなるとしても、性の問題だけはどうにもならない。美はとても稀少であり、たいていの人は稀覯書を紐解くことを夢見るだけに終わる。誰の家にでもエアコンやパソコンはあるが、誰の家にも道重さゆみちゃんがいるというわけにはいかない。個々人に性欲があることで、何かしら唯一無二の固有性があると錯覚しながら、われわれは苦難の人生を送り生涯を閉じるのだが、性欲の未達成こそが自我であるというのは、人類の苦しみは永遠に続くということなのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング